« カワセミお立ち台の木の枝 | トップページ | 2011年 渓流釣りⅡ »

2011年6月30日 (木)

窃盗被害に合う

 過激なタイトルですが、撮影現場の話ではありません。

昨日の夜、故障していたクーラーの修理も終っていたので、9時半頃に涼しい中、角瓶のロックをチビチビと飲んでいた。駐車場のオーナーより、”車のNoプレートが盗まれています”との連絡が入り、”ハア~”と驚きながら駐車場にほろ酔いで行った。ちょうどお巡りさんが来て事情聴取が始まった。被害にあった車は道側の車2台、私の車は道から2台目だが隣の車が出ていたため、私の車が被害に合ったのであろう。2台とも前のNoプレートが取られており、お巡りさんの話では盗難車に付けるためで、前と後ろのNoが違っていても気が付く者はいないとの話だった。よくある事件のようで”指紋は残っていないと思います、取るのにアルミの粉をかける必要があり、車を傷つける可能性がある”とのことでそれも無し、あっさりと事情聴取は終わる。”写真を撮るので車の横に立ってもらえますか”と言われ多少ポーズもとる。ほろ酔い加減、反射的にとはいえアホですわ。

今日の朝は会社を休み、ディーラーにNoプレートの再取得を頼むが、警察の盗難届け受理番号がいるとの話をお巡りさんから聞いており、”11時頃には出ます”との事だったので、山科の最寄の警察に電話したが、2、3日はかかるとの事務的口調のそっけない回答、”昨日、遅くとも11時までには出ますとお巡りさんに聞いたんですが”と言うと”どこの交番に連絡されましたか”とぬかしよった。窃盗にあえば連絡するのは交番ではなく100当番(私が連絡したのでは無いが)、同じような事件が多いのであろうが、役所仕事の机座りの事務屋かえと諦め、日数がかかることを覚悟して後はディーラーに任せた。それにしても世の中には悪い野郎がいるもの、色々な窃盗事件を聞いても他人事と思っていたが、まさか自分が被害に合うとは思いもしなかった。人生、油断大敵、新しく取リつけるNoプレートは、前にもオプションのロック機構を付けてもらう。

Noプレートを外した愛車の面、二度と見ることは無いと記念撮影

11063001

11時前に終われば半休にして出勤するつもりだったが、終わったのが12時前で一日休暇とした。昼から家に居ても暑かったので、2時頃には勧修寺に行った。カワセミは直ぐには姿を見せず、まずはゴイサギ家族 

11063002

親、お父さんか、お母さんか判りません  

11063003

子供、足の色が赤くなっていない  

11063004

この鳥も同じ  

11063005

カワセミは、ずっと居たように思うが見やすい所にはなかなか現れてくれず。  

11063006

今日も近づくと直ぐに逃げた。

11063007

餌捕りシーンも撮影失敗  

11063008

帰りに川のカワセミを撮影、餌捕りシーンもあったが予測が外れ見事に失敗、今日は一脚を使用したが、手持ちなら撮れていたかも知れない。

11063009

移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ  D7000:93枚、P6000:1枚

|

« カワセミお立ち台の木の枝 | トップページ | 2011年 渓流釣りⅡ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミお立ち台の木の枝 | トップページ | 2011年 渓流釣りⅡ »