« 昨日 夕方のカワセミ | トップページ | 祇園白川 »

2011年2月23日 (水)

08年2月23日

ちょうど3年前の08年2月23日は、湖北へオオワシ撮影に行った。オオワシを始めて撮影したのは、この年の1月始め、D300に328+2倍テレコンで撮影した。湖北水鳥・湿地センターのHPで北帰する頃と知り、最後の1枚をと思い行ったのであるが、風が強く、時折雪が舞い、日差しも見えるといった、けったいな天気の日であった。

朝の10時頃、オオワシは枯れた木の天辺に止まっていた。風で木が大きく揺れオオワシの毛も風になびいていた。

11022301

時折、風がやみ日差しが見える時間もあったが場所が遠かった。  

11022302_2

オオワシは11時を過ぎて北に飛び、琵琶湖へ餌捕りかと思い帰ってくるところを待ったが様子が違った。  

11022303

オオワシは高く舞い上がり、北の雪雲に消えていった。さらばオオワシとしばらく消えた雲の中を見ていたが、12時頃何とも言えないさみしさとともにこの冬撮影出来たという充実感を感じながら車を家に走らせた。  

11022304

しかし、夜にセンターのHPを見るとこの後帰ってきて、2時頃に再び飛び、また帰ってきてこの日は風が強く北帰せず。結局、北帰したのは数日後だった。

今日のセンターのブログを見ると2日間姿が見られず、北帰したようなことが書かれていたが、今年の11月には元気な姿で来てくれることを期待する。かなり年のオオワシのようだが、是非来て欲しい。今年の1月は、寒かったのと天気の予報があまり良くなかったので行かなかったが、11月に来てくれたなら今度は踏ん張るつもり。

|

« 昨日 夕方のカワセミ | トップページ | 祇園白川 »

その他」カテゴリの記事