« 真夏の花 蓮 | トップページ | 祇園囃子が聞こえる »

2011年7月12日 (火)

暑い!

 暑い、暑いとぼやいてみても涼しくはならず、夏は暑くて当たり前としか思うしかないが、子供の頃はもっと暑かった。クーラーなどなく扇風機も小学校の高学年の頃に我が家に登場し、それまでは団扇で仰いでいた。もちろん、夜寝る時は窓は開けっ放し、今のご時勢では考えられない。クーラー付きの電車(阪急)が登場したの京都に通いだしてからだったと思うが、クーラー車が駅に入ってくると喜んだことを覚えている。今は、エアコンの冷房が無ければ生活出来ず、冬も暖房が無ければ我慢出来ない。体は柔になっているのだろうが、医療の発展で平均寿命だけは延びている。

59年の人生で、中学生の頃に一度だけ熱中症(当時は日射病と言っていたが)になったことがある。夏休みの野球練習(クラブ)後の夜に、39.5度の熱が出て体が痙攣を起こした。翌日は練習を休み、その翌日は練習で再びら炎天下のグランドを走っていた。当時の常識は滅茶苦茶だった。”練習中はバテるから水を飲むな”と教え込まれ一切水を飲まず、練習が終わってから水道の蛇口に口をつけカルキ臭い水をがぶ飲みしていた。今なら、そのままあの世とやらに行くのかな、気を付けなければ。今日の写真は、9日に撮影したトンボです。

赤トンボ、子供の頃は真っ赤なトンボを見たことが無かった。ナツアカネは秋口に良く見かけ網で取っていた。

11071201

チョウトンボ、初めて見た(意識した)のは、数年前の亀岡の池  

11071202

シオカラトンボ、子供の頃から馴染み深い。

11071203

後はデンキトンボにオニヤンマ、ギンヤンマを見かける。虫取りに夢中だった子供の頃を懐かしくも思うが、今ではカワセミ撮影に夢中になっている。  

|

« 真夏の花 蓮 | トップページ | 祇園囃子が聞こえる »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真夏の花 蓮 | トップページ | 祇園囃子が聞こえる »