« GW五日目 カワセミ 5時間待たされて | トップページ | GW六日目 早朝のカワセミ探しに福来る »

2011年5月 4日 (水)

5月2日撮影の上高地の野鳥

 今日は、会社職場の休日電話当番とういことで自宅周辺待機、携帯電話を持って出れば近場の散歩ぐらいはOKと解釈しており、早朝の6時半出発でカワセミ探し、9時には自宅に戻ってきた。カワセミ探しの成果は、たっぷり時間があるのでゆっくりと写真を整理してから掲載するとして、上高地の野鳥を掲載します。

黄砂の影響で風景撮影はもう一つだった上高地も野鳥撮影には影響は無かった。ただし、野鳥の出はもう一つ。

まずは大正池のオシドリ夫婦、遠かった。

110502101

コガラ 

110502102

川中のH鋼の錆びた残骸にカワガラスが止まり、馬の前足立ちのポーズ  

110502103

ちょっとすまし顔  

110502104

極普通のポーズ、後ろのH鋼が邪魔、なぜこんな物が梓川の真ん中に?   

110502105

河童橋近くのゴジュウガラ、”フィー、フィー・・・・”大きな声で鳴くので見つけるのは容易  

110502106

よく反る鳥である。  

110502107

180°回転させるとイナバウアー、少し古いか?  

1105021071

観光客は多かったが鳥撮影者は私一人で追いかけるが、この鳥は餌を捕りながらマイペースで移動しているだけ、かなり近づいてくることもあり近距離でも撮影出来た。人が少ない場所なら、近づけば直ぐに逃げると思うが、観光地の人の多い場所に現れる鳥は違うようである。 

110502108

ノートリ画像  

110502109

続いて川原に居たルリビタキ♂  

110502110

この鳥も近づくと逃げるが、周りをぐるぐると移動するのみ、あまり遠くへは飛ばなかった。移動の最中に餌を捕る余裕もみせる。  

110502111

最後はエナガ、動きが早いので移動先を予測して先まわり、近づいたところを撮影。  

110502112 

手持ち撮影の利点をいかした撮影、まあこんなものか  

他にルリビタキ♀、ミソサザイ、ホオジロ(?)を見かけるが撮影出来ず。今回、ゲラ類は鳴き声はおろか、森の中でのドラミングの音さえ聞けなかった。夏鳥は5月半ば以降かな?

|

« GW五日目 カワセミ 5時間待たされて | トップページ | GW六日目 早朝のカワセミ探しに福来る »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW五日目 カワセミ 5時間待たされて | トップページ | GW六日目 早朝のカワセミ探しに福来る »