« D-KLIVE in 嵐山法輪寺 12/15の撮影 | トップページ | 湖北劇場オオワシ物語 カケスが騒いで・・・・ »

2010年12月18日 (土)

ヤマちゃん 初の手持ち撮影

 12月は忘年会シーズン、木、金と会社関係の忘年会2連荘で疲れ気味。飲み会中の気分は以前と変わらないが、翌日は何故か憂鬱になり気分がすぐれない。いらん事をべらべら喋り、ストレス発散どころか返ってストレスが溜まる年代になってきたのかも知れない。”男は黙ってサッポロビール”では無いが、年を取れば寡黙に振舞うのが良いのかも知れない。また、アルコールが少々入ると、ろれつが回らなくなるのが自分で分かるが、これも年のせいか?

今日は、、山科川のカワセミ撮影と久しぶり天ヶ瀬のヤマセミのご機嫌伺いに行くことにして、二日酔い覚ましのドリンクを飲み8時半頃に自宅を出た。カメラはD7000にレンズは80~400mmの手持ち撮影、三脚でじっくりと撮影する気はなく、ただ歩きたかった。川について直ぐにカワセミを発見、上流の臆病者ではなく、最近少し下流で撮影している多少大胆なカワセミだった。

10121801_2

餌捕り。朝から曇り空、シャッター速度を1/1000以上稼ぐためISO1600としたため、今日の画像は粗い。 

10121802

端に入っていたカワセミ、右端はノートリでも端です。  

10121803

このカワセミ、立っていた場所の真下にきよった。通行人が真後ろに立ち止まったぐらいでは逃げない根性がある。ただ、体やカメラを前に出せば逃げる。  

10121804

柳の木に入り休息タイムとなったので下流に行く。いつものポンイントには当然居ない、さらに下流の勧修寺近くまで行くが、サービスタイムが終わった後のようで、久しぶりに勧修寺に行った。残念ながらカワセミ反応全く無しで、10分で出て宇治に向かう。京阪宇治からとことこ歩いて天ヶ瀬までいったが、途中で紅葉がまだ少し残っていたのには驚いた。

出は良かったのか悪かったのか?、最近の状況を知らない。山本山のオオワシより動きが良かったのは事実、しかし、曇り空、日が照ってもヤマセミが居る場所は日陰、手持ち撮影では多少無理があった。まずは水浴び。  

10121805

ヤマセミは正面の対岸に木に止まり、飛び込んで飛び出した後、背中からの撮影となる。たまたまの横飛びのシーン。  

10121806

体を乗り出した後、再び着水、水面をたたいて飛び出すように思うが、カワセミに同じ。  

10121807

二度目で飛び出す。  

10121808

羽を広げて飛行に入る。  

10121809

最初は水面近くを飛ぶ。  

10121810

そして急上昇して着地。  

10121811_2

平凡な止まりもの。  

10121812

今日はなぜか、左右に飛ぶことが何回かあった。  

10121813

水浴びシーン  

10121814

餌を食べた後ならカワセミでもよく見かけるが、餌を食べずに何度か飛び込んでいた。  

10121815

水浴びの後の着地  

10121816

今日は、カワセミも姿を現した。  

10121817

遠くて小さい、撮れないと思いながらシャッターを押したが、遠いながら撮れていた。  

10121818

唯一の餌捕り、手持ちでは上手く撮れていない。  

10121819

餌を咥えて岩に止まる。  

10121820

カワセミと同じ仕草。  

10121821

魚が小さいのが残念。  

10121822

少し暗くて条件が悪かったこともあるが、やはり手持ち撮影では無理があったが撮れて良かった。次回は、三脚を持って行くが、レンズはゴーヨンかな?

移動:地下鉄、京阪、歩き  天気:曇り一時晴れ間  D7000:704枚

|

« D-KLIVE in 嵐山法輪寺 12/15の撮影 | トップページ | 湖北劇場オオワシ物語 カケスが騒いで・・・・ »

野鳥」カテゴリの記事