« カワセミ ホバの季節? | トップページ | 寒い朝 »

2011年1月16日 (日)

カワセミ 雪の中のホバ再挑戦で出かけるが

 今日は所用で朝は10時頃までしか時間が取れず、それでも雪の中のホバが撮りたくて朝から出かけた。最近の冬は、京都で雪を見ることが少なく、しかも休日となれば、僅かな時間でも雪の中のカワセミ狙いで出かけるのが、カワセミ狙いのカメラマンである。カワセミ狂いのアホかも知れないが、それはそれで良し。8時前に自宅を出発したが、今日は、D700に400mmズームの手持ち撮影、400mmにしかならないが、暗い雪の中での撮影を想定してのことであったが、いつもとあまり変わらなかった。、

川に到着して直ぐにカワセミを発見、上流の臆病な奴、そろそろ人に慣れて欲しい。

11011601

今日は、直ぐには逃げず珍しく餌捕りをしよった。小魚を咥えての飛び出し、顔が見えなかったのが残念。  

11011602

400mmでの撮影、あまり大きく出来ない。  

11011603

今日は、山科川を下らず途中から支流に直行した。8時20分頃に支流のポイントに到着、餌捕りが終わり休憩中とのことでしばらく待つ。

止んでいた雪が再び降り出し、9時頃に一旦見える所に出てきたので、ホバホバホバと期待するがまた隠れる。  

11011604

しばらくして晴れ間が出たところで、再びカワセミが姿を現し、まずは糞。  

11011605

飛び上がりロングホバを披露してくれたが、残念ながら雪の量は少なかった。  

11011606

飛び込まず、岸に戻る。  

11011607

再び、ホバ  

11011608_2

体をひねり、こちらを向く  

11011609

そして、ダイビング、この時は餌捕り失敗。  

11011610

その後のダイビングで比較的大きな魚を捕る。  

11011611_2

1枚目、2枚目と見れる程度にピントは合ったが、後は全くダメ。調べるとAF-Sになっていた。D700は風景専用に使っていたので、家を出る前にチェックをしたがフォーカスモードはチェック漏れであった。  

11011612

再び休憩に入ったので10時前に諦めて帰宅する。

本流沿いから帰ったが、上流に先日ロングホバを披露してくれたカワセミが居た。雪の降りが、再び強くなり期待したが、対岸に移動して動かなくなったので帰宅した。  

11011613

所用が終わったのは4時前、朝の撮影が多少物足らなかったので再び川に行く。臆病なカワセミが居たが、今度は近づくと直ぐに逃げる。  

11011614

ISO3200の撮影、D700では十分撮れる。カワセミは直ぐに上流に飛び去り、途中まで追いかけたが、1号線より上に行きそうだったので諦めて下流に向かう。  

11011615

奇妙な色のセキレイが居たが、セグロセキレイの突然変異かな?  

11011616

その後、本流の撮影ポイントまで行ったがカワセミの姿は見かけず。4時半を過ぎ、サギの家族(?)が仲良くお家に帰る。勧修寺かな?  

11011617

せっかく撮影に来たのでISO6400での野鳥撮影を試してみた。このゴイサギ撮影は、あら捜しで細かいことをゴチャゴチャ言わなければ十分。  

11011618

4時50分頃のサギの飛びもの、ちょっと苦しい。今、一番高感度に強いカメラはD3Sと思うが、この時期の5時頃までなら私的にはD700やD3でも十分、しかし、D3Sならもっと綺麗に撮れるのだろうか・・・・?  

11011619

最後に撮影した雪の中の猫、野良かペットかは不明。  

11011620

移動:歩き  天気:曇り時々雪一時晴れ  D700:235枚 

  

|

« カワセミ ホバの季節? | トップページ | 寒い朝 »

野鳥」カテゴリの記事