« カワセミ撮影日記 | トップページ | D7000を入手して一週間 »

2010年11月 3日 (水)

ムギマキ初撮り 大阪城

 今日はD3に328+2倍テレコンでカワセミ撮影を予定していたが、大阪城にコマドリが現れたとのことで予定変更、7時前に出発で大阪城に行った。さっさと撮影して山科に戻り、予定通りカワセミ撮影に行くつもりであった。梅林を通り桜広場に行くが、予想に反してカメラマンはおらず、通りがかりのカメラマンにお聞きしたところ、コマドリは昨日天国へ行ったとのことであった。非業の最期、街中の公園にも野鳥にとって危険な生き物がいる。悪いのは捨てた人間、捨てられた方も必死に生きており仕方ないことと思う。長旅の途中でさぞかし無念であったろうが、こちらもがっかりして探鳥の散策を行う。ムギマキが出ていると聞き梅林の外れに行った。

初撮りで嬉しいことに撮り放題であったが暗くて苦労する。時々比較的明るい所に出てくるが、それでも日陰でピントは合いにくい、ISOオート、MAX3200、SS下限1/640としたが、ほとんどがISO3200でSS1/320~500といったところ。

10110301

キビタキのような色と思っていたが、背中の色が薄い。若のオスとか誰かが言っていた。  

10110302

コサメビタキの胸が派手なオレンジ色といったところ。  

10110303

背後からの撮影、成鳥は黒い。  

10110304

こちらは♀か?、胸の色が薄い。  

10110305

繁みに隠れたり現れたり、現れるとシャッター切りまくるがピントが合いづらく、1/3はピンボケ。  

10110306

陣取った場所が悪く、背後からの撮影で顔を見えないのも多かった。  

10110407

なかなか、いいポーズ。  

10110408

なかなかいい写真が撮れないので、諦めて西の丸庭園に向かって歩く。修道館横でカメラマンが多く集まっていたので仲間に入ると、こちらにはムギマキの成鳥♂が居た。”これが図鑑で見たムギマキや”ということで、いいところを撮ろうとするが、木の葉に隠れて姿を見せない。かなり苦労する。  

10110409

おまけに背後が明るすぎて露出補正の設定が難しかった。  

10110410

かなりシャッターを押した後、ようやく真下からではあるが目の入った写真が撮れその場を離れる。  

10110411

ジョウビタキ♂、♀、ムシクイなどを撮ったが、他はあまり成果無し。コマドリは残念であったが、初めてムギマキを撮り満足して11時半頃に大阪城を後にした。

1時頃に六地蔵到着、一旦家に帰るのが面倒くさくなり山科川に直接行く。今日は、早朝多少良かったようであるが、私が行ったころはまったくダメであった。♂、♀カップルと多少の飛び物を撮り、バッテリー上り防止のための車運転のため3時前には引き上げた。  

10110412

夕暮れ時の琵琶湖に車を走らせ、多少水鳥を撮影して栗東から名神に入り京都東で出て自宅に戻った。最近、車の走行距離ががた減り、ガソリン代を節約している。

バッテリー使用量:累積撮影枚数1233枚でバッテリー残容量22%、かなりいい線と思う。

今週末にはD300が戻る予定、D300との撮り比べが出来るが、やっても仕方無いと思うのでどうするか? 手持ちはD7000、三脚使用で天気が良ければD300、悪ければD7000と考えている。画像の色は、やはりD300のピクチャーコントロールD2XMODEⅢが良い(好み)。

移動:地下鉄、京阪、歩き、車  天気:晴れ  D7000:482枚

|

« カワセミ撮影日記 | トップページ | D7000を入手して一週間 »

野鳥」カテゴリの記事