« クリスマスイルミネーション | トップページ | オオワシウオッチングの一日 »

2010年12月 3日 (金)

 趣味はと聞かれれば、今は写真撮影と答えるが、10数年前なら車の運転と答えたであろう。ドライブで色々な場所にも行ったが、車の少ない山坂道を走るのが趣味であった。車の免許を取ったのは30才頃、学生の頃は車に興味が無く、働き出してからもあまり車には興味がわかず、残業も多く免許を取りに行く暇も無かった。きっかけは当時やっていた草野球、寮を出てから宇治川河川敷のグランドに行く足が無かったことが理由。仕事が変わり少し時間の余裕が出来たので自動車学校に通ったが、途中でまた仕事が忙しくなり、結局免許を取るのに4ヶ月少々かかった。

免許を取って直ぐに購入した車がトヨタのカリーナ1.6ST、もちろん中古車で75万円だったと思うが、3年ローンでの購入した。乗った車で唯一のマニュアルミッション車、ちょこまかよく走ったと思うが、購入直後から満タンにすると給油口からガソリンが漏れるという問題があった。購入したディーラーにクレームをつけたところ、何か知らないがガソリンを吸い上げるポンプが故障していて交換したとかで、部品も持ってきて説明してくれ信用したが、真っ赤な大嘘であった。ガソリン吸入口に傷(ガソリンスタンドで給油する時につけられたものと思うが)があったのに気付いたのは、それからしばらくしてからのことであった。いつも満タンにすると、かなりの距離を走ってから帰り駐車場に止めるので、ガソリンは減り給油口から漏れることは無く、しばらく気付かなかった。気付いてからは、満タンにはせず、ローンが終わってから買い換えた。この車で、未舗装のガタガタの林道を底をすりながらよく走った。

1984年 永源寺奥の鈴鹿の石ぐれ峠(当時は未舗装の狭い国道): ぐれの漢字、簡単に変換出来ず  

1984

次に購入したのは、ホンダのビガー2.0Si、DOHCエンジン搭載の当時では比較的馬力のある車であった。10ヶ月落ちの中古、よく走ったが御岳山のドライブウエイの途中で突然出力が出なくなり車が動かなくなった。まともに帰れるのかと思ったが、下りになると復活、高速も問題なく走り無事帰還、山科にあったホンダの中古車屋に持って行くが、悪いところは見つかりませんとのことでかえってきた。”悪いところが無ければエンジンの出力が無くなり車がストップするはずがないやろ”と思いながらそのまま乗って帰った。高所を走り、気圧の関係でエンジンの調子がおかしくなったのあろうと思い、その後高い場所には行かなかった。買ってから6万キロ、トータル7万キロほど走った時に、高速でトルコンが壊れレンジが2に固定されたままで、道路の端を50kmぐらいのスピードで後ろの車に追い越されながら走り、山科に帰って直ぐに購入店に持っていったこともある。無料で交換してくれたが、高い山を走れないこともあり、しばらくして買い換えた。

1988年 行者還林道  

1988

次もホンダの車を買ったが、3Lが欲しくなりウインダム3.0Gに買い換えた。新車、ところがこの車も運が悪かった。大気とエアコンの冷気を取り込む際の流量を調整する可動式バルブのコイルが焼け、エアコンが効かなくなるトラブルが発生した。もちろん無料で交換してくれたが、釣り帰りの真夏の暑いときに同じトラブルが発生、舞鶴から窓を開けて運転して帰った翌日、すぐに山科のディーラーにもって行った。同じトラブルが1年に2回も発生で少し文句を言うと、対応した営業マンの言い草、”どんな運転されているか分かりませんからね~”とか言われ”二度とトヨタの車は乗るか”と怒り心頭したのは言うまでもない。他の営業マンが、自宅まで車で送ってくれたので、途中、”あんな営業マンは、首にせんとあきませんで~”と言うと、その営業マンはすまなそうに笑っていたのが記憶に残っている。問題のある営業マンであったのかも知れない。購入した時の営業マンは、転勤になっていた。

その後、釣りのために最低地上高の高い四駆に変えた。ビッグホーンV6 3.5L、230馬力のこれまで乗った車で一番のお気に入りで7年14万キロ走った。遅いスピードで強くブレーキを踏み込んだ時に、エンジンがOFF(電気系統がOFF)になる現象が2度発生したが、再びエンジンを始動させると直ぐにエンジンがかかったので、そのまま乗り潰すつもりであった。ところが、トルコンからオイル漏れ、ショックアブゾーバーの何かが折れて修理不能、ともに交換するしかないで60~70万円かかる。さすがわ、走行距離から考えて修理費を出す気にはならず乗り換えた。

2004年 白峰村にて  

2004

これが今乗っているアウトランダー、5年半で6万キロ弱、走行距離が極端に減ったが走行に関するトラブルは無い。残念ながらボディー色が黒で、真夏に車に乗った時の暑さはたまったものでは無い。エアコンが効き出すと問題は無いが、色は考えて購入した方が良かったと後悔した。

2006年 駒ヶ根高原にて  

2006

何じゃかんじゃで車の買い替えは多い方かも知れないが、買い換えるには何か理由があった。運が悪かったのかな、それとも車なんてのはこんなものなのか?

|

« クリスマスイルミネーション | トップページ | オオワシウオッチングの一日 »

その他」カテゴリの記事