« 大阪ステーションシティー | トップページ | 睡蓮 »

2011年5月24日 (火)

アオサギ

 最近、2年前の戸隠でのアカショウビンの撮影記録のアクセス数が昨年以上に増え驚いています。あの時は、D90に80-400mmズームでの手持ち撮影でしたが、存分の撮影が出来ました。そろそろ各地で声の聞ける季節になり、今年も6月に行く予定ですが、出会えるかどうかは運しだい、撮れても撮れなくても自然の中での野鳥撮影は楽しいものですが、くれぐれも現地で自然と接する時のマナーを守り撮影を楽しみましょう。立入禁止場所には決して入らない、狭い通路で長時間三脚を大開にして居座らない・・・・・・、そして、仲間内でデカイ声でわめかない。特に撮影地を決して喋らない撮影自慢に撮影機材の自慢、後ろで”俺なら400mmズームみたいな腐ったレンズはほる”てなこと。ニコンの400mmズームなら撮れるわい・・・。ともに戸隠での話ではありませんが(山本山と能勢)、自然の中で喋るなら話の内容はともかく、テンションを上げず普通に喋ってください。謹んでお願い申し上げます。

ということは置いておいて、今日は土曜日に撮影したアオサギを掲載します。ゴーヨンにD3での撮影です。

幼鳥が巣の近くで羽を広げ風に乗る練習を行う。

11052401

アオサギはデカイ、近いと入り切らない。当然、顔のピントはずれる。  

11052402

親鳥は、巣の補修のため頻繁に枯れ枝を咥えて巣に戻る。  

11052403

かってはアオサギも撮影対象だった。   

11052404

何をしているのか?  

11052405

|

« 大阪ステーションシティー | トップページ | 睡蓮 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪ステーションシティー | トップページ | 睡蓮 »