« ヤマちゃんⅢ 後編  ダム下で飛びまくる | トップページ | 新年、明けましておめでとうございます  初詣はカワセミ詣で »

2010年12月31日 (金)

2010年撮り納めは、雪の中のカワセミ

 今日は朝4時半頃に目覚めるが再び眠りに入り起きたのは6時過ぎ、天気予報を見ると京都は雪、頭に浮かぶのは以前なら京都名所の雪景色だが今は雪の中のカワセミ、一度撮影したいと思っていた。7時を過ぎて外を見ると雪はまだ降っておらず、昨日の残りの家の仕事を片付けたり、買い物やらで時間が取れたのは10時過ぎ、外は雪景色に変わり雪は降り続いていた。”さあ行くぞ”と、いつもの防寒着の上にポンチョを着てD7000に28~300mmを装着して家を出た。雪の中、まともな撮影は出来ないであろうと思ったが、雪の中のカワセミの証拠写真が撮れれば良し、ついでに勧修寺の雪景色をと思っていたが間違いだった。 ?まあ良かったかな。

いつもの散歩道、山科川沿いを勧修寺方面に歩くが、カワセミの姿はまったく見かけずでカワセミも正月休みに入ったのかと思う。勧修寺があると余裕で勧修寺近くまで歩いたが、カワセミ反応は0で勧修寺に入る。勧修寺の雪景色は三度目であるが、これまでで一番雪が多かった。

10123101

まずは雪景色の撮影と池の周りを周るが、途中でカワセミが飛び出し気持ちは一転する。しかし、一時間少々粘ったが、居たのは臆病なカワセミ、跳ぶ姿は三度ほど見たが木の茂みに隠れ撮影出来なかった。  

10123102

諦めて再び山科川に戻り、最近の撮影ポイントまで歩くが名神下の川中の石に止まるところを見たのみ、橋の下で当然周囲に雪は無い。今日は雪の中のカワセミ狙いのため、このカワセミは撮影しなかった。しばらく撮影ポイントで待とうかと思ったが、旧安祥寺川に行くことにした。雪の中にカワセミ発見、場所は数年前に、たまにカワセミ師匠と一緒に撮影した場所近くである。  

10123103

川幅が狭いので、450mm(300mmレンズ)でも何とか撮影出来た。 

10123104

雪背景のカワセミ、雪が明るくカワセミがの色が黒ずんで見えるので、露出設定が難しく綺麗な色は出なかった。  

10123105

このカワセミ、タイミングが良かったのかそれともフレンドリーなのか、動いて楽しませてくれた。  

10123106

川にも何度か飛び込むが、ピントが合うのが遅く失敗が続く。餌捕りも二度ほどしたが、ピントが合わず。高倍率ズーム、80~400mmズームに比べピントが合うのが遅いことに気付き、レンズの選定を間違ったと後悔する。  

10123107_2

一度合えば、後はそこそこに撮れる。  

10123108

雪の中のカワセミ、この構図を撮りたかったのであるが、カワセミの色が出ていない。やはり、雪の後に日が差す条件で無いとダメのようである。  

10123109

横っ飛び。  

10123110

撮れれば直ぐに帰るつもりであったが、動きがあれば帰ることは出来ない。  

10123111

少し粘る。  

10123112

ホバもどきも披露してくれる。  

10123113

これは、草の枝に止まる寸前。  

10123114

このカワセミ、夏前に勧修寺に現れた4羽の内の一羽と思うが、今年は個体数が少ない。  

10123115

カワセミもヤマセミ同様、一度体を乗り出してから着水、水面をたたいて飛び出すの瞬間が撮れた。体を乗り出す。  

10123116

再び着水して、水面をたたいた瞬間。  

10123117

一気に飛び出す。  

10123118

方向転換の見極め  

10123119

雪が背後に入る、いいね~  

10123120

草の枝に止まる瞬間、これも良し。  

10123121

止まって羽をすぼめる  

10123122

レンズの焦点距離が短いため、最短の真正面から撮影することが多かったが、横を向いた1枚。今日のカワセミは、正面に立っても逃げなかったが、少し前にこの川で見かけたカワセミとは違うのかな?  

10123123

餌捕り場面も撮影出来た。  

10123124

画質がもう一つ、400mmズームならもっと綺麗に撮れた思う。レンズの価格が違うし、トリミングの大きさも違う。  

10123125

急上昇で背景に雪が入る。今日は金網が雪に隠れ良かった。  

10123126

少し大き目の魚。   

10123127

落ち着いた様子。  

10123128

ホッとした瞬間か、この前に2度魚を咥えて水面から飛び出しているが、魚が大きかったのかふらついて落としている。  

10123129

カワセミは魚を咥えて止まると、川の方を向くが何故か?  

10123130

下流からメスが現れる。名神下に居たカワセミかもしれない。  

10123131

こちらも餌捕りをおこなうかと思ったが、カワセミ自体の色がもう一つだったので長居せず本流に戻る。  

10123132

山科川に戻り再び探すが見つからずで帰るが、途中で川中に居るところを見つける。

10123133

動かずで引き上げることにした。  

10123134

最後に撮影した山科川、雪は多かった。

10123135

こんな雪の日、しかも大晦日にカワセミ撮影に出るアホは私ぐらいかと思ったが、旧安祥寺川で一人、山科川の撮影ポイントで二人(常連さん)に合ったが、カワセミ好きのカメラマンの考えることは同じなのか。雪の中のカワセミなんて次はいつ撮れるか分からない。明日なら撮れるか? しかし元旦から・・・? 10時までなら時間は取れるか?

カワセミ狙いのカメラマンに暇だから撮影に行くという人は居ない。好きだからこそ時間を調整し撮影に出かける。今日の撮影、朝の10時半から午後4時前まで意地で雪の中を歩き続け疲れたが、期待通り雪の中のカワセミが撮れ良かった。2010年、色々な事があったがハッピーエンドで終わる。

移動:歩き  天気:雪  D7000:445枚

<追伸>

この1年間、当ブログ、HP”四季に遊ぶ”及びニコンオンラインギャラリーのアルバムに訪問いただきありがとうございました。来年も引き続き、少しでも綺麗な写真が撮れるよう腕を磨き、貼り付けますので宜しくお願いします。

良いお年を!

|

« ヤマちゃんⅢ 後編  ダム下で飛びまくる | トップページ | 新年、明けましておめでとうございます  初詣はカワセミ詣で »

野鳥」カテゴリの記事