« ヤマちゃんの水浴び  12/18撮影分 | トップページ | ヤマちゃんⅡ  ヤマセミも突然に »

2010年12月22日 (水)

高倍率ズームレンズでのオオワシ撮影 12/19の撮影

 12月19日の湖北、コハクチョウ集団の飛び立つ瞬間を広角、標準域で撮影するため28~300mmVRレンズを持って行った。コハクチョウは集団飛び立ちは見られず、目的は達せ無かったがオオワシを撮影してみた。

D7000に装着、42~450mmのズームであったが、まずはISO100で湖北の景色を撮影、コハクチョウ、オオヒシクイは少なく静かであった。

1012191001

山本山のオオワシ、最初に居た高い場所450mm(300mm)で撮影。  

1012191002

トリミングはこれが限界。  

1012191003

餌捕り後の比較的低い場所、もう一度飛んでくれる事を期待し近づかなかった。山の下まで行けば、もう少し大きく撮れた。  

1012191004

太陽を背にしての順光撮影、大トリミングでも十分見れる。条件が良ければ十分撮影可能と判断したが、大口径レンズを持っている以上、このレンズでオオワシ撮影に行く気は無い。野鳥撮影では、あくまで予備レンズ、しかし撮れるものと感心する。  

1012191005

夕方、琵琶湖でのツグミの飛びもの、逆光撮影。  

1012191006

オオバンが、水に飛び込むため体を上に乗り出した瞬間。  

1012191007

カワセミが飛ぶ、やはり人の少ない場所のカワセミは、こちらが姿を見せると直ぐに逃げた。  

1012191008

D7000とD300の比較、レンズはサンニッパ+2倍テレコンでほぼ同じ設定で撮影した。

まずはD7000、ピクチャーズコントロールはスタンダード  

1012191009

こちらはD300、ピクチャーズコントロールはD2X・MODEⅢ、どちらも似たような写真だが、多少D300の方が色が濃くコントラストが強いように思う。D2X・MODEⅢのためと思うが、こちらが好み。D7000では設定出来ない。  

1012191010

|

« ヤマちゃんの水浴び  12/18撮影分 | トップページ | ヤマちゃんⅡ  ヤマセミも突然に »

野鳥」カテゴリの記事