« 桜2011 Ⅲ 祇園白川の枝垂れがようやく見頃 | トップページ | 花粉症? »

2011年4月 2日 (土)

桜2011 Ⅳ 井手、宇治、醍醐、山科周遊

 今日は朝から桜巡り、ネットで見る桜情報の当てにならないことこの上無し。桜情報はソメイヨシノを対象にしており、この時期に満開になる枝垂桜の情報ではないので当たり前か。

最初に行ったのは京都南部井手の地蔵禅院、JR奈良線の玉水駅で下り徒歩で約1.5kmの道程、住宅街の坂道を歩き、開けた場所を少し歩くと山の麓高台に3本の枝垂桜が見えた。

11040201

期待通りの満開、円山公園の枝垂桜と親戚の樹齢約280年の桜。  

11040202

菜の花を入れての撮影、この桜撮影の定番ポイント。  

11040203

ここ数年、毎年来ているが今年は人が少なかった。  

11040204

木津一帯を見下ろす。  

11040205

少し下にある2本の枝垂れ、これも満開  

11040206

下からの撮影、朝の9時前日当たりの条件が少し悪い。一年に1回しかこない場所、今年も満開でよかった。  

11040207

京都市内に行こうかと思ったが止めて宇治で下り、平等院に行った。枝垂れが1本咲いていたが7分咲きぐらい。  

11040208

観光客が多く、多少撮影に手こずる。  

11040209

中ノ島公園に行く。船着場の屋形船には昼食のお膳が並べられていた。  

11040210

残念ながらソメイヨシノは、チラホラという状態  

11040211

枝垂れは満開だった  

11040212

逆光気味での撮影  

11040213

ソメイヨシノは、この状態  

11040214

宇治の後は醍醐寺に行った。満開前かと思っていたが、枝垂れは満開であった。

まずは霊宝館に入って直ぐの枝垂れ。  

11040215

目当ての大枝垂れも満開、24mmでは入り切らず。  

11040216

これまで撮影した桜では、根尾谷薄墨桜、仏隆寺の千年桜、大野寺の枝垂れ・・・・、と色々見事な桜があるが、この桜が一番である。枝の端から端までの大きさ、花の量ともにNo1と思う。  

11040217_3

運良く、今年も満開だった。  

11040218

24mmでも少し横からなら、ほぼ全景が入る。  

11040219

直ぐ横の枝垂れ、これも大きい。  

11040220

三宝院の枝垂れ、数本の木があり内側から撮影する。  

11040221

全体を撮りたいが、人が多くて撮れず。下をカットする  

11040222

裏からの撮影、初めてと思う。  

11040223

仁王門前  

11040224

五重塔前の枝垂れ  

11040225

五重塔を背景に撮影する。定番撮影  

11040226_2

五重塔近く  

11040227

金堂前の枝垂れ、花が小さい

11040228

大石神社へ行こうと思い、歩いて山科に入る。

疲れたので休憩するため勧修寺に行くが、こちらは咲き始めといった状況で桜撮影は十数枚でやめる。カワセミの声が聞こえ、カワセミ撮影に予定変更するが、出も撮影結果ももう一つ。歩き疲れたので、大石神社は止め、2時半頃に勧修寺を後にして川沿いを歩いて帰った。  

11040229

今日の野鳥、まずはツバメ  地蔵禅院近く

11040230

ジョウビタキ♂、まだ居るようである。玉川沿い  

11040231

最後は、勧修寺のカワセミ  

11040232 

移動:地下鉄、JR、歩き  天気:晴れ  D700:488枚、D7000:309枚 

|

« 桜2011 Ⅲ 祇園白川の枝垂れがようやく見頃 | トップページ | 花粉症? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜2011 Ⅲ 祇園白川の枝垂れがようやく見頃 | トップページ | 花粉症? »