« 夏休み2日目 蓮に睡蓮 草津烏丸半島みずの森 | トップページ | 夏休み5日目 休日電話当番で自宅待機、撮影休み  戸隠の野鳥 »

2011年7月26日 (火)

夏休み3、4日目 戸隠のアカショウビン 鳴きはすれど姿を見せてくれず

 夏の信州撮影旅行、今回は1泊2日にした。最初は、初日乗鞍岳で二日目戸隠アカショウビンと予定していたが、前日の天気予報で寒気の影響により信州は両日曇りだったので、予定変更で最悪戸隠オンリーと思い戸隠へ先に行った。

<初日 昨日>  朝の3時半出発、長野市内で平日の渋滞に遭い戸隠着は9時、アカショウビン撮影時間は7~9時と昼前後とこれまでの情報と経験で想定していたので、朝の撮影には間に合わなかった。仕方なく待つが(待つしかない)、鳴き声が数度巣のある方向から聞こえたのみで、2時には諦めて他の鳥を撮影した。この時点で乗鞍岳行きは消え、翌日にかけることに決めた。

<二日目 今日>  松本のビジネスホテルを5時半に出発、7時前には戸隠到着、アカショウビンポイントに直行したが、数人のカメラマンが既にアカショウビンを待っていた。ポイントへ行く途中は、誰にも会わずで昨日も人が少なかったが、この時期の平日はこんなものかと認識した。アカショウビンの鳴き声は、同じ森の奥から頻繁に聞こえた。こちらに出てくるかと期待したが結局ダメだった。地元の方に巣のあたりから出てこない理由(推測)を聞かせてもらったが、アカショウビンの将来にとっては好ましいことでも、今日撮影したかった私にとっては最悪の事態、結局出てこないであろうと思い、12時半に撮影ポイントを離れ1時半頃に戸隠を後にした。近くに居るのが分かっていながら、立入禁止の森の中で入れない、地団駄踏んだのは私一人では無いであろう。管理されている自然公園では仕方の無いことで、次回(8月か来年かは今のところ?)に期待する。

アカショウビンなんて、京都市動物園を除けばどこへ行っても簡単に撮影出来ない。それ故可能性の高い戸隠森林植物園へ行くが、ここも確率は低く、過去3年で7日行って撮れたのは2日、時間はいずれも1時間弱。戸隠の森は広大、その中の極一部の遊歩道が整備された森林植物園で運がよければ遊歩道近くで撮れる。時間にあまり余裕の無い者にとっては良い場所であるが、京都からでは費用がかかる。今回、高速料金と約900kmのガソリン代+ホテル代を合わせ約3万5千円也、撮れればそんな事は吹っ飛ぶが、撮れなければ重くのしかかる。帰りの高速、気分がすぐれない初めてのアカショウビンオンリーの信州撮影旅行だった。涼しく、森の中にもかかわらず蚊に喰われなかったのが何より、夏の旅行は信州が良い。

ミソサザイが私の気持ちを表現してくれた。”愛い奴じゃ、近うよれ!”で近くによってくる。

11072501

移動:車  天気:両日とも曇り時々晴れ(まあまあ良かった)  D7000:213枚

 

今年の6月14日撮影のアカショウビンです。今年、もう一度撮りたいが、3万5千円・・・。車で寝る、あるいは日帰りなら2万7千円(松本からの高速代不要)となるがしんどい。複数人で行けば割り勘で安くなるが、撮影旅行は一人で思うがままに行動するのが良い。

11072502

|

« 夏休み2日目 蓮に睡蓮 草津烏丸半島みずの森 | トップページ | 夏休み5日目 休日電話当番で自宅待機、撮影休み  戸隠の野鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏休み2日目 蓮に睡蓮 草津烏丸半島みずの森 | トップページ | 夏休み5日目 休日電話当番で自宅待機、撮影休み  戸隠の野鳥 »