« 山の蝶 | トップページ | 川でカワセミを探す  »

2011年7月 9日 (土)

カワセミ物語? in勧修寺

 朝5時過ぎに目覚める。そろそろ早朝のヤマセミ撮影シーズン、昨日の夜は行くことを考えていたが、早夏バテでしんどかったので止めた。朝からHPの渓流釣り日記の写真整理をしたが、不調で書くことが無く片付かなかった。8時半前に自宅出発でカワセミ撮影のため勧修寺に行く。今日も一番乗りで入る、というより人はもう一人花撮影の人が居たのみでカワセミカメラマンは誰も居なかった。昼からは、常連さんが二人増える。

撮影ポイントに向かうが雛(子供)が居た。少し前に初登場したとは知っていたが、初見である。

11070901

この子供、近づくと直ぐ逃げるので臆病なカワセミの子供と思った。  

11070902

昨年の雛祭りの舞台に止まる。今年も期待したが再現ならず・・・。まだ可能性はあるかな?  

11070903

親登場  

11070904

今年の冬に寺を棲家にしていた臆病なカワセミではないようであるが、近づくと直ぐに逃げた。  

11070905

この親カワセミは動きが悪い。  

11070906

動くところを待っていると奥で子供が餌捕り(水浴び)を繰り返す。 

11070907

狙いは綺麗な親カワセミだが、動かないので仕方なく奥の子供を狙う。  

11070908

行った時には既に遅しで動かなくなる。動かなくなるとこちらも静の状態で、蚊に刺され痒くて悲惨なことになる。  

11070909

姿を見なくなったので蚊の少ない場所に移動、カメが”暑う~”とダレるが、陸のこちらはもっと暑く悲惨だった。人が少なく、カワセミ狙いも私一人、退屈な時間が続く。

11070910

再び子供が動き出したが、場所が悪い。それでも何とか撮影は出来た。  

11070911

今日は328に1.4倍テレコン(時には2.0倍)、雲台はBENROのものを初使用、使い勝手は思っていたより良かった。  

11070912

何度も飛び込んだが、飛び込む場所が悪く失敗の連続。  

11070913

それでも撮れただけマシ、ジャスピンは無かったが良しとする。  

11070914

しかし、この親子(前の枝が邪魔で撮れなかったが横並びもあったので親子と思う)、寺を本拠地とするのであろうか、カワセミが増えると撮影機会が増えるので歓迎だが、カワセミの世界に仁義とやらは無いのかな? いずれにしても親は昨年の雛祭りに出演した雛と思うが。   

11070915

親かな?  

11070916

後姿は絵にならないが、動きのある画像が少なかった。  

11070917

悲惨な姿で臆病なカワセミ登場  

11070918

やつれた姿を見ておもわず”どうしたん”と思うが、子作り、子育てに失敗か~?  

11070919

”姿はやつれても元気です!”と言ったかどうかは知らないが、もう一羽の親と追いかけ合いをしていた。どちらが追われていたのか?、このカワセミの方が見る機会が少なかったので追い出されたのかな、それとも川から休憩に来たのであろうか?  

11070920

寺のカワセミ、ここしばらくでは良かったと思うが、川の方が良かったのではないかとも思う。ただし、川の状況を知らないので??である。カワセミ撮影は良くても悪くても、冬は山科区の山科川と支流中心(寺でじっとしていると寒い)、夏は勧修寺中心(炎天下の川を歩くと暑い)、他の場所には行かないが、他の鳥なら何処にでも行きまっせ~。カワセミ撮影は、山科だけと決めている山科在住のカワセミカメラマンのしょうもない拘りです。

移動:車  天気:晴れ  D7000:282枚

|

« 山の蝶 | トップページ | 川でカワセミを探す  »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山の蝶 | トップページ | 川でカワセミを探す  »