« カワセミ手持ち撮影 この冬最良の日Ⅱ カワセミ動 | トップページ | カワセミ手持ち撮影 この冬最良の日 ラストは止まりもの »

2011年2月15日 (火)

カワセミ手持ち撮影 この冬最良の日Ⅲ 橋の下の暗がりで

 カワセミは橋の下の暗い場所で止まることがよくある。休息の場合が多いように思うが、積極的に水面に飛び込む場所もある。これまでD3にF4レンズの場合はともかく、F5.6のレンズで手持ち撮影の場合は、橋の下に入ると暗くて撮影にならないと思い他のカワセミを探して移動することが多かったが、飛び込みを撮ってみると撮れるものと認識を改める。

カワセミが飛び込む前の水面は真っ黒でピントがほとんど合わないが、カワセミが入るとピントが合いやすくなる。この写真はピンボケ

110213201

飛び散った水滴が暗い水面の前で白く光り雰囲気は良い。  

110213202

水面に立つ水しぶきはなおさら綺麗  

110213203

飛び出してからは日の当たる場所の方が良い  

110213204

ちょっと苦しい  

110213205

F4ぐらいのレンズならシャッター速度が速くなり、もっと綺麗に取れるだろう。F2.8なら全く問題が無いように思う。D7000で十分、D3でなくても良い。もちろん綺麗に撮れるのは間違いないが。  

110213206

前日に続き、万歳!  

110213207

飛び込んでから少し左に泳いで姿を見せる  

110213208

こちらは、ほとんど飛び込んだ場所、すこし潜って出てきたようである。  

110213209

餌をあまり捕れなかったようである。  

110213210

今度は328で頑張ってみようかと思うが、明るい場所のカワセミを探したほうが良い写真が撮れるか  

110213211

|

« カワセミ手持ち撮影 この冬最良の日Ⅱ カワセミ動 | トップページ | カワセミ手持ち撮影 この冬最良の日 ラストは止まりもの »

野鳥」カテゴリの記事