« カワセミ ホバ連発 | トップページ | D7000手持ちでカワセミホバ14連写 »

2011年1月12日 (水)

カワセミ 水際に飛びもの(1/10の撮影です)

 カワセミのホバと飛び込んだ時の水際、一連の動作を両方撮るのは難しい。まだまだ、どちらかに絞らないと撮れない腕しか持っていない。何時かは一連の動作が撮れるよう頑張りたいが、今はどちらか一方でも撮れれば良しとしています。

1月10日撮影の画像です。まずは飛びもの、右上のゴミが街中の川を物語っている。捨てたのは通行人では無いであろう。背景が綺麗なのは管理が行き届いている名所とか公園の池。

110110101

水際、ピントが合うのが少し遅れた。  

110110102

一旦体を突き出して再び着水。  

110110103

そして一気に飛び出す。ホバ同様、秒6枚では不足、D300の後継機のスペックは・・・・、天気が良ければ(曇り空でも明るければ)D300+電池パックでもまったく問題ない(手持ち撮影の話)。   

110110104

羽を広げる。 

110110105

顔を180度回転さすが、何のため? 水を吐き出しているが、これも・・・・? 

110110106

草に止まる。この色は、あまり好きではない。  

110110107

水からの飛び出し、こちら(正面)を向いて欲しかったが、思うようには動いてくれない。  

110110108

水から体を突き出し再び着水した瞬間、浮かんでいるように見えるが、カメラで撮った写真でしか見られないシーン。  

110110109

一気にジャンプ、これも少し横向き。  

110110110

飛んでいるところは、手持ちでも比較的楽にピントが合う。  

110110111

水から体を突き出す途中、このシーンも時々ピントが合う。  

110110112

この日は、最近では珍しく短時間に集中的に良いところが撮れたが、この冬のこれから先のカワセミの出はどうなのか? ヤマセミよりは休憩時間が短く期待は出来るが、休息が終わると飛び去ることも多い。  

110110113

|

« カワセミ ホバ連発 | トップページ | D7000手持ちでカワセミホバ14連写 »

野鳥」カテゴリの記事