« 五山の送り火 | トップページ | 夏バテ »

2011年8月18日 (木)

カワセミとトンボ

 カワセミの姿を見る機会が少なくなって久しくなるが、今の心境は”早く冬よ来い”である。冬は草が枯れてカワセミの姿が見やすくなる。今は、数も少ないと思うが、草に隠れて見にくくなっていることも原因の一つと思っている。京都のカワセミの姿を見た場所は、山科以外に鴨川、宝ヶ池、植物園、御苑、嵐山、広沢池、大沢池、大原、上賀茂神社・・・・数多くある。風景撮影で歩き回っているからであるが、天龍寺の曹源池で観光客の溢れた紅葉シーズンに見たのには驚いた。気付いたのは私一人か、居たとしても少数であろう。カワセミ探しの行脚に出ようかと思うがクソ暑い。少し涼しくなればと思うが、必要なのは軽量機材での手持ち撮影技術、レンズが・・・・、フォーカスの早いVR付の400mmズーム発表されないかな、何はさておき予約を入れるが。

手持ちで撮影したカワセミ♀成鳥にトンボが接近するの巻です。

”誰じゃ~、ペットボトルを投げ込んだのは?” 川、池、海、それにダムも加えて、水辺はゴミ捨て場では無い、ゴミはゴミ箱に捨てなはれ!

11081801_2

フォーカス速度は今の400mmズームより安定している200mmf2.8ズームに2倍テレコンという手もあるが、手持ちでは持ったバランスが悪く少し重い。  

11081802

|

« 五山の送り火 | トップページ | 夏バテ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五山の送り火 | トップページ | 夏バテ »