« 2010年撮り納めは、雪の中のカワセミ | トップページ | カワセミ 2011年本格撮影開始 »

2011年1月 1日 (土)

新年、明けましておめでとうございます  初詣はカワセミ詣で

Index2011

 2011年元旦、初夢は、”白峰で仲間が釣ったイワナをヤマセミが横取り、それを私が近くからジャスピンで撮影”なんて夢なら、いつまでも寝ていたいところだが、昨日の雪歩きが相当こたえたのか、夜布団に入り気がついたら朝の7時だった。7時半頃に外を見ると西の空が広がり、カワセミ撮影の気持ちに火がつき8時15分頃に出かけた。

今日も来ているだろうと思っていたカワセミカメラマンに出会う。カワセミカメラマンの初詣はカワセミ詣でである。挨拶をして(居てまっか 居るけど動かんわ)、10時には帰らなければならないので早足で狙いの場所に行った。道に残る雪が凍り何度も滑りそうになり多少怖かった。こけて体のどこかを打っても我慢すれば済むが、カメラとレンズを壊せばえらい事で今日の撮影が出来ない。今日は、D7000に80~400mmズームでの手持ち撮影。

カワセミは居た。2011年の初撮影、この写真は初ショットから数枚後。

11010101

行ったタイミングが良かったのか、カワセミの動きは良かった。反対側の岸に飛んだり、草に止まったりで、10分もしない内に餌捕りのダイビング、しかし失敗。 

11010102

ピントは十分ではなかったがまずまず。  

11010103

その後、2度少し大きい魚を捕りよったが水面をフラフラと飛び落としよった。絶好の撮影チャンスだったが、ピントが合わずシャッターが切れなかった。  

3度目でようやく魚を捕らえる。  

11010104

魚を咥えて横に飛ぶ。餌を加えなければ直ぐに背中を向けて(対岸に飛ぶ場合)急上昇するが、横に飛ぶのは魚が大きく直ぐに急上昇出来ないからであろうか? 魚が小さければ急上昇しているように思う。ヤマセミも同様に思うが、どうなのか?  

11010105

途中のピントは合わず、岸近くで再びピントを合わせることが出来た。今日は日差しがあり撮影条件は最高に良かった。  

11010106

岸の雪の上に着地。  

11010107

しかし、このカワセミは、かなりどんくさいようで、またもや魚を落とす。  

11010108

直ぐに取りにいったが、咥えそこね更に下に落とす。連写の後の書き込み中で、シャッター切れず。D300にした方が良かったかもしれない。  

11010109

呆然と見つめるカワセミ  

11010110

気を取り直して直ぐに下に飛ぶ。  

11010111

魚を岸ギリギリの草の中に落としたようである  

11010112

じっと見つめて探す  

11010113

見つけたようで取ろうとするが、足場が雪でこれ以上近づけず、何度か嘴を近づけていたが、最後には諦めて飛ぶ。  

11010114

その後、再び枯れ草に止まったので、餌捕り再開かと思ったが、周辺を少し周回した後に草の陰に隠れたので引き上げる。予定より少し時間がオーバーしたので急ぎ足で引き上げた。  

11010115

移動:歩き  天気:撮影中は晴れ  D7000:234枚

|

« 2010年撮り納めは、雪の中のカワセミ | トップページ | カワセミ 2011年本格撮影開始 »

野鳥」カテゴリの記事