« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

夏のカワセミ

 夏のカワセミはヤマセミと違い羽の色が汚いが、秋になれば生え変わり綺麗になります。画像は、この夏の撮影ですが、色がやはりもう一つ。土、日の撮影が不調だったため、ネタが切れました。今週の更新はこれが最後です。

夏鳥の帰郷も始まり大阪城に色々な鳥が入ってきているようですが、この土曜日はヤマセミ、カワセミを諦めて行くかな? ”暑かったら広大な大阪城を歩くのが辛いので止めよう”、根性の無い野鳥カメラマンもどきの一言です。川に入っての渓流なら歩ける。

11082901

  

11082902

  

11082903   

  

11082904

  

11082905

| | コメント (0)

2011年8月28日 (日)

8月最後の休日は久しぶりのドライブ

 昨日は、バテバテだった。328+1.7倍テレコンにD7000を収納したリュックを背負い、手には三脚を持っての京阪宇治駅からの天ヶ瀬往復、炎天下の天ヶ瀬では3時間の立ちっぱなし、勧修寺で少し休んだが、その後の2時間弱の山科川での歩きにカワセミ撮影、今日は早朝から家を出るという気が起こらなかった。ヤマセミかカワセミに期待が持てれば、疲れなど気にせず撮影に出かけていたかもしれない。しかし、家に居ても暑いだけなので、D300に、28-300mmズームと80-400mmズームの2本のレンズを持って、9時頃にドライブに出かけた。節電には関係ないクーラーの効いた車の中は心地よかった。

湖西道路から途中超え・朽木経由で石田ダムへ、その後余呉湖から湖北、最後に三島池へ行き、米原から高速道で帰宅した。狙いを考えずに家を出たが、やはりカワセミ探しのドライブになってしまった。

今津を流れる石田川上流の石田ダム、ダムの直ぐ下、ヤマセミにカワセミがいないかと前から目をつけているが、居そうに無い。

11082801

20年ほど前に初めて来た場所で、その後何度か箱館山側から来ているがいつも水が少ない。  

11082802

ダム横の林道を走れば、淡海湖、カキツバタで有名な平池経由でビラデストに抜ける。走るかと思ったが、道が細くあまり良くないので、止めて国道から余呉湖に行くことにした。

余呉湖でカワセミを撮影したことがあるので行ったが、その場所はルアー釣りの子供が数人いたので、カワセミは諦めチョウトンボのホバを撮影した。向かい風でトンボが風に向かって飛ぶため撮れたのは後姿ばかり。暑かったので散策はやめ湖北に向かう。

11082803

カンムリカイツブリでも撮れないかと、レンカクを撮影した場所に行く。数十人居た場所も今は誰もいなかった。  

11082804

照りつける日差しが暑かった。蓮の群生地の外れにカンムリカイツブリが居た。  

11082805

歩いていると、道に大きな鳥の影が映る。上を見るとミサゴが低空を飛び去っていった。もう少し早く気が付けば、顔入りで撮れていた。  

11082806

最後に三島池に行ったが、曇り空で伊吹山も冴えない。  

11082807

アヒルがいたが、この時期カモは少なかった。冬になれば、わんさかと飛来する。  

11082808

少し、森の中を散策、ハグロトンボを多く見かけた。  

11082809

赤とんぼ(名前は知らない)を近距離で撮影。  

11082810

小さな池でカワセミが珍しく連続して着水していたが、姿をみるなり直ぐに隠れた。出てくるかと思い、少しの間待っていたが諦め、池を一周して引き上げた。

池には気持ち良さそうにカメが浮かんでいた。

11082811

移動:車  天気:晴れ、北部は曇り時々晴れ  D300:213枚

| | コメント (0)

2011年8月27日 (土)

疲れた~!

 カワセミ不調の中、躊躇することなく朝からヤマセミ撮影に出かけた。駐車広場にロープが張られ、車を止められないとの情報があったので、今日は京阪宇治駅から歩きで行った。8時過ぎ到着、しかし何と今日は12時まで待ったがヤマセミ現れず、諦めて引き上げ勧修寺に寄り、カワセミを待ちながらISO100で蓮の花を撮影し、十分木陰で涼んでから(? 行った目的と違う)、山科川でカワセミを探し5時頃に帰宅した。風呂に入ってビールを飲み、”疲れた~”としか思わなかったが、ビールは美味く小缶3本が一気に空いた。今日はかなり汗を搔き、着ていたシャツが汗臭くなっていたのが自分で分かった。

ヤマセミが現れず時間つぶしに撮影したカワセミ、遠すぎて話にならない。

11082701

しかし、ここのカワセミはアクティブ、ホバーに餌捕り、これが山科川であったならば・・・・  

11082702

ここのカワセミを見ていると、何故山科の(私の撮影地だけかも知れないが)カワセミが、夏になると姿を見る機会が極端に減るのか不思議に思う。  

11082703

遠くてトリミング大が残念  

11082704

しかし、よく川に飛び込んでいた。  

11082705

大トリミング、限度がある。  

11082706

ダム前の橋に立っていると、比較的近くに止まってくれた。  

11082707_2

しかし、撮影していると通行人も見る。人が少し増えるだけで逃げる。人馴れしていないのかな。  

11082708_3

大きな(細長い)魚を捕りよった。  

11082709

飲み込めないサイズと思ったが、何度か石に叩きつけ最後は咥えて対岸の見えない場所に飛んだ。飲み込んだかどうかは分からない。  

11082710

コウモリが飛んでいたので撮影したが、真昼間も飛ぶのかと再認識した。  

11082711

朝の内は釣り人が居らず好条件だったが、昼前に二人入ってきたので、飲み水が無くなったこともあり引き上げた。

そのまま帰ろうかと思ったが、もう一つスッキリせず、寺に寄りカワセミを待つ。ISO100で蓮を何枚か撮影したが、ここでも飲み水が切れ3時には引き上げた。

11082712_2

自販で水を買いカワセミを探しながら、川沿いを自宅に向かったが、一番幅の広い橋の下でカワセミ発見、対岸は暗いがこの冬の餌捕りポイントであった。白い糞の後が残っている。やはりカワセミは居るようで、こちらが発見できないだけのようである。このカワセミ、この冬楽しませてくれた蕎麦屋のカワセミと思うが如何に?  

11082713_2

下流に飛んだので追いかける。  

11082714

目を離した瞬間に餌捕りを行うが、飛び上がる途中でかろうじてピントを合わせることが出来た。  

11082715

ピントは甘いが、久しぶりの川のカワセミの餌捕りシーンの撮影で良しとする。  

11082716

コンクリの土手に止まる瞬間。 

11082717

小さな魚、一気に飲み込み再び下流に飛んだが、何故か直ぐに戻ってきた。二度目を行きそうな雰囲気があったが、なかなか飛び込まないので4時半頃に諦め帰路についた。  

11082718

最後に川のカワセミが撮れ良かったが、328に三脚を持っての歩きで非常に疲れた。

明日は何処へ?、山科のカワセミ不調の中、今日ヤマセミが撮影出来ていたら、明日もヤマセミとなっていたと思うが、どこに行ったら良いのやら分からず。川のカワセミ明日も行った時に居るとは限らない、天ヶ瀬のカワセミは確実と思うがまともな撮影は出来ない。明日起きてから考えよう。風景撮影で遠出が良いかも。

移動:地下鉄、京阪、歩き  天気:曇り後晴れ  D7000:305枚

| | コメント (0)

2011年8月25日 (木)

人気の無い猛禽

 昨日、ニコンから新しいデジカメの発表があるとの情報が流れ期待していたが、COOLPIXの発表のみでがっかりした。ソニーからすごいスペックのカメラの発表があったが、私には関係の無い話、レンズをニコンで揃えているからである。二コンなら間違いなく、会社帰りにキタムラに行き予約していたであろう。金は天下の回りものと言えない時期(年)になっているが、野鳥撮影専用にもう一つスペックの上のカメラが欲しい。DXでD3並みの高感度特性と連写性能の1600万画素機、もしくはFXでD3並みの性能の2400万画素機、ニコンの次の発表を期待しているが如何に?

常用ISO6400のD7000、高感度の画像はトリミングするとD3、D700に比べ悪い。風景撮影はD700で十分、夜景撮影で多少物足りないが頻度が少ない。ISO12800であれば言うこと無いが、夜景撮影には必要でも昼間の野鳥撮影では必要なし。

天ヶ瀬で撮影した人気の無い猛禽のトビです。何故かピントが合わなかった。

11082401

| | コメント (0)

2011年8月24日 (水)

ヤマちゃん

 先日、短時間で700枚程度連写しまくったヤマセミ、230枚ぐらいまで減らしましたが、あと半分ぐらいまで減らす必要あり。RAWで撮影しているため、容量が大きいからですが、今日は大トリミング写真を掲載します。幅約4900pixelの画像を1000~1200pixelにトリミングし900pixel(写真クリックで拡大する画像)に変換しています。前回と同じ元画像があるかも知れません。

今日は書き込みは無しとしますので、写真をじっくり見てください。ゴーヨンに三脚使用で、止まりものは大トリミングでも見れる程度に撮れていると思います。願わくば、もう少し近くに来て欲しい。

110824101

  

110824102

  

110824103

  

110824104

  

110824105

  

110824106_2

  

110824107

  

110824108

  

110824109

  

110824110

  

110824111

  

110824112

  

110824113

  

110824114

  

110824115

  

110824116

  

110824117

  

110824118

  

110824119

  

110824120

  

110824121

  

110824122

  

110824123

  

110824124

  

110824125

  

110824126 

| | コメント (0)

2011年8月23日 (火)

イソシギ

右に左にと飛び回っていました。

11082301

大トリミング 

11082302

この種の鳥はあまり撮りに行きません。川で見かければ撮る程度ですが、一度じっくり撮ってみるのも、良いかもとは思っています。  

11082303

| | コメント (0)

2011年8月22日 (月)

カワセミのボン

 野鳥ではカワセミをメインに撮っていますが、カワセミが居ても”カワセミが居てるな~”程度にしか思わない撮影地が2箇所あり、天ヶ瀬と湖北の山本山です。天ヶ瀬のカワセミは遠くて撮影にならないからですが、出はよく結構動いてくれます。山を越えて山科に来てくれないかと思いますが、魚の多さが違うかな。

大トリミング写真

11082201

ボンのようです  

11082202

右に左に飛び回っていました。  

11082203

2羽いましたが、追いかけあいで縄張り争いをおこなっていたのかも知れません。  

11082204

川岸に下りればもう少し大きく撮れるかもしれませんが、下りるとヤマセミが来ない。天ヶ瀬では撮影のため川岸に下りないのが紳士協定、下りて撮影する輩(一度見たことがありますが)は、上から石を投げられても仕方なしの撮影地です。 

11082205

ノートリ写真  

11082206

| | コメント (0)

2011年8月21日 (日)

スラリと伸びた美脚

 高いヒールにスラリと細くて長い足、スカートは股下数cm、”よろしおまんな~”。 ”ええ年して何を考えとんねん”と言われそうだが、美しいものは何でも好きな感性豊かなオッサンです。

しかし、この細い足は強靭なバネ、大きな図体を支えジャンプして舞い上がる。

11082101

今日は、4時を過ぎてから一時間ほど山科川を歩いたが、カワセミ見つからず。私の撮影場所のカワセミは不調なれど、適当にデジカメ撮影を楽しんでいます。秋の終わり頃から冬になれば、カワセミ撮影三昧になると信じていますが、その前に大阪城の夏鳥の渡り、山の紅葉、名所の紅葉・・・と、何でも撮影の休日カメラマンは忙しい。

| | コメント (0)

2011年8月20日 (土)

来たかヤマちゃん待ってたホイ!

 今朝も5時半の起床、昨日の夜は8時半に寝て、それほど暑くなかったこともあり、ぐっすりと寝れ体調は良かった。天気が心配であったが、カワセミ撮影のため7時前に自宅を出た。どんよりした曇り空、南の方が明るかったので、カワセミ前にヤマセミと思い立ち、まず天ヶ瀬に向かった。今日の撮影機材は、D7000にゴーヨン。

7時半に到着、川を見ると釣り人がおらず、今日はヤマセミ登場かなと期待して待つこと15分で登場、”来たかヤマちゃん待ってたホイ”である。

11082001_2

大岩の上でさかんに体を動かす。上流から飛んできたので、支流から出て来たところかも知れない、当然餌捕りを行うだろうと期待する。   

11082002

しかし、一度も水に飛び込まず木の茂みに隠れる。  

11082003

目の前に居るので出てくるのを待っていたが、1時間ほどしてそろそろという時にルアー釣りの若者二人が川に入り、ヤマセミの前あたり歩いて来た。ヤマセミは、飛んで下流へ逃げる。ヤマセミ撮影もルアー釣りもそれぞれの趣味、お互い相手に文句は言えない。”天ヶ瀬でルアー釣りしても釣れんで~、琵琶湖の方が釣れるのではないかえ”と言ってやりたいが、余計なお世話と言われるだろう。ルアーを投げることを楽しみに来ているのかも知れない? 天ヶ瀬のルアー釣りで、釣れているのを見たことが無い。この後、カヌーのような短いボートが入ってきて、”こりゃあかん”でカワセミかと思ったが、せっかく来たので少し待つことに。  

11082004

一時間半ほど待って、ようやくヤマセミが戻ってきたが、再び茂みに隠れた。日が差していなかったのでさほど暑く無く、出てくるのを待っていると、いきなり川に飛び込んだ。今度は、”出たかヤマちゃん待ってたホイ”である。一発目の餌捕りは失敗。  

11082005

コンクリの上から狙いをつける。  

11082006

二度目の飛び込みで、見事に魚を捕らえる。  

11082007

魚は小さかったが、久しぶりに魚を咥えた飛び物の撮影に成功。  

11082008

川岸の石に止まり、一気に飲み込む。  

11082009

魚が小さかったので、もう一度行くかと思ったが、水浴びに入った。  

11082010

カワセミ同様、水浴びは至近距離に飛び込むため、撮影しやすいが面白みが無い。

11082011

ヤマセミは大きく、動きがスローなため撮影しやすい。水に飛び込む瞬間の撮影も容易。  

11082012

水面に羽を広げて方向転換  

11082013

水から体を突き出す  

11082014

一気に飛び上がる。  

11082015

水浴びを何度も繰り返し、撮り応えはあった。  

11082016

ヤマセミは、水面に少しだけ体を突き出し、羽で水面を叩いて飛び出す。これまでに何度も撮影しているシーン。  

11082017

10回ぐらい水浴びをしたであろうか、やがてコンクリに上がり体を震わせる。  

11082018

水しぶきは見えなかった。  

11082019

20分ぐらいで再び茂みに隠れたが、小さな魚で体が持つのか?  

11082020

それから、一時間後に再び飛び出した。  

11082021

今度は大きな魚を捕らえる。  

11082022

体高のある平べったい魚、ブルーギルであろうか?  

11082023

何度も石に叩きつけ、飲み込むのに5分近くかかっていた。  

11082024

飲み込んだ直後、喉が大きく膨らむ。  

11082025

今度の魚は大きかったので、連続しての餌捕りは期待しなかった。水浴び開始 

11082026

何度かの水浴びの後、一旦大岩に止まる。  

11082027

その後、再び茂みに隠れた。  

11082028

茂みの一番下の太い枝に止まるのが見えたが、へたり込んでいる、こうなればしばらく動かない。天気が悪くなってきたこともあり、1時頃には引き上げた。  

11082029

今日のカメラマン、最初は私一人だったが最後は4名、初めてヤマセミを撮影したという方も居られたが、最近出が非常に悪いと聞く中で、ラッキーであったとともに、待ち時間の会話もはずみ、楽しいヤマセミ撮影の日であった。カワセミ飛び物も撮影したが、ここでは・・・・・。

移動:車  天気:曇り  D7000:799枚

<追伸>

今日のタイトルは、”来たか長さん待ってたホイ”をもじりました。この言葉は昔から知っており、長さんは巨人の長嶋のことと思っていましたが、ネットで調べると違っていました。もっと以前からある言葉のようです。

| | コメント (3)

2011年8月19日 (金)

夏バテ

 昨日の朝にクシャミ連発、20分ほどで収まり出勤したが、その後何事もなく一日が過ぎた。今日の朝もクシャミ連発し鼓膜がおかしい、鼻を摘んで圧をかけると直る風邪の症状。昼からの仕事の関係で出勤したが、今日はお役ご免とのことで半日休暇で帰宅した。地下鉄に乗るなり15分ほどぐっすり寝てしまった。昼にあまり寝すぎると、夜に寝れなくなるので、帰ってからの昼寝はしなかった。最近、風呂に入ると感じるが、血行の循環があまり良くないような気がする。クーラーの入ったり切れたりも体にこたえるが、もう一分張りで夏は終わる。しかし、夏が終わってもしんどいだろう。体力が益々無くなってきたのか、休日の遊びすぎが原因か(これは無いと思うが)、それとも年の割りに飲みすぎているのか。アルコールが一番の原因と考えるので、しばらく節酒するか。この時期、ビールは止めれない、小缶1本でどうだ。

月曜日に川で撮影したカワセミです。

ノートリ

11081900

これも手持ち600mm撮影のノートリ、雑草の中から顔を顔を出すが、止まるところを見ていなければ気がつかない。  

11081901

風が吹いて少し体が見える。大トリミング

11081902_2

カワセミが飛ぶ、9月には状況が急転することを期待しているが如何に。  

11081903   

| | コメント (0)

2011年8月18日 (木)

カワセミとトンボ

 カワセミの姿を見る機会が少なくなって久しくなるが、今の心境は”早く冬よ来い”である。冬は草が枯れてカワセミの姿が見やすくなる。今は、数も少ないと思うが、草に隠れて見にくくなっていることも原因の一つと思っている。京都のカワセミの姿を見た場所は、山科以外に鴨川、宝ヶ池、植物園、御苑、嵐山、広沢池、大沢池、大原、上賀茂神社・・・・数多くある。風景撮影で歩き回っているからであるが、天龍寺の曹源池で観光客の溢れた紅葉シーズンに見たのには驚いた。気付いたのは私一人か、居たとしても少数であろう。カワセミ探しの行脚に出ようかと思うがクソ暑い。少し涼しくなればと思うが、必要なのは軽量機材での手持ち撮影技術、レンズが・・・・、フォーカスの早いVR付の400mmズーム発表されないかな、何はさておき予約を入れるが。

手持ちで撮影したカワセミ♀成鳥にトンボが接近するの巻です。

”誰じゃ~、ペットボトルを投げ込んだのは?” 川、池、海、それにダムも加えて、水辺はゴミ捨て場では無い、ゴミはゴミ箱に捨てなはれ!

11081801_2

フォーカス速度は今の400mmズームより安定している200mmf2.8ズームに2倍テレコンという手もあるが、手持ちでは持ったバランスが悪く少し重い。  

11081802

| | コメント (0)

2011年8月17日 (水)

五山の送り火

 昨日の夜、五山の送り火を撮影した。五山がすべて見える場所、家でテレビで見るしかなく、”京都テレビ”の観賞である。点火される8時前に、カーテンを閉め部屋の明かりを消して待つ。見事な大文字が画面に映し出された後に、スタジオからの某歌手の歌には、京都の行事に”知床”に”琵琶湖”は無いやろうと、少しずっこけたが最後までTVの前から離れず見ていた。願わくば、来年は送り火の放映時間を増やし、BGMを流すなら歌詞の無いKITAROあたりにして欲しい。

最初に点火された大文字に、背後の赤い月のこのシーンには驚いた。

11081701

続いて妙・法、6箇所で火が点けられるが、妙法を一つとしているのかな?   

11081702_2

昔懐かしい松ヶ崎の送り火  

11081703

舟形、画面で少し見難かったのが残念、いい撮影場所がないのかな。  

11081704

鳥居  

11081705

左大文字、金閣寺の近く 

11081706

二十代半ば過ぎに一度だけ出町から見たことがあるが、暑くて帰りが大変ということもあり今は見に行く気がしない。クーラーを効かせた部屋で、飲みながら五山すべてを見るのが一番、”京都テレビ”さん、来年も宜しく頼みます。

しかし、液晶TVの画面を遊びで撮影したが、撮影出来るものと少し驚いた。ブラウン菅ならここまで撮影出来なかったであろう。カメラはD700、レンズは28-300です。

| | コメント (0)

2011年8月16日 (火)

盆休み最終日  外国産の蓮に睡蓮、その他盛りだくさん 京都府立植物園

 昨日、京都新聞を見ると府立植物園でオーストラリア産の蓮が花開いたという記事が掲載されていた。こういうものを目にすると撮影に行きたくなる性分、山科のマイ撮影地のカワセミがまったくダメということもあり、朝からすっ飛んでいった。予定は植物園で蓮を撮影して、帰りに動物園で今年最後のアカショウビン撮影、山科に帰ってカワセミ探索のにわか計画だったが、植物園の日陰が涼しく、一日(3時頃まで)植物園で過ごした。

お目当てのオーストラリア産の花は蕾+αの状態、もう一輪花弁が完全に落ちたのがあったが、新聞で見た写真は少し前のものだったようである。

11081601

残念、仕方なく他の蓮の花を撮影した。今日はカメラはD7000、花撮影ということで105mmマクロをメインにしたが、動物園でのアカショウビン撮影も頭にあったので80-400mmズームも持って行った。これが結構役にたった。  

11081602

少しピンクがかった蓮  

11081603_3

開く前、この状態も良い  

11081604

極普通に見られる開花の状態、オーストラリア産はいかなるものか見たかった。  

11081605

続いて温室前の外国産の睡蓮、睡蓮と言えば東南アジアや中東が頭に浮かぶ。カンボジアの遺跡の池の写真やアラビアンナイトなどの昔の映画に出てくる。  

11081606

少し離れた場所の花撮影は、300~600mmぐらいが欲しい。328の方が良かった。  

11081607

外国産睡蓮は、京都府立植物園より草津の水生植物園の方が数が多い。この蓮は初めて見たような?  

11081608

妖しげな発色が魅力の外国産の睡蓮、日本固有種は白い羊草のみかな?  

11081609

10時になって温室に入った。熱帯性の花は綺麗とは思うが、色がドギツクあまり好きでは無い。温帯性に住む日本人の私の好みではない。  

11081611_2

名前はすべて分からず。温室の熱帯性植物のゾーンは湿度が高く蒸し暑かった。  

11081612_2

こんな花もあり  

11081613

これは熱帯性ゾーンでやったかな?  

11081614_2

サボテンの花、温帯性乾燥ゾーン、蒸し暑さから急に涼しくなり体調がおかしくなる。  

11081615

ランか?  

11081616

水槽で泳いでいた熱帯魚  

11081617

30分ぐらいで外に出て池に行く。

人が岸辺に立つと、カメが顔を出し近寄ってくる。餌をやる人がいるようだが、それを学習しているカメ、脳みそがある証拠かな。  

11081618

ハグロトンボ  

11081619

カワセミが居たので撮影したが、ここも出が悪いようで手持ちでは撮影ももう一つ。  

11081620

しかし、今の勧修寺よりはマシだった。疲れたこともあり動物園には行かず、多少マシなカワセミを数枚撮れたこともあり、山科川にも行かず帰り、4日間の盆休みは終了した。かなり不満の残る4連休だった。  

11081621

今年の盆休み3日間、勧修寺のカワセミに拘ったのは、蓮の花どまりのカワセミ撮影の再現だった。移り変わる季節、その時々にしか撮れない写真を撮りたい。写真は2年前のもの、去年も踏ん張ったが撮れず、しかし時間は僅かだったがカワセミの姿を見た。今年は、まったく姿を見せずでどうなっているのか?  

110816101090815

一昨年、蓮の花・蕾に止まったのは雛の♀、3年(4年か?)前に止まったのも雛の♀だった。今年の雛(ただし♂)は、川が気に入ったようで諦めた。来年に期待するしかないが、戸隠でのアカショウビン撮影より、さらに確率は低い。  

110816102090816

おまけで6月に撮影したアカショウビンの写真を1枚。この連休行くかどうか迷ったが、居なければ何しにいったのか後悔すること間違い無しで止めた。コストパフォーマンスの高い鳥である。来年は白山麓で見つけて撮り捲くる。無理やろな・・・・、さらば、アカショウビン2011。 

110816103   

移動:地下鉄  天気:晴れ時々曇り  D7000:280枚

| | コメント (0)

2011年8月15日 (月)

盆休み三日目  久しぶりに川でカワセミを見るが・・・・

 今日は朝から用事で自宅に居たが、2時過ぎに手が空きカワセミ探しに出かけた。

川では今日もカワセミの姿を見ず、今日もササゴイを多く見かけた。

11081501

支流には行かず、お寺に入る。

三日連続であるが、1時間近く待ち三日連続でカワセミを見ることがなかった。カルガモを近距離撮影、ノートリ 

11081503

4時頃に諦めて川に戻ると、下流からカワセミが飛んできて鉄柱に止まる。しかし、こちらに気付いて直ぐに逃げる。上流に飛んだので追いかけたが近づくと、また直ぐに逃げた。この写真はかなり離れた所から撮ったもの。水に飛び込んだが、飛び込む角度が鋭角で水に潜らず直ぐに舞い上がる、すこし前に居た今年初のボンのように思ったが、成鳥の♀ように見える。♂か♀かもよく分からなかった。カメラの設定を変更している間に見失った。  

11081505

しかたなく、帰り道を歩き上流に移動、かなり上流で再びカワセミ発見、今度はメスの成鳥とはっきりわかったが、下流で見たカワセミかどうかまでは分からなかった。  

11081506

水に飛び込み大きな魚を捕ったが、草陰で撮影出来ず。対岸にまわるが、餌を食べ終えじっとしていた。このカワセミの毛はボロボロ、子育てに疲れたのか、それとも丁度毛が生え変わるシーズンなのか分からないが、毎年このシーズンの成鳥はボロボロである。  

11081507

少し移動してから一気に下流に飛び去った。後は追わなかったが、久しぶりに川でカワセミを撮影出来やれやれと思う反面、まだまだ先が思いやられると感じた日だった。  

11081508

移動:歩き  天気:晴れ時々曇り  D7000:88枚

| | コメント (0)

イタチの最後っ屁

 子供の頃、イタチは追い詰められると臭い屁をこき、相手をひるませ逃げると思っていた。小学校の頃、悪がきが集まりイタチを追いかけたことがある。この時、棒で突いたら”ブ~”と屁をこき逃げたとの話があり、私はその瞬間側に居らず音を聞いていないが、本当のことと信じていた。昨日、山科川でイタチを見かけネットで調べてみたが、追い詰められると肛門から臭い異臭をだすようである。屁かどうかは?だが、音のしないすかしっ屁のようなものかもしれない。音が出るとの記述は見られなかった。現在、近畿の町中で見られるのは外来のチョウセンイタチで、もともとのニホンイタチは、国内の一部の山の中でしか見られないようである。オコジョにペットのフェレットも同じ仲間、名前が違うだけでイメージが違う。古来から妖怪視されている可愛そうな生き物であるが、害獣であることには違いない。

昨日撮影の続編 カワセミを探しながらかってのカワセミ撮影地を歩いていると、対岸の土手を駆け上がる姿が見えた。しばらく歩道を走り、再び土手を下る。

11081601_2

更に護岸のコンクリを下り川に入る。  

11081602

川を悠然と歩くこの姿を見ると、小さいとはいえ野獣である。小鳥はおろか、体の大きい鶏やウサギなども襲うようで、かなり凶暴性がある。  

11081603

川を渡って草むらに消えた。以前から生息していてカワセミと共存していると思うが、襲われないか心配である。ネズミを捕れ!  

11081604

| | コメント (0)

2011年8月14日 (日)

盆休み二日目  早朝は伊吹山、帰ってからカワセミ探し

   昨日は、ここしばらくの疲れが出たようで6時に寝た。喉が渇き2度ほど目が覚めたが直ぐに眠りにつ起きたのは3時半で、10時間近く熟睡したのは久しぶり。日帰りで遠出をしようかと思ったが、伊吹山にとどめて5時過ぎに出発した。7時前には山上駐車場に付いたが、西は晴れていたが、山上から東斜面にかけてはガスが出て天気はもう一つ、この時期の早朝はこんなものかも知れない。花撮影ということでレンズに迷い、28-300mmと105mmマクロを持って行ったが、結局マクロは使用しなかった。カメラはD300のみ。

西遊歩道入口の恋慕観音像

11081401

花の名前は伊吹山ミニ辞典で調べましたが間違ているかも知れません。

ニセイブキゼリ  

11081402

ルリトラノオ?  

11081403

シモツケソウ  

11081405

コオニユリ  

11081406

アザミ  

11081407

ウグイスが良い声で鳴いていた。

11081408

エゾフウロ  

11081409

イブキフウロ 

11081410

山頂の日本武尊像、山頂はガスが出て風が吹くと少し肌寒かった  

11081411

カワラナデシコ  

11081412

コオニユリにとまるキアゲハ、普通のアゲハはよく見かけるが、キアゲハはあまり見かけない。  

11081413

山頂のお花畑、天気がもう一つだったこともあるが、花は少し褪せており、来るのが一週間ほど遅かったように思う  

11081414

東遊歩道から下る

メタカラコウ  

11081415

トリカブトが咲き始めていた  

11081416

名前分からず・・・・  

11081417

イブキノキケンショウマかサラシナショウマか? 斜めに少し肩むいているがサラシナショウマかな  

11081418

アサギマダラを撮影したかったが東遊歩道では姿見ず、山頂近くで飛ぶ姿を見ただけで撮影出来なかったのが残念だった。11時頃に帰宅した。

汗の出方が少なかったので、山科川から支流、勧修寺へとカワセミ探しで歩く。カワセミの姿は全く見かけず、山科のカワセミは何処へいったのであろうか? 昼過ぎの炎天下の歩きは暑さがこたえた。特に帰りはフラフラだった。歩くなら早朝か夕方でないとその内倒れる。上流にも魚が戻ってきている。

ササゴイを多く見かけた。今年巣立った数が多かったのかな?  

110814100

山科川では初めてイタチを見た。子供の頃に見ていたが、もう少し大きいと思っていた。カワセミを襲うなよ、まさか食べていないやろうな? 肉食獣で鳥も襲う、こんなんを見ると一匹ではないと思うので心配になる。  

110814101  

移動:車、歩き  天気:晴れ  D300:205枚、D7000:88枚  

| | コメント (0)

2011年8月13日 (土)

盆休み初日  勧修寺

 盆休み4連休の初日は、予定通りに勧修寺へカワセミ狙いで行った。2時近くまで待ったがカワセミ現れずで、カワセミボーズで引き上げた。昨年も同様だったが、この時期のカワセミ撮影は困難、居るところには居るのだろうが、この連休が思いやられる一日だった。

今日は8時45分頃に到着、開門前の50分頃に私のために開門してもらい感激した。

11081301

今日はカワセミ不調を予測していたので24-70mmレンズも持って行った。  

11081302

ゴーヨンでの蓮撮影  

11081303

蓮は見頃、しかし蕾も多くしばらく続くと思う。ここの蓮は夏の終わりまで楽しめる。  

11081304

水戸の御老公寄進の灯篭、TVでもうしばらくで水戸黄門が終了するそうであるが、ファンとしては残念である。くだらぬバラエティー番組を放送するより娯楽時代劇をもう少し増やして欲しい。  

11081305

本堂前の庭 

11081306

あまり撮らない場所  

11081307

後はトンボ撮影で時間を潰す。蓮の蕾に止まるデンキトンボ  

11081308

日陰に止まっていた名を知らないトンボ  

11081309

蓮の蕾に止まるシオカラトンボ  

11081310

ギンヤンマの飛び物  

11081311

夏のカワセミ不調、もうしばらく続くのか?

移動:車  天気:晴れ  D7000:200枚

| | コメント (0)

2011年8月12日 (金)

京の七夕 堀川会場  昨日の撮影です

 会社帰りに京のイベント撮影、昨年に続いて二度目ですが今年も蒸し暑かった。地下鉄の二条城前で下り会場の堀川沿いに北上する。一方通行

まず目に入ったのが、芸大生が描いた鳥獣戯画絵の投影、どれも面白かったがこの絵が今年の夏を象徴していた。

110812101

光の友禅流し、今年はD700に28-300mmを持っていったが、もう少し広角が欲しかった場面、近づかないと人が入るので超広角レンズで近づく必要がある。

110812102

通りすがりに、適当に撮影した  

110812103

願い七夕  

110812104

願いを書いて竹に結ぶが、遠い子供の頃に書いたことがあるようない無いような?  

110812105

LEDが内蔵された祈り星が流れる。バイト(と思う)のにーちゃんが水に入って上流から流していました。  

110812106

竹細工、ひらがなを書くのは難しいやろ~な  

110812107

何か分からないが、芸大生の作と思います。  

110812108

七夕と言えば織姫と彦星、これも京友禅

織姫  

110812109

彦星  

110812110

織姫と彦星の伝説は、引き裂かれた恋人の悲恋話と思っていましたが、違うようです。親の許しを得て結婚したカップルが、結婚後に仕事をサボり甘い生活に夢中になりすぎ仕事をせず、忠告しても反省しなかったので、親父が切れて”オノレら、エエかげんにさらせ~!”と一年に一度しか会えないように引き離した教訓話のようです。

このイベントで一番の楽しみ、LEDの天の川  

110812111

これは見事で一見の価値があります。  

110812112

ロマンチックです。  

110812113

ちょうど中間点あたり、昨年はここで引き上げたが、今年は先に行きました。京友禅型紙による懐かしいチンチン電車、学生の頃は1年だけですが、これに乗って河原町通りを北に通っていました。

110812114

最後は仙台七夕飾りかな  

110812115_2

| | コメント (0)

2011年8月11日 (木)

京の七夕 堀川

 会社帰りにぶらっと京の七夕の堀川会場に行ってきた。ここ数日の中では涼しいと思ったが、人ごみの中を歩くとやはり蒸し暑く、最後は汗だくになり引き上げた。

詳細は後日、明日は鴨川?

11081101

光の天の川  

11081102

移動:通勤帰り  天気:曇り  D700:107枚

| | コメント (0)

2011年8月10日 (水)

グラスの底に顔があってもいいじゃないか

 1970年代の半ば頃(後半?)であったであろうか、ウイスキーのコマーシャルでこんなのがありました。当時、あまりウイスキーは飲まなかったが、このグラスが欲しくて景品で付いていたウイスキーを買いました。このグラス、大きいので使っていなかったのですが、食器棚の奥から出し洗って撮影してみました。今日は、このグラスで飲む。

11081001_2

撮影したカメラはコンデジではありません、昨日に続きD3に60mmマクロでの手持ち撮影、宝の持ち腐れで十分使いこなせていない。D4発表の噂がありますが・・・・・  

11081002

今日は宇治川に花火を撮影に行こうと思っていたが、昼間の暑さで完全に夏バテ(クーラーのON/OFFの温度変化に体付いていかず)で諦めた。大津に宇治川を逃し、残るは大阪池田の猪名川花火大会(8/20か?)のみ、行けば中学生の時以来(近くで見るのは)、どうするか?

ウイスキーがらみの記事第2段、おそまつでした。

| | コメント (0)

2011年8月 9日 (火)

ウイスキーが、お好きでしょ

大好きです! 数年間止めて焼酎にしていたが、また飲みだした。夏はビールだが、お腹が膨れて、最近はあまり多く飲めない。飲み足らない時はというより、ビールの後は毎日ウイスキーのロック。夕食の途中でウイスキーになり、家では御飯をほとんど食べない。食べ足りなければソーメンとなる。昼は御飯を食べています。

飲みながら撮った1枚、濃い目の水割りに近いロックです。カメラとレンズは恥ずかしくて書けませんわ。

11080901

トンボ再び、土曜日の撮影です。 ギンヤンマ 

11080902

デンキトンボ 

11080903

盛りのついたギンヤンマの♂と♀  

11080904

| | コメント (0)

2011年8月 8日 (月)

何かおかしい

何かおかしい、といっても体調がである。昨日は少し炎天下を歩いただけでバテバテ、今日は大津の花火を撮影に行くつもりでカメラを持って出勤したが、帰る時には行く気をなくし真っ直ぐ帰宅した。クーラーの影響で血行不良を起こしているのかも知れないが、これが”年”というものか。会社では節電でクーラーが入ったり切れたりで体調がおかしくなり、夜はクーラーにタイマーをかけて寝るが、夜中に切れると目が覚め、暑くて眠れず寝不足気味。”イヤじゃイヤじゃ夏はイヤでござる”と言ってみても何にもならず、秋を待つしかない。

土曜日に撮影した蓮です。

11080801

蓮を撮影出来るのも、もうしばらくかな

11080802

土曜日から盆休みの4連休、最後の望みをかけて戸隠に行こうかとも思っていたが、昨年同様、蚊に刺されるのを我慢して4日とも寺で過ごすことになるだろう。この時期、炎天下での川でのカワセミ撮影は、私には耐えれない。1時間半ぐらいなら暑さを我慢して歩くことは出来るが、じっと待つことが出来ないのでカワセミとの遭遇は可能性が低い。

11080803

今年は、今の状況を考えると去年以上にカワセミの出は悪いやろうな、風景撮影で汗をかきながら名所を巡るかな? それとも車で高所(大台ケ原、行者還り、伊吹山、他)へ日帰りで逃げるか、思い直して信州へ一泊か・・・・

| | コメント (0)

2011年8月 7日 (日)

寺の鳥たち(昨日の撮影)  今日は撮影休み

 今日の早朝は撮影に出ずで大阪池田に行った。地下鉄で山科駅へ、山科からJRで大阪、梅田から阪急で池田へ、時間は早いが運賃が820円と260円で1080円かかる。四条烏丸から阪急に乗れば半額で済む、こういうところの無駄使いも止めなければと思う。京都の地下鉄は全線フリー定期を購入している。

JR新快速姫路行き、コンデジP6000をズボンのポケットに入れ持っていたので撮影したが、コンデジで動く物を撮影するのは難しい。撮影枚数は3枚

11080700_2

少し早く帰ってきたので川へ撮影に出ようかと考えたが、今日の暑さ当然止めた。カワセミが居ることを期待できたら、行ったかも知れないが、最近は期待薄。

昨日、寺で撮影した鳥を掲載します。カワセミが出てくれれば良いが、姿を見せなければ暇をもてあまします。 川なら探して歩き時間が過ぎるが、拝観料400円の寺は、出入りが出来ない。

まずわヒヨドリ、ノートリ

11080701

寺一番の高さの枯れた大木の天辺に止まり鳴く。最近、ヒヨドリが良く止まるが、冬にはモズが止まる。  

11080702

マガモのエクリプスかな  

11080703

水に顔を沈め  

11080704

再び顔を上げて叫ぶ ”ガオ~~”  

11080705

振り返って、”撮るなら綺麗に撮れよ”と眼を飛ばす  

11080706

水に潜り寄った  

11080707

直ぐに浮上、潜水するカモも居るがマガモはあまり得意でないような  

11080708

カルガモが泳ぐ、ピントが顔から外れたが、この程度で外すようなら、カワセミ撮影が上手くいかないもの当然。  

11080709

アオサギノの噛み付き合い、じゃれてる、よく分からず。 

11080710

カワセミが出ない時は、暇つぶしにこんなものを撮影しています。

| | コメント (0)

2011年8月 6日 (土)

夕方から夜  暑気払いは生ビールで

 夕方に渓遊会の暑気払いの宴会を行った。京都駅横のホテルグランビアロビーに4時集合で、近くのビルの地下のビヤホールで一生ビールを飲む。予約をしていなかったため、予約席の空きの間と時間限定付き。

4時前の京都駅前、暑かった。

11080611

京都駅は、この時期の暑さにもかかわらず人が多い。  

11080612

ビヤホールで、まずわ乾杯  

11080613

ビヤホールのジョッキーは大きい、これで中ジョッキー  

11080614

黒ビールを飲むが、これが小ジョッキー、普通の店ではこれが中ジョッキーである。  

11080615_2

ワインなども飲んで、一次会は時間制約のため6時前に終了  

11080616

時間がまだあるので二次会を行うが、一次会に時間制約があったので予定通り。

11080617

二次会も居酒屋、ジョッキーで二度目の乾杯

11080618

ソース焼きそばを頼むが、少々食べすぎであった。  

11080619_2

京都の夏の食といえば鱧おとし、梅肉だったが酢味噌が好み。  

11080620  

アサリの酒蒸しに最後はデザートで終了。両店とも電力節減など何処吹く風でクーラーが効き過ぎ寒かった。

夏は生ビールが一番!

移動:地下鉄、JR  天気:晴れ  P6000:22枚

  

| | コメント (0)

AM カワセミ ボウズまぬがれる

 今日も朝から寺にカワセミ撮影に行ったが、ここしばらくの出が悪い状況の中でも最悪だった。夕方から渓遊会の暑気払い宴会があるため、9時から12時半までの撮影となったが、出てきたのは一度、撮影時間は3分も無く、撮影枚数は3枚だった。ボンは川が気にいったようであるが、昼からはどうだったのかな?

最近、日に2度程度通過の途中で顔見せする成鳥、今日もD7000にゴーヨン。

11080601

一度水に飛び込んで直ぐに飛び去った。何しに来るのか分からない。 

11080602

移動:車  天気:晴れ  D7000:119枚

| | コメント (0)

2011年8月 5日 (金)

醍醐山万灯会(だいごさんまんとうえ)

 各家のご先祖と精霊(しょうりょう)を供養し、命の尊さに心を寄せるため8月5日に醍醐寺全山で行われる行事だが、私にとってはライトアップ撮影が楽しみで昨年に続き会社帰りに行った。地下鉄醍醐駅から地上に出た時、雨は止んでいたが途中で降り出し、小雨ではあったが雨の中の撮影となった。雨の中の撮影は慣れているが、夜の人ごみの中、蒸し暑かったこともあり早々に引き上げた。

金堂前の置き灯篭

11080502

ライトアップされた五重塔

11080503

前に行って見上げながらの撮影  

11080504

レンズ(フィルター)にかなり水滴が付いたが、そのまま撮影した。 

11080505

年に一度の行事、雨で撮影を楽しむ余裕は無かった。来年に期待する。

朝の鴨川、京の七夕(8/6~15)の準備が行われていた。堀川会場へはぶらっと行くつもりだが、鴨川会場は?

11080501_2

移動:地下鉄、歩き  天気:雨  D700:44枚

| | コメント (0)

2011年8月 4日 (木)

ウサちゃん

川で見かけたウサギ、7月後半の撮影です。

11080401

捨てられたウサギと思いますが、生活保護もなく逞しく生きているようです。  

11080402

”生き~よ、天命を全うするまで”、たとえ少数派でも周囲に負けたらアカン、山科川は万物に対し平等、頑張れ~! ただし、地元の畑を荒らしたらあきまへん。 

11080403

まだ生きてるやろな

| | コメント (0)

2011年8月 2日 (火)

カンムリカイツブリ

 歯の治療が長引いている。今度は奥歯と前歯の中間ぐらいの過去に治療した歯で、内部に虫歯が生じ根元に進行しているとのこと。昨日、歯医者で被さっている金属を取ってもらい虫歯の部分を削り、応急処置でセメントをかぶせてもらった。かなり内部まで進行していたようで、痛み止めを飲むまでのことはなかったが、夜中に少し疼き今日も痛かった。しかし、今日の夕食時に何とセメントが取れよった。硬いものを噛んだわけではなく急に取れたのだが、こないだの歯の治療といいどうなっているの? 会社に近く帰りに歩いて寄れるので通っているが、”責任者でてこい!”、出てきて治療してまんすな~、やれやれ・・・・。明日半休で朝一番に行き治療してもらう。今はもう痛くは無いが、穴が開いていると思うだけで気持ちが悪い、デリケートな神経をしています。

今日の写真は、レンカク撮影時に近くに居たカンムリカイツブリです。知らなかったが繁殖地のようで、撮影に行く人もいるとか。

11080201

かっては狙って草津、湖西に行ったこともあるが、沖に居ることが多くまともに撮れず。  

11080202

今から思えば、もう少し撮影しても良かったが、レンカクしか頭になかった。  

11080203

レンカクの前にカイツブリが浮上した、2枚目の写真です。カイツブリはびっくりして、この後直ぐに水に潜りました。  

11080204

二羽のカンムリカイツブリ  

11080205

求愛行動でもしていたのかな?  

11080206

向かって右が♂で左が♀と想像しています。  

11080207

| | コメント (0)

2011年8月 1日 (月)

カワセミ動の失敗作

 寺でのカワセミ撮影、日陰が多く日の当たる場所から影に飛び込む、その反対もありで露出設定が難しく撮影しずらい。そして、私にとっての一番の問題がレンズの振る角度、水面が立っている地面に近く、振る角度が大きい。川は土手の上からの撮影となるため、ほとんど下向きの撮影となる。もちろん上手く撮る人も居るので、下手ということになるのであろう。日曜日に撮影した動きのあるところ、失敗作です。

かろうじて画面の端に入っていた。

11080101

これも同様  

11080102

顔が影で隠れる。  

11080103

後姿は、どこでも合わせやすい。  

11080104

暗がりでの飛び込む瞬間、近距離でSS1/200では捉えきれない。  

11080105

あまり使用していないが、照準器を持っているので次回は使ってみる。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »