« カワセミ 出も動きも良かったが撮影技術が・・・? | トップページ | 桜2011 Ⅱ 桜はまだ早い »

2011年3月29日 (火)

古いお寺にただひとり

 最近、心に残る歌が少ない。唯一、心に残りYouTubeでお気に入りに登録して時々聞いているのが、一青窈の”かざぐるま”、映画の主題歌と思うが、一昨年あたりに映画のコマーシャルか何かでTVで流れていた曲と思う。古い歌では、今も心に残っている曲は多い。チューリップの”夕陽を追いかけて”、中島みゆきの”ほうせんか”、河島英五の”旅の途上” ・・・・・・、チェリッシュの”古いお寺にただひとり”もその中の一曲、学生の頃のヒット曲である。その頃、好きだった寺は、京都では、曼殊院と南禅寺、奈良では室生寺だった。最近も一人で頻繁に古寺の勧修寺に行くが、静けさを求めではなく、カワセミを求めてである。ただし、冬場は動きのあるところばっかり狙うので川に行く。

川では、カワセミのサービスの良い場所はカメラマンが多いが、私はカメラマンの少ない場所に行く。風景撮影で人の多い観光地での撮影に慣れており、カメラマンの多いのが嫌な訳では無く、ただ家に近いという理由だけである。居なければ探して歩く。古いお寺は、その終着点で、カワセミが出続けてくれれば良いが、出ない時の方が多く、退屈な時間を持て余すことが多い。また、出が良くても日陰が多く、木の繁みが邪魔、池ではあまり近づけないということもあり、飛び物の撮影には適していない。ましてや団体の観光客が入ってくれば最悪である。それでも行くのはお寺の雰囲気が若い頃から好きなだけ。

日曜日に撮影したカワセミ止まりものです。

110327101

  

110327102

  

110327103

  

110327104

  

110327105

  

110327106

  

110327107

毎年、同じような止まりものの写真ばかり撮って、よく飽きないなと思っています。

明日は、特別休暇の遊休、カワセミか、桜(まだ早いか?)、それとも久しぶりに家でごろ寝か?

|

« カワセミ 出も動きも良かったが撮影技術が・・・? | トップページ | 桜2011 Ⅱ 桜はまだ早い »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ 出も動きも良かったが撮影技術が・・・? | トップページ | 桜2011 Ⅱ 桜はまだ早い »