« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

臆病なカワセミ

 カワセミも色々居るようで、近距離に近づいても逃げない大胆なものや、人の姿を見ると直ぐに逃げる臆病なもの。臆病なカワセミを一度近距離で撮りたくてチャンスを狙っていたが、ようやく撮影することが出来た。木陰に隠れていたので近づき様子を見ていたが、餌捕りをおこない木に再び止まった時である。枝が邪魔になったが、体が見えるところに止まってくれた。当然、直ぐに逃げた。トリミングは、さほどしていません。D7000、80-400mmズームでの手持ち撮影

110330201

| | コメント (0)

2011年3月30日 (水)

桜2011 Ⅱ 桜はまだ早い

 今日は特別休暇の誕生日休暇を取り遊休、特別休暇といっても有休休暇の大半を未消化で捨てており、ありがたみを感じない休暇である。59歳、来年の3月末で定年退職、以後3年ほどは働く気があり、会社からも必要とされれば働けるが、どうするかはこれからじっくり考える。希望しても要らんと言われるかもしれない。思えば早いもので働いて36年、あっという間だった。

ゆっくりとごろ寝かと思っていたが、長年のサラリーマン生活が身にしみついており、いつも通りに目が覚める。再び寝ようと思うが寝れない。仕方なく起きて、大山辺りに遠出するかと思ったが、ETC割引の無い平日で止め、結局近場の桜を見に行くことにした。D700に24-70mm、D7000に80-400を装着して出かける。

最初に行ったのは大石神社、カワセミ探しを兼ねて川沿いを歩いて行くが、カワセミの反応無し、撮影機材の重さで疲れた。大石桜は、やはりまだ早かった。

11033001

昨年の今頃は満開、夜桜の撮影にも来たのだが残念。  

11033002

直ぐ近くの岩屋寺にも行くが、この状況ではあまり撮影する気にならなかった。しかし、来た以上は撮影する。  

11033003

お寺前の大きな枝垂れ桜、早咲きであるが、今年は来週前半ぐらいが見頃かも知れない。  

11033004

咲いている枝もあるが、まだまだといった状況  

11033005

これで三分咲きぐらいであろうか?  

11033006

予定では、この後醍醐寺へ行き、それから祇園白川、御苑と巡るつもりだったが、桜は諦め勧修寺に行った。参道横の2本の小さな桜は見頃。  

11033007

私を指す花かな?  

11033008

梅がまだ残っていた。  

11033009

ポツポツと早咲きの桜は咲いていたが、木が低くもう一つ美観に欠ける。  

11033010

観音堂前  

11033011

桜撮影後は、カワセミ撮影に切り替える。

何故かD7000のピントが合い難く、途中でD700で撮影してみたが、大して変わらなかった。日の当たり具合によるのか? D700、400mmのノートリ写真。  

11033012

相変わらず出はもう一つだったが、♀が多少サービスしてくれた。  

11033013

ピントが合いにくかったので、一時マニュアルフォーカスで撮影する。  

11033014

誕生日をもっと派手に祝って欲しかった。  

11033015

桜の木に止まるが、満開の時は花の少ないところに止まりよる。また、桜の止まりものを期待して満開の頃にいくと、難敵の観光客が多く撮影が困難。  

11033016

今日は、珍しく餌捕りも撮影出来たが(お寺では)、小魚が居ないのかエビばっかり。餌捕りシーンは魚が良い。  

11033017

残念ながら遠かったので大トリミング、三脚が要る。  

11033018

飛び出しの瞬間

11033019

多少粘ったが、川に行った方が出が良かったかも知れない? 帰りの川でも見かけなかったので寺で良かった? 探せば川の何処かに居たかも知れない? といつもの事であるが、後で考えさせられる寺、川に居た者にしか分からないという状況だった。

自由に出入り出来るフリーパスが欲しい。年券で1万円ぐらいなら購入する。400円×25日分、花撮影を含めると2万円でも元が取れる。 

11033020

最後に望遠で桜を撮影し、12時過ぎに隋心院に向かった。  

11033021

隋心院の梅は、まだ綺麗に咲いている木が多かった。  

11033022

かなり疲れていたが、行って良かった。  

11033023

アンズの花かな  

11033024

満開で見頃だった。  

11033025

移動:歩き  天気:晴れ一時曇り、雨ぱらつく  D700:113枚、D7000:324枚

| | コメント (0)

2011年3月29日 (火)

古いお寺にただひとり

 最近、心に残る歌が少ない。唯一、心に残りYouTubeでお気に入りに登録して時々聞いているのが、一青窈の”かざぐるま”、映画の主題歌と思うが、一昨年あたりに映画のコマーシャルか何かでTVで流れていた曲と思う。古い歌では、今も心に残っている曲は多い。チューリップの”夕陽を追いかけて”、中島みゆきの”ほうせんか”、河島英五の”旅の途上” ・・・・・・、チェリッシュの”古いお寺にただひとり”もその中の一曲、学生の頃のヒット曲である。その頃、好きだった寺は、京都では、曼殊院と南禅寺、奈良では室生寺だった。最近も一人で頻繁に古寺の勧修寺に行くが、静けさを求めではなく、カワセミを求めてである。ただし、冬場は動きのあるところばっかり狙うので川に行く。

川では、カワセミのサービスの良い場所はカメラマンが多いが、私はカメラマンの少ない場所に行く。風景撮影で人の多い観光地での撮影に慣れており、カメラマンの多いのが嫌な訳では無く、ただ家に近いという理由だけである。居なければ探して歩く。古いお寺は、その終着点で、カワセミが出続けてくれれば良いが、出ない時の方が多く、退屈な時間を持て余すことが多い。また、出が良くても日陰が多く、木の繁みが邪魔、池ではあまり近づけないということもあり、飛び物の撮影には適していない。ましてや団体の観光客が入ってくれば最悪である。それでも行くのはお寺の雰囲気が若い頃から好きなだけ。

日曜日に撮影したカワセミ止まりものです。

110327101

  

110327102

  

110327103

  

110327104

  

110327105

  

110327106

  

110327107

毎年、同じような止まりものの写真ばかり撮って、よく飽きないなと思っています。

明日は、特別休暇の遊休、カワセミか、桜(まだ早いか?)、それとも久しぶりに家でごろ寝か?

| | コメント (0)

2011年3月27日 (日)

カワセミ 出も動きも良かったが撮影技術が・・・?

 今日は桜撮影を予定していたが、昨日の状況から諦めてカワセミ撮影に出る。気合を入れてゴーヨンにD7000を担いで行くが、久しぶりの750mmでの撮影、大きなレンズを振るのも久しぶりで、カワセミの出は良かったが撮影は失敗の連続で不調だった。Winberleyのスライド式の台座を一番後ろにセットしても、カメラが軽すぎ前に傾いてバランスが悪かった。ゴーヨンにD7000、オオワシ撮影では1.4倍テレコンを入れて使用しているが、カワセミ撮影に使うのは初めてと思う。D3で500mmの方が良かったかな。

川について早朝散歩のおじさんがカワセミの居場所を教えてくれたが、先週よりさらに上に居た。

早朝の日陰のカワセミは、ピントが合いにくく、綺麗な色も出ない。

11032701

こちらも同様、体をひねりながら水面に体を突き出す。  

11032702

不思議に、このポーズだけは条件に関わらずピントが合いやすい。万歳!  

11032703

日の当たる場所では、さすがにピントが早い。見事に背景に合っているではないか!  

11032704

鋭角に飛び込むことが多く、これも水際撮影失敗の要因の一つ。ロングホバを披露してくれたが、コンクリ背景でピント合わず、何でかな?  

11032705

ベリットを吐くかと思えば、大あくび  

11032706

これはピントが合ったが、顔の入り方が不十分  

11032707

三脚使用にしてはもう一つ、手持ちでも十分撮れる程度。  

11032708

これはジャスピン、手持ちでは撮れない。残念ながら顔が見えない。  

11032709

下流に移動したので追いかけるが、西岸からの撮影、早朝は多少無理がある。もう少し日が高く上れば問題無いのだが。  

11032710

これは比較的良く撮れたと思う。真横からの撮影、もう少し南から撮った方が良いのだが、カワセミが何処に飛びこむかは予測しているが違う所に飛び込むことも多い。  

11032711

これも逆光気味、ナノクリスタルコート何ぼのもんや!  

11032712

80-400mmでの手持ちでも、このぐらいなら撮れる。 

11032713

これはピンボケ、残念  

11032714

今日も、南へ北へとかなりの距離を歩かされたが、最後は何処に消える。歩きではしんどい、このカワセミは、一度に飛ぶ距離が長く追うには自転車が要る。自転車ではゴーヨン担いで走れない。

消えたので下流ポイントに行くが、下流のカワセミも動きは悪くなっており(早朝は良かったと聞いたが上も良かった)、さらに下流へ飛去ったのでお寺に行った。

♂、♀2羽居たが、落ち着かずで飛び回っていた。観光客が入ってくると木の繁みに隠れ、帰れば出てくる。昨年も同様だったが、もう少し度胸があったように思う。  

11032715

♀が餌捕りのお立ち台に止まったので、期待して水面にピントを合わせていたら、♂が何度も周囲を飛ぶ。一旦外に出たと思えば、ぐるっと回って帰ってくるの繰り返しで、最後に♀もついて川の方向に出て行った。こうなれば最悪、いつ帰ってくるか分からないので後を追う。  

11032716

川に居たのは別のカワセミ、ペアのカワセミは飛んでこず、下流にでも飛んでいたのではないかとの話だった。この辺りのカワセミ事情分からずで、居たカワセミ狙いで少し粘った。水に飛び込んだり、ホバもしてくれたが、木が邪魔、こちらがカメラを担いで場所を変えようとした瞬間だったりで、まともな撮影が出来ず。12時半頃に引き上げた。  

11032717

三脚使用のゴーヨン撮影、止まりものはいつもよりかなり綺麗に撮れた。良かった、良かった・・・・?

天気:晴れ  移動:歩き  D7000:285枚

| | コメント (0)

2011年3月26日 (土)

桜2011 Ⅰ 桜チラホラで野鳥撮影に変更

 朝から曇り空、明るかったので桜撮影に出かけたが、桜はチラホラ、途中で野鳥狙いに変えた。天気は、霙・曇り・雪・晴れと天気はめまぐるしく変り、寒くてたまらなかった。

朝の7時半頃に自宅を出て、最初に行ったのは祇園白川、昨年の今頃は3本の早咲きの木が見頃を迎えていたが、今年はまだチラホラの状態。

11032601

まだまだ蕾多し 

11032602

御苑に行く。近衛邸後の枝垂れ、昨年の今頃はここも見頃だった。  

11032603

池にかかる枝垂れ  

11032604

カワセミがおり撮影したが、暗くてISO3200で撮影したが画像が悪いので掲載を控える。

バードバスに向かったが、途中でマヒワが数羽いた。  

11032605

これは、♀  

11032606

バードバス近くに、アオジがたくさん居た  

11032607

久しぶりに撮影したシロハラ  

11032608

シメ、少し遠かった。  

11032609

ヤマガラが寄って来た。ノートリ画像  

11032610

シジュウガラ、こちらもノートリ。近寄ってくるところを見ると、誰かが餌付けしているかも知れない。  

11032611

御苑でよく見かけるビンズイ  

11032612

蕾がついた枝に止まるエナガ  

11032613

イカルの集団も数箇所で見かける。同じ集団だったかも知れない。  

11032614

鳥の種類は少なくカメラマンも少なかったので、めぼしい撮影が出来ないと思い、10時前に植物園に移動、入った時は晴れ間が出ていたが、直ぐに曇り雪も降り出した。

こちらも、早咲きの種は多少咲いていたが、蕾膨らむの感があった。  

11032615

ジョウビタキ♀  

11032616

ルリビタキ♂を今年初撮影  

11032617

天ヶ瀬で何度か見たが、撮影していなかった。何処かへ移動する前に撮れて良かった。  

11032618

梅林で、しばし梅めにメジロ撮影、梅はまだ少し残っていた。  

11032619

これ以外に見た鳥は、エナガ、コゲラ、ヒヨドリ、イカル程度、鷹が比較的低空を飛ぶもを見たような気がするが、間違いかも知れない。

12時には家に戻った。晴れてきたので、2時過ぎにカワセミ探しで山科川と支流を歩くが、まったく姿を見ず。

支流のコンクリの土手を降りるネコ、昨年秋の大阪城の嫌な出来事を思い出すが、食べるなら数の多いスズメにしてくれ。  

11032620

最後にマヒワを撮影して、4時には帰宅した。  

11032621

今日の山科川は泥が入ったような濁り(上で工事でもやっているのか?)、支流は途中の溝から乳白色の水が大量に流れ込み何か変だった。

移動:地下鉄、歩き  天気:けったいな天気  D700:55枚、D7000:246枚  

昨年の3月26日早朝の祇園白川

11032622

| | コメント (0)

2011年3月25日 (金)

桜は咲いているのか?

 今日は3月25日の給料日、給料日は置いといて昨年の今頃は桜撮影で駆けずり回っていた。昨年の初撮影は、3月16日の祇園白川で、20日には御苑で綺麗に咲いているのを撮影していた。今年は、寒いので忘れていたがそろそろ桜撮影のシーズン、今年はまだかな?

先日撮影した蓮の枯れ茎が邪魔なカワセミの餌捕りです。

110321031901

この日は、珍しく何度か餌捕りがありましたが遠くて撮れず。撮れても蓮が邪魔になるが、ゴミよりはマシ。  

110321031902

色ももう一つ  

110321031903

シャッタースピードは早くなりませんが、曇り空の方が良いのかも。  

110321031904

餌捕り撮影は、やはり川が絵になる。  

110321031905_2

| | コメント (0)

2011年3月24日 (木)

カルガモ

 先週の土曜日のこと、隋心院からの帰りにカワセミを探しながら、蕎麦屋横の橋を渡っていた時だった。車が橋の中央に止まり、年配の老人が車から降りて川を見た。”こんな場所に車を止めたらあかんがな”と思いながら歩いていると、この爺さん、橋の上から白昼堂々と空き缶か何かゴミを川に投げよった。昔、”天満橋からお人形投~げた、背なのこいさん・・・”という歌があったが、”・・・橋からゴミを投~げた、いかれた爺さんがゴミを投げた・・・”で唖然とした。川はゴミ捨て場では無い。川にゴミを捨てる奴は、悪ガキが多いのかと思っていたが、そうでもないようである。今年の初め頃か、名神の下の小石に止まっていたカワセミをカメラで見ている時に、空き缶を投げたオッサンも居たが、ええ年こいてええ加減にしとかなあきまへんで~。

川のゴミ、ペットボトルに空き缶・・・・、こんなものコンビ二行けばゴミ箱があるやろ。売っている以上は、引き取る義務がある(と思う)ので他店のものでも文句は言わんやろ。

11032111

自転車、何でこんなものが? 持ち主の仕業かは疑問に思う。数台見かけるが、盗んだが処分に困った、止められていたものを邪魔やで切れて投げ込む輩がいるのかも知れない。最近、軽トラで巡回している廃品回収業者を見かけるが、僅かな費用で引き取ってくれるであろう。  

11032113

風に飛ばされて川に落ちる物もあるかも知れませんが、川はゴミ捨て場ではありません。今度見たら、瞬間を撮影してボカシ無しでブログに載せるか?  

11032115

ゴミの多い川でも野鳥が遊ぶ。

11032116

それを撮影する、見ながら散歩する人も多くいる。  

11032117

ゴミを川に捨てたらあきまへん、やめなはれ!  

11032118

| | コメント (0)

2011年3月23日 (水)

タシギ?

 土曜日の撮影です。川辺の草陰に見慣れぬ鳥が隠れていた。、何かよく分からなかったが、、初撮影で帰ってから図鑑で確認した。タシギかな、タシギは体長26cm、そんなに大きくは見えなかった。オオジシギ、ハリオシギ・・・、良く似たシギ科の鳥がいるが体は大きい。ネットで鳥の体調の計り方を調べると、尾っぽの端から嘴の先までを測るらしい。

11032301

| | コメント (0)

2011年3月22日 (火)

カワセミの画面一杯の画像

画面一杯のカワセミ写真を見たいとのご要望がありましたので、最近の写真で比較的大きく捕ったものをトリミングしてみました。

いずれも600mm相当の手持ち撮影、ISOを800~1600としていますので画質はもう一つ、写真クリックでいつもよりは大きく拡大できます。

11032201

近づきすぎると逃げるので、手持ちでは限度があります。

11032202_2

大口径の超望遠レンズにテレコンをつけて三脚使用で撮ればかなり大きく出来るとは思いますが、撮影の価値があるかどうか?  

11032203

最後はすずめ、リミットを外しての撮影だったと思います。

11032204

| | コメント (0)

2011年3月21日 (月)

怒り収まらぬ山科川

 毎年のことであるが、2月の終わり頃から1ヶ月間体調が悪くなる。初めてなったのは二十歳の頃、肩が凝り頭がフラフラしてしんどい、ということで医者に行ったが、どこも悪くないと言われ何の薬ももらえなかった。その後は頭がフラフラするということは無いが、肩が凝り体がだるくしんどいという症状がこの時期になると起きる。昨日がピークだったが、朝の内カワセミ撮影に出かけた。今日は朝から雨で、写真の整理、PCのHDの画像の枚数を減らし外付けHDに移し変える作業を行っていた。1月からの撮影分、100Gb以上の写真データの内1/3ぐらい整理したが、昼から雨が上がったので2時前にカワセミの状況を見に川に行った。

上流では見かけず運動公園横に着いた時に、丁度下流から飛んできて止まり木に止まった。

11032101

下で餌捕りを行ったようで羽繕いをして土手に移動、まだやる気かなと期待するが直ぐに橋の下に移動して固まる。  

11032102

しばらく動かないであろうと支流に行く。上流に向かって歩いていると、カワセミが飛んで行ったので期待して急ぎ足で歩くが、結局見つからずで引き返す。かなり上流まで飛んで行ったのか、草か何かに隠れて見つけられなかったのか?

再び本流に戻り、橋の下を確認したが居らず、上流に行ったと信じて歩く。ここしばらく様子が変ったように思っていたが、いつもの場所に居り、今日は少し前の状況に戻っていた。

対岸からの餌捕り、曇り空でピントはもう一つ。大トリミング  

11032103

餌捕りは成功していた。  

11032104

堰の中ほどに向かう。  

11032105

着地  

11032106

しばらくして上流に向かい、これまた対岸に止まり餌を捕る。今度はこちら側に飛んできた。  

11032107

餌捕りを繰り返す橋の下だったが、今日は少し横に移動  

11032108

ここから、直ぐ下に飛び込む  

11032109

ヤゴのような虫を咥えていた。  

11032110

近くのコンクリの上に止まり、餌を一気に飲み込んだ後に上流に飛ぶ。  

11032111

以前に良く見かけた、休息場所の中州の草にとまる。  

11032112

いつもなら帰るが、大ホバを行う場所なので待つ。結局40分ぐらいたって、少し下流の土手に止まる。さあこれからと斜め後ろで待っていると、散歩の夫婦が通り私が見ている先を見てカワセミ発見で立ち止まりよる。ここまでは、よくあることで気にもしなかったが、この先が最悪、オッサンが柵に手を着き顔を前に突き出す。オバハンはバックから携帯を取り出し前に突き出す。左手で前に突き出したらあかんと制した時だった、カワセミがダイブして餌捕りを行った。  

11032113

一瞬、飛び出す姿が目に入ったので、カメラを向けたが慌てたこともありピントを外す。  

11032114

人のせいにしてと思われるかもしれないが、手持ちでピントをそれほど外すことが無い条件であった。  

11032115

かろうじて後追いで1枚まともな写真が撮れたが、カワセミは餌を咥えて飛び去った。もう少し小さい餌なら、もう一度飛び込むチャンスがあるので追いかけたが、大きな魚では当分動かないであろうと引き上げた。  

11032116

それにしても腹の立つ夫婦、近距離だったが後ろに立って見ようが携帯で撮影しようが、柵より突き出さない限りこのカワセミは逃げる確率が低い。今までも見る人や携帯で撮る人が居た。よりによって人が40分待っていたカワセミを、人がカメラで捕らえているのを見て、直ぐ側で顔を突き出す、携帯を突き出すで逃がすような行為をするとはどういうこっちゃ! 自分達で見つけたなら何も言わないし、お前の集中力が足らないと言われればそれまでだが、ホンマに腹が立つ。”馬鹿夫婦のあほんだらが~”を連発しながら引き上げた。

名前を出さずとも人の中傷、誹謗をブログに書くのはモラルが低い(無い)というのは承知しているが、今日は怒りが収まらない。

移動:歩き  天気:曇り  D7000:132枚

追記:これまで一人で撮影している時に、同様のケースでカワセミを逃がされたのが2度あったので今日は制止しようとしたが、要らぬことをしない方が良かった。これからは、同様のケースがあれば、飛び立つ瞬間狙いに変えようと思う。飛び立つ瞬間の撮影チャンスと思えば腹も立たぬであろう。最近、山科川で撮影していると散歩の人がカワセミの情報を提供してくれたり、カワセミの横を通る時にわざわざ遠巻きにして歩いてくれる人が多いが、たまにこういうケースもある。これも公共の場所、仕方無しかな。

| | コメント (0)

2011年3月20日 (日)

カワセミ事情に変化有りⅡ  3/21追記

 天気予報では、今日は午前中晴れ昼から雨となっていたので、10時頃までと時間限定でカワセミ撮影に出かけた。最近、上流の状況が変ってきているので、行ける時に行って状況を確認しておかないと次行った時にスカをくらう。

7時半過ぎに川に着いたが、やはりいつもと違い、今追いかけている誰が名づけたか知らないが通称”蕎麦屋のカワセミ”を直ぐに見つけた。最近、かってのカワセミ撮影ホームグラウンドまで上ってきていたが、さらに上流への進出である。

11032001

直ぐに餌捕りダイブ、準備不十分で撮影失敗、スローシャッターでの撮影ではありません。SS1/1000  

11032002

直ぐに土手に上り、再び餌捕りダイブ、今度こそはとカワセミを捉えていたが、水面近くで別のカワセミが飛んできて向きを変えられシャッターを押すチャンスさえ逃した。

これは、邪魔したカワセミ、この辺りの若と思う。  

11032003

蕎麦屋のカワセミは、少し離れた川中の石に止まり、飛んできた若を見ていた。  

11032004

若も少し前に移動して威嚇する。  

11032005

やがて両者は同じ土俵に上る。仕切るはゴミ、この辺り運悪くゴミが多かった。  

11032006

若が仕掛ける。  

11032007

周りを飛び、さあ噛み付き合戦の始まりかと期待する。  

11032008

しかし、周りを飛んだのみ。  

11032009

並んで止まり、しばらく静かな時間が経過  

11032010

そこに♀が現れ、すったもんだとなり、この後まともな撮影は出来ず。  

11032011

この両者がカップルで、蕎麦屋のカワセミはお邪魔虫かも?  

11032012

三者が並ぶ、右端が蕎麦屋の♂、左端が♀  

11032013

この後、♂は鳴きながらの追いかけ合い、どちらが追っているのかまったく分からなかった。

♀はしばらく休憩  

11032014

♀が威嚇して追い払っているようなシーン  

11032016

しばらく、入り乱れて飛び回っていたが騒ぎが収まると、どれも姿が見えなくなった。しかたなく下流に向かうと、メスが柳の木に止まり毛繕いの後、近くの見ない場所に姿を消した。 

11032017

時間があまり無いので上流は諦め再び下流ポイントに向かう。私の要る間は出が悪く、他のカメラマンと情報交換しながら時間を潰し10時頃に引き上げた。  

11032018

今日始めて気がついたが、蕎麦屋のカワセミは上の嘴が欠けているのか少し短い。こやつ今日は1号線あたりまで飛んだかも知れない。1号線から名神、先週は支流の二つ目の橋辺りにおった。行動範囲の広いカワセミで追うのに疲れる。  

11032015

この写真は09年の12月に勧修寺で撮影したカワセミ、上の嘴が多少短いような?  

11032019

同じ日のこの写真では嘴の長さは分からないが、同じカワセミでは無いかと私に思わせる写真である。自分の足で歩いて探し、個体の習性、何枚も撮った止まりものを見ての判断だが、思い過ごしかも知れない。  

11032020

昨日勧修寺で撮影した♂の嘴は、上下の長さがほぼ同じだが魚を咥えるため下の方が少し頑丈に思える。  

11032021

移動:歩き  天気:晴れ  D7000:173枚

<追記>

カワセミの嘴が欠けたのは、2/13~20の間、浅い場所に飛び込み石にでも先が当たったのだろう。

2月13日の撮影、嘴の先は正常

1103210213

2月20日の撮影、上の先端が欠けている

1103210220

| | コメント (0)

2011年3月19日 (土)

春うらら

 ここ数日寒かったが、今日は朝から快晴で一日暖かかった。今日も勧修寺と隋心院での梅撮影、山科川沿いを歩きカワセミ撮影ということで8時半に自宅を出発した。今日はD3に24-70f2.8、D700に80-400mmを使用する。

私の撮影地でのカワセミの状況は変ってきている。少し前まで朝にはかなり上流でいいところを見せてくれたカワセミも今日かなり下に居た。見つけた時に餌捕りダイビング、到着した時には川中の石に止まり間に合わなかった。

11031901

直ぐに水浴び  

11031902

一回だけ、後は羽繕いをした後、橋下の日陰で固まる。これだけかい! 先に来ていたカメラマンに聞いたところ餌捕りは一回だけ、がっかりで寺に向かう。  

11031903

カモのペアーが空を飛ぶ  

11031904

すずめのペアーかな?  

11031905

名神近くで振り返る。今日の山科川は穏やかな日差しに包まれていた。  

11031906

信号が変るのを待っていると、カワセミの鳴き声がしたので橋げたを見ると、カワセミが魚を咥えて止まっていた。  

11031907

勧修寺近くの撮影ポイントにカメラマンの姿無し、今日は不調なのか?

参道の桜、河津桜? 桜の名前はよう分からん、桜でないかも。  

11031908

拝観受付前の梅、ようやく見頃を迎えていた。 

11031909

毎年撮影してる場所、花の数はこんなものかな・・・?  

11031910

こちらは少し散ってきたかもと思うがどうなのか、今日は体がだるく思考が鈍っていた。  

11031911

参道横と同じ花、観音堂背景に撮影する。  

11031913

花の蜜を吸うメジロ、花にメジロは似合う。  

11031914

一通り撮影を終えた後はしばしカワセミ狙い、いつもの臆病なカワセミか? 違うような気がした。  

11031915

人が居なかったので、こんな所にも止まってくれた。少々トリミング  

11031916

こんな場所にも、観光バスが到着して人が入ってくると、直ぐに茂みに隠れる。しかし、人が居なくなると、直ぐに出てくるので粘った。蓮に止まり餌捕りも披露してくれたが、蓮の茎にピントが取られ失敗の連続、動きのあるところは川が撮りやすい。  

11031917

猛禽でも飛んでいたのか、上空をじっと見ていたので体を屈めて近づくと、かなりの距離まで近づけた。臆病なカワセミなのかどうか、ますます分からなくなった。  

11031918

今日はカワセミ狙いではなかったので、適当なところで撮影を切り上げ隋心院に向かう。

横の福祉施設の梅  

11031919

隋心院の梅は、先週より開花が進んでいたが五分咲き程度に思えた。  

11031920

今日は、梅園横にテントを張った出店がでていたので、撮影場所に苦労する。  

11031921

時間帯によるのか、人はそれほど多くなかった。来週は”はねず踊り”が行われるので、相当な人手と思う。一度だけ見物したことがあるが今年も行かないつもり。 

11031922

白とピンクの花が咲く木  

11031923

今年の梅は遅く、来週半ばぐらいが満開かも知れない。 

11031924

”今年の梅撮影は、これにて終了、次は桜やな~”と思いながら川沿いを歩き一旦帰宅した。

バッテリー上り防止のため、一時間ほど車で近くを走り、2時頃に再びカワセミ撮影で川に復帰した。カワセミが止まる場所にモズが止まる。  

11031925

蝶か蛾か知らないが、虫もも見かける。まさに春到来!  

11031926

2時間ほど本流と支流を歩いたが、カワセミの姿を全く見ずで引き上げた。  

11031927

移動:歩き  天気:晴れ  D3:65枚、D7000:295枚

| | コメント (0)

2011年3月17日 (木)

京都・東山祈りの灯り 2011年 Ⅱ 昨日の撮影

ライトアップされていなかった八坂の塔(法観寺)、毎年楽しみにしていたので残念だった。

11031611

露出を明るめに設定、目で見るより空は明るく写った。D700にレンズは28~300mm  

11031612

少し吹雪いていた雪は消え、くっきりと月が見える。  

11031613

路地行灯は消灯されていたが、点灯された行燈が一つ。  

11031614

高台寺横の階段のライトアップ、空には月が見えたり雲に隠れたりで風情があった。  

11031615_2

高台寺ライトアップ、庭園と観月台  

11031616

方丈前庭

11031617

臥龍池に映る臥龍廊  

11031618

臥龍廊のアップ、背後の木の緑色ライトアップが綺麗  

11031619

祇園閣前のいけばなプロムナード  

11031620

丸山公園の伝統の灯り展  

11031621

京都の芸術系大学の作品が並ぶ  

11031622

何を表現しているのかは作者に聞いてみないと分からないがユニークな作品ばかりだった  

11031623

竹灯り・幽玄の川  

11031624

現代いけばな展 ・・・流の流派と作者の名前が書かれていた  

11031625

アルミの蛇腹をしようした作品  

11031626

夜のライトアップを考えて作製されているのか、どれも見事な作品  

11031627

枝垂桜の前では大道芸が行われていたが、人が少なく(それでも20~30人は集まっていたか)おまけに寒いで盛り上がりがもう一つ、披露している人も大変であったろう。  

11031628

1時間半ぐらい散策であったが満足した。

| | コメント (0)

2011年3月16日 (水)

京都・東山祈りの灯り 2011

 今日は定時デー、雪が舞い寒かったが”東山花灯路2011”の撮影にぶらっと出かけた。京阪五条駅から地上に出た時には雪が多少強く降っていたが、何とか天気は持ち撮影に支障なかった。花灯路は東北の地震に配慮して(被害を受けた人々と地域の復旧を願い、また犠牲となられ方への哀悼の気持ちをこめて)、”東山祈りの灯り”と名を代え行灯は消灯され行事も縮小されて開催されていた。寒さの影響もあったのか人は少なく一味違った趣があった。

ライトアップされていなかった八坂の塔。これはこれで良いかも

11031601

”狐の嫁入り”縮小された行事の中でも行われていた。高台寺前で間に合い何とか撮影出来た。  

11031602

生け花プロムナード  

11031603

義援金が各所で募られていた。清水寺、知恩院(夜間拝観中止)、青蓮院のライトアップの撮影に入らずで、その分多少だが協力してきた。

詳細は写真を整理してから

移動:通勤途中、京阪  天気:雪後曇り時々晴れ?  D700:177枚

| | コメント (0)

2011年3月15日 (火)

山科の野鳥

カワセミ撮影の合間に撮影した山科の野鳥です。今年は、ルリビタキの♂、♀ともに撮影出来ていませんが、GWに信州辺りに行けば撮影できるかと思っています。

2月11日 ジョウビタキ♂

11031001110211

2月11日 エナガ

11031002110211

2月12日 アオサギ 抱卵中?   

11031003110212

2月12日 ヨシガモ♂

11031004110212

2月13日 バン 

11031005110213

2月20日 ツグミ 

11031006110220

2月26日 モズ♂  

11031007110226 

3月5日 イソヒヨドリ  

11031008110305

3月5日 カワラヒワ 

11031009110305

3月5日 セグロセキレイ 

11031010110305

3月5日 ヨシガモ♀かな? 

11031011110305

3月5日 モズ♀  

11031012110305

3月5日 モズ♂

11031013110305

| | コメント (0)

2011年3月13日 (日)

カワセミ事情に変化有り・・・かな?

 今日は撮影には出ないつもりであったが、カワセミが気になり3時過ぎにちょっくら出かけた。上流から下流に探しながら歩くが反応無し、いつも情報を提供してくれる散歩の人も両手で×、まったく見かけないとのことで、出合いから支流に入る。支流のカワセミ狙いであったが、わりと本流に近いところの川中の石に止まっていた。

本流のカワセミか?

11031301

餌捕りを行うが、岸の直ぐ近くに一直線で飛び込むので水際が撮れない。支流中域のカワセミかとも思う。

11031302

後ろに近づいて撮る。下流からカワセミの鳴き声、もう一羽のカワセミが上流に向かって飛び去る。追いかけるかと思ったら、無視して再び餌捕りを行う。写真を見る限り本流カワセミと思う。  

11031303

水際が見えないので対岸に移動して撮るが、40cmほどの高さを斜めに一直線、早い動きは手持ちでは追いきれずピント合わせが難しい。金網に合っている。  

11031304

飛び出した後を適当にシャッターを押したが、何とか見れる程度にピントは合っていた。  

11031305

高い場所に止まり、水面を見る。絶好のチャンス  

11031306

運悪く、近くをパトカーが通り、何じゃろと気を取られた瞬間に飛び込み、またしても水際が撮れず。  

11031307

まあ撮れたから良しとして4時半頃に帰路に着いた。  

11031308

最上流のカワセミの様子を見にいったがおらず、2ヶ月ほど前(?)に見た白に色抜けしたセキレイが居た。背中か少し黒くなっていたような気がする。  

11031309

夕方のカワセミの居場所が変った。朝に行っていないので朝の状況が分からないが、活動範囲を変えたのなら問題、そろそろレンズをゴーヨン主体にしようかと思っていたので支流までなら歩いて行くのがしんどい。見極める必要があるが、そろそろ繁殖の時期になり状況が変化してきたのか?

移動:歩き  天気:晴れ  D7000:90枚

| | コメント (0)

昨日の撮影 菜の花に梅

恒例の朝のカワセミ撮影は中止、夕方は未定、昨日の写真を数枚貼ります。

守山なぎさ公園の菜の花、満開、白く色褪せている花もあり。

11031201_2

隋心院の梅、咲き始めで全体はチラホラ、見事に咲いた木が2本  

11031202

勧修寺の梅もまだ少し早い、カワセミは飛んで逃げ隠れる姿を見たのみ。  

11031203

城南宮の枝垂れ梅は満開  

11031204 

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

掲載自粛

 昨日の午後、仕事中に長い揺れがあった。私は直ぐに気付かなかったが、周囲で”地震や”との声があり、天井からぶら下がっている職場の表示プレートがゆっくりとした周期で長い時間揺れているの見て気付いた。社内Webの安否情報の連絡の掲示板に関東や東北からの書き込みがぞくぞくと入る。家に帰ってTVを見ると津波のすごい映像が流れる。何とも言えない気持ちで食い入るようにTVを見ていたが、逃げる車に津波が襲い掛かる、波に流される漁船が煙突から黒煙は吐きながら津波に垂直に向かっていく、コツコツと働き築き上げた物が一瞬の間に消えて行く様子に、多少の蓄えで定年後の気楽な人生を考えていた身に衝撃が走った。京都では津波の心配は無いが、大地震の可能性はある。これまでの苦労が一瞬の内に消え去ればどうなるのか・・・・、私の年齢になれば一からの出直しは無くケセラセラしか無いのであろうか?

今日も朝からTVでニュースを見ていたが、見ていても何にもならないので8時頃に菜の花、梅の撮影に出かけた。気持ちは重く周りの人も同様に思え、まったく楽しくなかった。災害に合われた方にお見舞いを申し上げると共に、亡くなられた方のご冥福をお祈りし今日は写真の掲示を自粛します。

次は我が身かも知れない。しかし、天災はどうしようも無く、生きている間に人生を楽しむしか無いような・・・・・・・・。20数年前か、どこかの宗教の教祖の言葉がカーラジオから流れていたのを思い出す。”今や今やがな、今しか無い”、人生今が無ければ将来も無い。

移動:車、地下鉄  天気:晴れ後曇り  D700:226枚、D300:201枚

| | コメント (0)

2011年3月10日 (木)

カメラD700はD7000の間違いで修正しました。 3/11 

西の夜空を見ると綺麗な三日月、カメラリュックにD7000に328+1.7倍テレコン装着が入っていたので三脚を取り付けて適当に撮影した。ほろ酔いで外は寒かった。

ISO:400、SS:1/200、M、ホワイトバランス:オート、ソフトで+0.5露出補正

110310

自宅  天気:晴れ  D7000:10数枚

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

腕時計Ⅱ

今日は、ウイスキーを飲みながら(ここ一年ぐらい飲まなかったが正月より復活、今年2本目のウイスキー)、勤続20年の記念で会社からもらった腕時計を撮影した。5年ぐらい前に電池が切れ動いていないが記念に置いている。今は勤続20年、30年の記念品贈呈の制度が無くなっており、30年の時には何ももらえなかった。もちろん記念品をもらうより給料を上げて欲しかったの言うまでも無いが何ももらえないよりは良い。

まずはD700にマクロ105mmで撮影

11030901

続いて60mmマクロで撮影、好みによるがこちらの方が良い。次からマクロ撮影は60mmを使用するかな? 望遠が足らないのでDXのカメラ使用か、となると? 

11030902

| | コメント (0)

2011年3月 8日 (火)

腕時計

 先日、腕時計が壊れた。数年前に買ったカシオのG-SHOCK、それまでは十数年前に会社から勤続20年でもらったアナログ時計を使っていたが、大きくて少し重く防水性能が良くなかったので渓流釣りなどでは使用出来なかった。一度電池交換をしたが、そろそろ二度目の電池交換という時期に防水性能が魅力でG-SHOCKを購入したのだが、最初はデジタル表示に馴染めず使い分けていた。前の時計の電池切れがきっかけで以後常時使うようになったが、デジタルも慣れるとそれなりに良い。SOLAR時計で電池交換無しで長く使えるのかと思ったが、そんなに甘くは無かった。燃料電池(?)か液晶の寿命か故障か知らないが、約5年で動かなくなった。

11030802

修理はメーカーに送り返して7、8千円もかかる、おまけに取説を無くし時間が狂っても時刻合わせの方法が分からず(2度人に合わせてもらったが)、今でも3分ほど狂っていた。思い切って買い換えるかとポイントが貯まっていたヨドバシカメラに行った。今度も同じような外観のG-SHOCKを購入したが、6バンドの電波時計で時間合わせは容易。海外に行くことは無いと思うので6バンドも要らないが、あればあったで良い。9000ポイントを使用して1万3千円程度で購入、今度は何年持つのかな? 最初の腕時計は親に買ってもらったが、自分で購入したのは4個目である。時計は時間が分かれば良い、ロレックス・・・等高価な物は似合わないし、買うお金があればレンズを買う。防水ならポイントで買える程度で良かったかな・・・?  

11030801

D700にマクロをつけ撮影したが、手持ちのマクロ近接撮影は難しい。ISO800、f5.6、1/15、マクロ撮影の設定では無いなと思いながら適当に撮影した。

| | コメント (0)

2011年3月 6日 (日)

カワセミ  撮影不調なれど起死回生の一発

 今日は梅撮影で城南宮から梅宮大社・・・と思っていたが、朝に予定変更でカワセミ撮影に変えた。7:30頃に川に着いたが、散歩のオバサンに少し下流(いつものポイント)に居ましたよと教えてもらい急ぎ足で行く。最近、散歩の人にもカワセミの認識が高まったようで、よく教えてもらうことがあり助かっている。以前、3羽が下流に居ると教えてもらい急いで行ったところ、コサギ(カルガモだったかも?)が3羽いて苦笑いしたこともある。最近は見ることが無くなったが、当時はカワセミが3羽集まり、2羽が牽制し合うこともあった。

カワセミはいつもの場所で水面を見ていた。

11030601

しばらくして餌捕り開始するが水際の撮影を失敗し、これが今日の運気を逃す元だったのかも知れない。D7000に328+1.4倍テレコン(今日は撮影距離によって1.7倍と使い分けた)、三脚使用、特に難しい角度では無く、普段なら撮れていたはずである。

捕る餌が小さかったので何度も水に飛び込んでくれた。 

11030602

ミニホバ、これは撮れたが、もう少し横を向いて欲しかった。  

11030603

今日のホバの撮影機会はこれ一度、後は土手横低い位置で頭が見えただけに、私は見なかったが橋の下の暗がりの中だけだった。  

11030604

水面に向かっての急降下前、この後は続かず。  

11030605

餌捕り失敗後、止まり木に戻る。  

11030606

今日も、下へ上へと何度も往復させられたが、出ずっぱりで動きもそれなりに良かった。しかし、撮影失敗の連続、土手で見えない場所にも数度飛び込み撮影不可の回数も多かった。

1時間ほど経ってから毛繕い、右の羽  

11030607

左の羽・・・・と何度も繰り返す。  

11030608

これで休憩かと思えば、移動して直ぐに飛び込む。ドンピシャでは無いが撮れた1枚、後ろにゴミがもろに入る。

11030609

公共の憩いの場所、誰が来ようが常識外れで無い限り何をしようが自由な場所だが、ゴミの廃棄と愛犬の糞のほったらかしは止めなさい! 何かに付け、自分勝手でモラルが低過ぎる人が時々居るが困ったもの・・、と今日の数少ない1枚を台無しにされて怒る。

奥目のカワセミ   

11030610

ベリットを吐き、餌捕り戦闘モードスタンバイ  

11030611

いつもの橋の下で 

11030612

水に飛び込むが、なかなか出てこず見失ったかと思う  

11030613

頭を水面から出すが、長い潜水で驚いた  

11030614_2

久しぶりに大きな魚を咥えて飛び出すところを撮影する。  

11030615

ピントは少しあまかったがそれでも良い。  

11030616

アンシャープマスクでかなり修正するが・・・・?  

11030617

こちらは、それなりに合っていた。  

11030618

背景が明るい水面に代わり、バックが完全に白とび

11030619_3

コンクリの土手への着陸態勢をとる。  

11030620

この後、魚を飲み込むのにかなりの時間がかかっていた。  

11030621

今日は不調だったが、この撮影が起死回生となり満足した。

当分動かないであろうと下流に向かう。最近、下流ポイントで♀を見かけなくなったと聞くが、居るところには居る。しかし、あまり撮影していない♀なので特長を知らず、この鳥かどうかは私には判らない。  

11030622

その後しばらくして下流ポイントに行くと、♂が餌捕りモードに入っていた。時刻は12時過ぎ、カメラマンは皆帰ったようで私一人だった。  

11030623   

何度か餌捕りを披露してくれたが、ことごとく撮影失敗、今日はアカンで引き上げる。粘れば良いところが撮れたと思うが疲れていた。

11030624

下流ポイントのカワセミも綺麗と再認識する。上流のカワセミに比べ若く威勢が良いのかも知れない。川底の色が変り、自分の好みに合う色に撮れるようにも思う。  

11030625

移動:歩き  天気:晴れ後薄曇  D7000:402枚

| | コメント (2)

2011年3月 5日 (土)

今津のザゼンソウ、勧修寺の梅

 昨日の京都の朝は雪、滋賀北部の今津ではかなり雪が降っただろうと思い、朝から顔を出すザゼンソウ狙いで行った。

狙い通りだったが、今年は開花が遅いのか花の状況はもう一つだった。

11030501

開いて胞子が見える花を選んで撮影したが、まさに雪の中から顔を出すである。  

11030502

日が差していなかったので撮影は難しかった。ザゼンソウは暗く、露出プラス補正で明るくすると雪が白とびして雰囲気が出ない。今日はD300に70-200mmf2.8VRを使用した。  

11030503

まだ開いていない花が多かった。  

11030504

毎年、綺麗に開いている水溜り、左の花の頭が潰れている。  

11030505

根に熱を持つとかで、周囲の雪は解けている。  

11030506

撮影出来る場所の方に向いて綺麗に開いている花は、数えるほどしかなかった。  

11030507

黄色い花粉が貯まっている花も数輪  

11030508

この花は綺麗だったが、もう少し上を向いていて欲しかった。  

11030509

側で撮影していた人から、数日前に花が咲く立入禁止の場所に長靴を履いて入った輩が居ると聞き驚いた。芽を踏んで歩いたために衣の上が潰れている花があると言っていたが、花を撮りたいために立入禁止の場所に入り別の花を踏んづけるとは”禄でも無い野郎”がいるものと驚く。野鳥撮影も同様で、先日大阪城でトラツグミを撮っていた時だが、立入禁止のロープの中に夫婦が入りトラツグミを追いかけ回したために、撮影しやすい場所から木の茂みに追いやってしまったと若いカメラマンがかなり怒っていた。いずれも撮影マナーがうんぬん以前の事である。

花の状態はもう少し日が立ってからの方が良かったのかもと思いながらも、雪の中から顔を出すザゼンソウを撮れたので良かったのであろう。京都に帰る前に、前から一度撮影したかった古刹酒波寺の雪景色を撮りに行った。

箱館山麓は一面の雪  

11030510

酒波寺、もう少し雪が欲しかった。桜撮影で来るつもり。  

11030511

11時頃に自宅に戻ったが、天気が良かったので勧修寺のカワセミの状況チェックを兼ね梅撮影に行った。カメラはD3に代え、レンズは16-35mm、50mmf1.4(唯一のシグマ製)、2倍テレコンを追加した。

梅は残念ながら三分咲きといったところ。  

11030512

梅も今年は遅いようである。  

11030513_2

天気が良くて、色は綺麗に出たと思う。  

11030514

50mmで梅の花を撮る。もちろんトリミング  

11030515

久しぶりの50mmレンズでの撮影、絞ればキレが良い。開放で夜景を撮影したくて購入したが、私の好みでは開放はシャキとせず使えない。  

11030516

カワセミは、臆病なオスの姿を見たのみ。カワセミ狙いのカメラマンが一人居たが、聞いた話では、先週2羽出て1羽は動きが良かったとのこと。川のカワセミも時々入るのだろう。

川に行くとカワセミは勧修寺の方に飛んで行ったとのことで入れ違い、私が帰ってからサービスしまくったのかも知れない?

かなり待ったが姿見せず、帰ろうと上流に向かった時に登場で少し居残る。D3に200mmと2倍テレコン、撮れるが今日は証拠写真のみ。水面にピントが取られた。  

11030517

川底が綺麗になっていた。この場所の常連さんの話では、赤い藻(苔 ?)が流されて綺麗になったとのこと。  

11030518

これは、ピントが合ったと思ったが?  

11030519

動きがもう一つだったので引き上げた。

支流の様子を見にいったがカワセミ反応無しで引き返す。出合いあたりで中域のカワセミ発見(最近上流で見かけることが多くなっているが)、驚いたことに支流をかなりのスピードで上っていった。ついてゆく体力無しで帰る。

移動:車後歩き  天気;曇り後快晴  D300:125枚、D3:110枚、P6000:27枚

| | コメント (0)

2011年3月 4日 (金)

雪や~ 雪景色撮影だ~ D3が落ちた

朝いつもの時間(5:30)に起きソファーに座ってTVを見る。しばらくくつろいぎトイレに入って一分張りした後顔を洗う。朝食は会社の売店でパンを買って食べるので、出勤のため服を着替える。いつもの生活パターン、ガラス戸(スリガラス)を開けて外を見ると雪景色、これがいつもと違った。”雪や~ 早朝の祇園白川の雪景色撮影だ”ということで、1台前の地下鉄に乗らねばならぬ、慌ててカメラを取りに行く。書棚に防カビ剤と防湿剤を居れ、2段にカメラを置いているがD700を取り出そうとした時に、ストラップがD3に引っかかり床に落ちた。胸のあたりの高さからの落下で一瞬凍りついたのは言うまでも無い。直ぐに電源を入れたが正常に動作しているようだったので、チェックを兼ねて28-300mmズームを装着して家を出た。いつも就業開始時刻の30分前には入社しているので、いつもより1台早い地下鉄に乗れば撮影は十分出来るが、ゆっくりしていれば朝食の時間が無い。

祇園白川は、薄っすらと雪化粧、雪はちらつく程度だった。

11030401

雪が、満開?(ゆっくり確認しなかった)の枝垂れ梅に積もる 

1103040101

赤い山茶花に雪は似合う  

1103040102

笹に積もる雪も風情がある  

1103040103

ここはお気に入りの撮影場所、道にも雪が積もっていれば良かったのであるが  

1103040104

枯れた木の枝にともる雪、白い花が咲いているようだ?  

1103040105

後ろのビルが邪魔  

1103040106

通勤途中でなければゆっくり撮影出来たのだが、仕事現役のつらいところ。  

110304017

雪の降りが強くなってきた

11030402

未練を残しながら後にする。再来年はゆっくりと・・・・?  

1103040201

湿った雪が吹雪く 三条大橋の上から   

1103040202

移動:通勤途中  天気:雪  D3:55枚

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

カワセミ色々

 地元山科のカワセミ、2年ほど前の大晦日に何羽居るかと歩いて数えたことがある。その時は勧修寺の2羽を含めて10羽を数え探せば居るものと驚いたことがあるが、行く所へ先に移動していたのかも知れない。今年は、当時に比べ不調(出が悪く、サービスも少ない)だが、数を確認するとそれなりには居るものと再認識した。もちろん、同じカワセミが違う場所に出没しているかも知れないが?

支流の昨年末から休日にしばらく通ったポイントのカワセミ、最近は上流に移動しあまり見かけなくなり(この辺りで撮影しているカメラマンからも先日聞いた)、あまりこの場所へは行かなくなった。

11030201

少し下流に居た動きの少し悪いカワセミ(色は綺麗)、これが最近上流に来る様になったようである。  

11030202

これは、雪の日に見たメスのカワセミ、私にとってはこの時一度しか見ていない幻のカワセミだが、支流の下流域にたまに出ると聞いている。この時上流に様子見にきたのかも知れない。  

11030203

勧修寺近くの♀のカワセミ、昨年の初夏に勧修寺に雛を連れて出てきた親であろう。昨年の夏頃だったか♂のカワセミと並んで橋脚に止まるところを撮影したが、体があきらかに大きかった。  

11030204

同じ場所の♂、上の写真の♀の子供? 夏頃に比べれば色が綺麗になっているが、まったく別のカワセミかも?  

11030205

名神下の近くでよく見かけるカワセミ。  

11030206

勧修寺にいる臆病なカワセミ君、少しは人に慣れて欲しい。桜のシーズンになれば観光客が多くなるので必然的に慣れるであろう。  

11030207

これが、今撮影で追いかけているカワセミ、多分昨年の夏頃まで勧修寺で撮影していた♂と思う。過去の勧修寺で撮影した写真、人馴れした大胆な動きを見ているとそうとしか思えない。その頃は、勧修寺近くの川にもよく出ていたようであるが(私は勧修寺で帰ってくるのを待っていた)、その場所を子供に譲ったのかも知れない。当時は、上流で見る機会はほとんど無かった。ただし、休日しか知らないが? もうしばらくすれば勧修寺に戻るかも知れないと期待している。  

11030208

最上流の♀(と思う)、どこから出てきたのか分からないが9月頃に初めて見た真っ黒けだった子供と思う。後ろを車が通るので撮影場所としてはあまり好まない。夕方に様子を見に行くだけ。  

11030209

自分の想像で勝手な事を書いているが、後一ヶ月で桜のシーズン、勧修寺でのカワセミ復活を期待している。最近、あまり行っていないので復活を知らないだけかも知れない。川での動きのあるカワセミ撮影は楽しいが、花がらみや緑の中の絵になるカワセミ撮影が良い。

カワセミは居らんときは歩いて探すしかない。しかし、探しても居らんときは何処に行っても見つからず、とことん歩くしか無い。軽い機材を持ち歩くか、体を鍛えるか、重い高価な機材で撮影してもブログに貼る程度の写真では大した差無しで自己満足の世界になる。ならば、色々な場所で色々な場面を撮影したいと思うが・・・。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »