« カワセミ 水際に飛びもの(1/10の撮影です) | トップページ | カワセミ ホバの季節? »

2011年1月13日 (木)

D7000手持ちでカワセミホバ14連写

 1月10日の帰り道の本流でのカワセミホバは、同じ場所で2度撮影していた。ブログに既に載せたホバは最初の10連写の抜き取り、今日は2度目の14連写をすべて載せます。これまでのホバ連写は、手持ちでは2年前に9枚連続というのがありますが、今回はこれを超え数年前に勧修寺で、D3とゴーヨン、もちろん三脚使用の19連写にせまるもので、我ながら手持ちでよく撮れたと驚いています。最近のこのカワセミ、私の前ではホバは一度しか見せてくれなかったが、今回は2度の超ロングホバ、運が良かったとしか言いようが無い。

①15:20:33.50 撮影時刻はカメラの記録より

110120101

②15:20:34.00

110120102

③15:20:34.20

110120103

④15:20:34.40

110120104

⑤15:20:34.60

110120105

⑥15:20:34.70

110120106

⑦15;20:34.90

110120107

⑧15:20:35.10

110120108

⑨15:20:35.30

110120109

⑩15:20:35.40 このあたりまではコンスタントに連写

110120111

⑪15:20:36.20  ここで撮影インターバルが乱れたが、バッファが飽和しメディアへの書き込みとの追っかけ合い

110120111_2

⑫15:20:36.50

110120112

⑬15:20:38.20

110120113

⑭15:20:38.40

110120114

ホバはまだ続いていたが、連写速度が遅くなったので撮影をやめた。RAWで撮影していたが、ファイル容量の小さいJPEGなら、もっと長く一定速度で撮影出来ていたであろう。D7000、メディアが書き込みの遅いSDHC(30Mb/s)なのが残念。CFなら90Mb/Sで3倍の速さがある。

それにしても超ロングホバだったが、次回もと期待していくと期待外れに終わるであろう。地元で歩いて行ける山科川の私の行く撮影地でのカワセミ撮影とはこんなもの、もうそろそろコンスタントに出て、いいところを披露してくれても良い頃ではあるが・・・・。

|

« カワセミ 水際に飛びもの(1/10の撮影です) | トップページ | カワセミ ホバの季節? »

野鳥」カテゴリの記事