« 三日月 | トップページ | カワセミ ホバ連発 »

2011年1月 9日 (日)

ヤマちゃんⅣ 追いかけて

 年末の撮影で、”さらばしばしの別れ”と思ったヤマセミ、もうしばらくで見れなくなるかと思うと再び撮影したくなり出かけた。前日の夜、328+テレコンにD7000を用意したが肩凝りでしんどく、レンズ80~400mmズームによる手持ち撮影に予定を変更して、6時半に家を出て、7時30分頃にいつもの場所に着いた。

ヤマセミは繁みで休息中、しかし直ぐに♂若が出てきて少し離れた対岸に止まった。

11010901

直ぐに対岸に向かうが着いた時には、またもや対岸に飛び木の枝に止まっていた。

餌捕りかとしばらく待っていると再びこちらの岸に止まる。  

11010902

近づこうと数人のカメラマンが走る。”近づいたら逃げる”、”近づかんと撮れん”の声が聞こえ、瞬時の返答、間の良さに思わず笑いそうになる。私は近づく派、”鳥は追いかけると逃げる、待っていれば戻ってくる”と待つ人もいるが、追いかけても同じ場所に戻ってくる。山の鳥は人の姿を見ると直ぐに飛び去ってしまうが、街中あるいはカメラマンの多い場所の鳥は、同じ場所を周回していることが多いようである。もちろん、鳥によって習性は違うし、深追いは鳥の生活を脅かすので見極めは必要である。野鳥カメラマンの待ち派と追いかけ派の違いは、撮影機材の重さ、体力、それに追っかけを面倒くさいと思うかの違いであろう。重い機材を担いで追いかける人もいるが、かなり体力のある人といつも感心している。もちろん、人が無茶苦茶多い場所では、近づいたり追っかけたりはしない。

今日の早朝の♂若は動きまくり、追いかけて、追いかけて・・・・の撮影、もちろん♂若が動きまくったのは、広い川の対岸である。♂若は、対岸でルアー釣りをしている人が居ても、平気で川に飛び込み餌捕りを行う根性のある(?)ヤマセミである。

最初にこちらの岸にとまったところ、残念ながら枯れ草被りでまともに撮れず。 

11010903

下流で、木の繁みの見えにくいところに飛ぶ。 

11010904

見えやすいところに出てきて、魚を探す。 

11010905

見つけて急降下 

11010906

獲物は小さいが餌捕り成功。朝の撮影、日の当たる場所から日陰の水面に飛び込むので露出設定が難しい。当然、水面にあわせている。SSを1/1000確保するため、ISOは大半が2000、日あたりの良い場所でも800としたため画質は悪い。 

11010907_2

今日の飛び込みピントが合わず、飛び出した直後もほとんどピンボケかピンズレだった。飛び出してから飛んでいるところで、再びシャッターを押しなおした画像。飛び込んだ瞬間、水面にカメラを向け、シャッター半押しで一呼吸置いてから押し込むが、D7000はシャッターが軽く、手持ちの場合ピントが合う前に押し込んでいるようである。明るい場所ではピントが早いので、ピントが合う確率は高い。 

11010908

対岸の岩に止まる。 

11010909

飛び出して餌捕りを行うが餌捕り失敗、こちらも撮影失敗。 

11010910

再び、日当たりの良い木の枝に止まる。 

11010911

下流へ下流へと移動し、川の上のワイヤーに止まる。 

11010912

日当たりが良くで全身が入る場所も川の中ほど、絶好の止まりもの撮影チャンス、これをまともに撮れなければ手持ちを止めなければならない。 

11010913

ダイビング後の水からの飛び出し、撮れたと思ったがピンずれで残念。 

11010914

いったん、かなり下流まで行ったが、再び上流に移動を始めた。 

11010915

再び餌捕りを行うが、前の潅木が邪魔で撮影できず。場所を移動してカメラを構えた時は、餌を咥えて上流に飛ぶところ。

11010916

かろうじて撮影したが、餌を加えて水面から飛び出した瞬間を捕りたかった。 

11010917

この後上流に飛び去ったので、いつものポイントに行くと♂若は繁みの休息場所に入っていた。代わりに♀親が出て水浴び。

11010918

水浴び後木の枝に止まり直ぐ横の木の茂み入り、こちらも休息。

11010919

昼前から2時間ほど用事があったので家に帰る。

2時頃に手が空いたのでカワセミかと思ったが、再びヤマセミに行く。いつものポイントで、ヤマセミは休息中、アカンかと思っていたら♂若が再び登場、こんどは上流で水浴びをしたり木の茂みに入ったりの繰り返し。遠くてまともに撮影できないので上流のダム下の橋に行くと、いつものポイント近くに移動しよるで、何度か行ったり来たりの繰り返し。 

11010920

最後に橋の上で飛び込みを待っていると橋の直ぐ横の茂みに入った。休息場所では無く、中で鳴きながら動く姿が見え、全身が見える場所が無いかと探すと、一箇所だけ空いていた。 

11010921

こちらを気にせずさかんに動いていたので、モニターを確認しながらの設定し直し撮影を繰り返し、何枚も撮影した1枚、ISO3200、SS1/250で撮影したノートリ画像。時は4時過ぎだったが、D7000ならまだ撮影が続けられる時間、追いかけ続け疲れたが、まあ良かった一日だったかな。 

11010922

水面が光り、ヤマセミがシルエットになる。ヤマセミは岩の端に止まり何を思うのか。 

11010923

移動:地下鉄、京阪、歩き  天気:朝晴れ、夕方曇時々晴れ間  D7000:671枚

|

« 三日月 | トップページ | カワセミ ホバ連発 »

野鳥」カテゴリの記事