« 湖北劇場  オオワシがブラックバスを掴んで飛んでいか~ | トップページ | 山科の野鳥 川沿い編 »

2011年2月 7日 (月)

パソコンモニター

 これまで使っていた液晶モニターがお陀仏寸前だったので新しく買った24型のモニター、少し高かったがなかなか良い。ワイドタイプの画面、最初はこれまでとの違いに多少戸惑ったが直ぐに慣れたが欠点もあり。大きく綺麗に見えるだけ元画像の汚さ(高感度撮影他による)にピンズレが目立つ。これからはより慎重に撮影する必要があると気を引き締める。

RAWで撮影しているが、画像の処理は、まずニコンViewNX2でフォルダーから編集する画像を選ぶ。

11020701

”他のアプリケーションを使用してファイルを開く”で、CaputerNX2を選定しCapterの画面を呼び出す。使用する機能は、露出補正、シャドー、傾き補正、アンシャープマスクに不可欠がトリミング。たまにホワイトバランス、彩度、自動ゆがみ補正を使用するが、ノイズリダクション等他の機能はほとんど使用していない。じっくり修正している時間が無い。  

11020702

JPGで保存して、ブログ用は再びPhotoshopEL5で開き、900pixel、1000kbぐらいに揃え保存し直す。オンラインアルバム用は、Caputerで1024pixel、200kbを目処にJPGで保存している。写真の選定と修正に時間はかかるが、後は慣れているので時間はそれほどかかっていないように思っている。

先週初め、”市川ソフトラボラトリー”からSILKYPIXの最新版「SILKYPIX Developer Studio Pro5 Beta(Windows版)」を無償公開のメールが入っていたので、早速インストールした。使ってみたが、使い方を忘れておりお手上げ、2月28日まで使用できるので、時間が取れればじっくり使ってみる。以前使った時に画像が粗く見えると思い購入しなかったが、安定して表示するのに少しタイムラグがあるだけのようで、数秒たつとCaputerと変わらないのが分かった。元のデータが同じなので当然のことか。

昨日の撮影です。いつものカワセミ、いつものポーズ、行けば毎回撮っている。

11020703

支流のカワセミ、水面からの飛び出しは撮影失敗。 

11020704

唯一撮れた動きのあるところ。他に10枚ぐらい撮っていたが、すべてピンボケで見れるのがこの1枚とは情けない。

11020705

帰りに本流で撮影したバン、居ついているようである。    

11020706

<追伸>

 解像度1920×1200は、さすがにデカイ

11020707

|

« 湖北劇場  オオワシがブラックバスを掴んで飛んでいか~ | トップページ | 山科の野鳥 川沿い編 »

その他」カテゴリの記事