« GW四日目 上高地日帰り 黄砂に吹かれて | トップページ | 5月2日撮影の上高地の野鳥 »

2011年5月 3日 (火)

GW五日目 カワセミ 5時間待たされて

 今日は朝からカワセミ撮影に行った。開門前の9時に着いたが、既に気心の知れたカワセミ撮影仲間が数人居た。皆カワセミ大好き人間で、カワセミ以外の撮影にも力をいれるのは私ぐらいであろう。朝一番、カワセミが居ることを期待して入るが、今日もダメだった。

ならばといつも通り花撮影からスタート、カキツバタが増えていた。

11050301

ボタンザクラは、花が残っているが終盤。  

11050302

ゴイサギが巣を造っているのか、木の枝を咥え何度も飛んでいた。  

11050303

枝を咥えずに場所を移動した瞬間  

11050304

体が大きいだけに、カワセミに比べ撮りやすい。  

11050305

ゴーヨンにD3、テレコン無しで撮影したが、最近、寺ではこの組み合わせでないと結果がもう一つ、D7000でも再挑戦するつもりである。  

11050306

アオサギが雛(といっても大きいが)餌を与えていた。飲み込んで運んで来るのか魚の姿が見えず。雛が親鳥の嘴を噛んでいるので餌を与えているのかと思う。この後、頭を下げるので、給餌の瞬間が見えない。  

11050307

今日もアブ(蜂?)撮影に挑戦、前からの撮影。  

11050308

多少撮影が上手くなったか? カワセミの出が悪いので練習時間は豊富。  

11050309

今日は、花入りもあります。  

11050310

カワセミは、姿を見せずで仲間との談笑に明け暮れる。昼過ぎに一人が川へ、その後、遠方のカメラマンはサウナへ、大御所も諦めて引き上げた直後の2時過ぎだった。カワセミがさっそうと登場。

”待ちかねたぞ~”、”えらいすんまへん川で忙しかったもんで、ちょっとサービスさせてもらいまっさ”ということかどうか知らないが、少しの時間サービスしてくれた。  

11050311

しかし、運悪く観光客が多く、カワセミ登場でほんのすこし騒がしくなったので、近いところでのサービスは悪かった。  

11050312

水から頭を持ち上げた瞬間、この後はピントが続かず。  

11050313

飛び出す瞬間がピンズレの巻  

11050314

遠方過ぎて超大トリミング  

11050315

近くであればと思うが、近ければピントを外しているかな?  

11050316

ロングホバも見せてくれた  

11050317

遠かった  

11050318

しかし、何とか撮影出来てよかった、よかった。  

11050319

この後カワセミは、”川に帰りまっさ~”と言わんばかりに、川に向かって飛んで行ったが、本当に川に行ったかどうかは定かでない。最近、寺近くの川も調子が悪いようで、カワセミが何処に行くのか、カワセミカメラマンの謎である。川より東の方から飛んできたという話もあるが、山科のカワセミは何処へ? 伏見かな?、ならば山科に戻っておくれやす、山科生まれやろ?

この後も1時間少々待ったが、再び姿を見ることはなく4時に引き上げた。今日は、7時間踏ん張った。  

11050320

移動:車  天気:曇り  D3:181枚

|

« GW四日目 上高地日帰り 黄砂に吹かれて | トップページ | 5月2日撮影の上高地の野鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW四日目 上高地日帰り 黄砂に吹かれて | トップページ | 5月2日撮影の上高地の野鳥 »