« 盆休み二日目  早朝は伊吹山、帰ってからカワセミ探し | トップページ | 盆休み三日目  久しぶりに川でカワセミを見るが・・・・ »

2011年8月15日 (月)

イタチの最後っ屁

 子供の頃、イタチは追い詰められると臭い屁をこき、相手をひるませ逃げると思っていた。小学校の頃、悪がきが集まりイタチを追いかけたことがある。この時、棒で突いたら”ブ~”と屁をこき逃げたとの話があり、私はその瞬間側に居らず音を聞いていないが、本当のことと信じていた。昨日、山科川でイタチを見かけネットで調べてみたが、追い詰められると肛門から臭い異臭をだすようである。屁かどうかは?だが、音のしないすかしっ屁のようなものかもしれない。音が出るとの記述は見られなかった。現在、近畿の町中で見られるのは外来のチョウセンイタチで、もともとのニホンイタチは、国内の一部の山の中でしか見られないようである。オコジョにペットのフェレットも同じ仲間、名前が違うだけでイメージが違う。古来から妖怪視されている可愛そうな生き物であるが、害獣であることには違いない。

昨日撮影の続編 カワセミを探しながらかってのカワセミ撮影地を歩いていると、対岸の土手を駆け上がる姿が見えた。しばらく歩道を走り、再び土手を下る。

11081601_2

更に護岸のコンクリを下り川に入る。  

11081602

川を悠然と歩くこの姿を見ると、小さいとはいえ野獣である。小鳥はおろか、体の大きい鶏やウサギなども襲うようで、かなり凶暴性がある。  

11081603

川を渡って草むらに消えた。以前から生息していてカワセミと共存していると思うが、襲われないか心配である。ネズミを捕れ!  

11081604

|

« 盆休み二日目  早朝は伊吹山、帰ってからカワセミ探し | トップページ | 盆休み三日目  久しぶりに川でカワセミを見るが・・・・ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盆休み二日目  早朝は伊吹山、帰ってからカワセミ探し | トップページ | 盆休み三日目  久しぶりに川でカワセミを見るが・・・・ »