« カワセミホバ | トップページ | カワセミ絶絶・・不調、今日の主役は鷺 »

2011年6月18日 (土)

白馬栂池自然園  二泊三日の信州撮影旅行 三日目

 三日目(6月15日)の朝、多少アカショウビン2羽狙いに未練もあったが、山と水芭蕉狙いで白馬栂池自然園に行くことを決める。

ホテルの窓から外を見ると、朝日が山から顔を出し直ぐ上の雲に隠れる。綺麗だったの撮影しようと思ったが28-300mmズームは車の中、328手持ちで撮影した。WBの関係か違った色になる。

11061500

白馬には6時半頃に到着、ガスがでていたので雲海の上の山が撮れるかもと思い反対の山の上に車を走らせた。残念ながら、雲海は無くガスは街の直ぐ上空だけだった。  

11061501

白馬大雪渓  

11061502

7時20分頃にゴンドラ駅に到着、7時運転開始と思っていたら8時からだった。近くにニッコウキスゲが綺麗に咲いていた。

11061519  

切符売り場で自然園はまだ雪の中ですと聞き、長靴(磯ブーツ)とサングラスを車に取りに行き、ゴンドラに乗った。約20分、栂の森でロープウエイに乗り自然園に到着、平日ということもあり人は少なかった。

自然園に入り看板を入れて1枚

11061503

水芭蕉の咲いてる場所は雪が融け花が咲いていたが、花は少なく一週間後ぐらいの方が良かったようである。 

11061504

小さな川沿いの群生、残念ながら綺麗な花が少ない。  

11061505

バリアフリーの木道を歩きビジターセンターを見る。  

11061506

綺麗な水芭蕉を探し撮影する。  

11061507

葉が出ている花を探したが、綺麗なものは見つからず  

11061508

小川を背景に撮影するが葉の出方が中途半端  

11061509

木道も水芭蕉の咲いている所以外は雪に隠れているところが多かったが、自然園はまだまだ一面雪に埋まっていた。雪の色茶色い、ここにも黄砂の影響がでているのか?  

11061510

ワタスゲ湿原  

11061511

ぽっかりと雪が融けた場所があり、ミズバショウが群生していた。  

11061512

ここの水芭蕉は多少綺麗に思った  

11061513

先は雪、ヤセ尾根展望台まで歩こうかと思ったが、今回は疲れていたのでやめた。帰る途中に、ローアングルで木道上から1枚撮る。  

11061514

ビジターセンター横に咲いていたシラネアオイ、ヤセ尾根の斜面には群生している。  

11061515

帰る途中、栂の森の湿地による。綺麗に咲いた水芭蕉が残っていた。  

11061516

リュウキンカの中に咲く水芭蕉  

11061517

ショウジョバカマとのツウショット 

11061518

11時半頃には駐車場に戻り、京都の自宅へ車を走らせた。

|

« カワセミホバ | トップページ | カワセミ絶絶・・不調、今日の主役は鷺 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミホバ | トップページ | カワセミ絶絶・・不調、今日の主役は鷺 »