« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

通勤途中の撮影 昨日

 昨日の撮影です。カメラはP100、38枚撮影しました。

早朝の先斗町

中学生の頃だったか、”お座敷小唄”がヒットした。”富士の高嶺に降る雪も、京都先斗町に降る雪も、雪に変りはないいじゃなし解けて流れりゃ皆同じ”、変りはないいじゃなしの歌詞、同じなのか違うのかとかの議論があったと思うが、結論はどうだったのかな~。

11092901

  

京風お好み焼きの店に焼肉屋

大阪池田の下町に育った者にとって、これがお好み焼き屋の店とは信じられません。子供の頃、肉は入っていなかったが10円で食べれる店があり、平たく伸ばしてソースをたっぷりぬって食べた。今でも京都でたまに行きますが、京都ではコテで食べると嫌がられると言うが、お好みはコテで食べるもの。この店は、どんなお好み焼きを食べさせてくれるのか興味はある。

11092902

  

某川のカワセミ、ラスト?

某川、この川は直ぐ横にマンションに住宅が並んでいるため、カメラマンが数人でも集まると問題があると思い川名を書いていなかったが、知っている人も居るだろう。ISO400にしたつもりが800、夕暮れ時の撮影で大失敗。

11092903

10月からの通勤定期、本来の市役所前からバスにしたため、これが最後の撮影かな。これまで、会社から支給される定期代に自腹で1万6千円足して(6ヶ月)、地下鉄と市バス市内フリー定期を購入していたが、元が取れていないので止めた。この場所を歩いて通勤することは無いであろう。今日の帰りも昨日と同じ場所に居たが、前に立つと直ぐに逃げた。さらば・・・・川のカワセミ???  

11092904

  

| | コメント (0)

2011年9月28日 (水)

彼岸花にルリタテハ

 お彼岸の頃に全国一斉に咲く彼岸花、北海道出身の釣り仲間(会社OBの大先輩)からは北海道では見ないと聞く。以前は、明日香村、嵯峨野、養老近くの津山(やったかいな)、奈良の仏隆寺辺りに撮影に出かけたが、今年は行っていない。仏隆寺の石段横に咲く彼岸花が一番印象に残っているが、来年は平日に必ず行く。

今年の彼岸花撮影は、山科川の川沿いのみです。

11092801_2

明日香村に行けば、白い花もある。  

11092802

川沿い、カワセミが止まってくれないかと思うのですが・・・・  

11092803

今年はこれで良し、撮影設定はいずれもカワセミ撮影モードです。カワセミ撮影の合間に色々なものを撮影しています。

11092804

おまけのルリタテハ、初めての撮影かな? 記憶に無い。いずれも土日の撮影です。

11092805 

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

お彼岸の勧修寺

 お彼岸中日(9月23日)のカワセミ撮影合間に撮影した勧修寺です。この時期、見所はあまりありません。

D3に35mmF2の単焦点レンズを久しぶりに使用しましたが、2倍テレコンぐらいの大きさでカメラリュックのサイドバックに入り、写りも気に行っています。

11092701_2

一番好きな撮影ポイント、観音堂の前にはカワセミカメラマンが・・・・・、”邪魔や~ どけ~”と私もカワセミを撮影している時には思われているのであろう。池の周囲、行くのは自由、ただし大いに危険との看板があるが、初めて危険なことが分かった。蓮の上に大きな木の枝が落ちているが、この日は朽ちた木の枝が遊歩道に多く落ちていた。  

11092702

この時期は観光客は少なく、サギも少ないので境内は静か  

11092703

大きなキノコ、ぶつ切りでバターで炒めると美味しいのかな?  

11092704

二番目に気にいっている撮影ポイント、桜のシーズンはここが最高  

11092705

今年から見晴らしが良くなったポイント、以前は池の水面近くの場所で、しゃがんで撮影しないと木の枝が邪魔だった。  

11092706

書院前から撮影、前に梅があり春先は絵になる場所  

11092707

水戸黄門が寄進したという灯篭に寝殿(こんな字やったかな?)  

11092708

本堂、あまり注目して撮影したことが無いが、紫陽花の頃の小雨降る日が良い。  

11092709

氷室池の蓮の葉が、まだまだ健在で、カワセミの水物が撮れません。冬も茎が残るので邪魔になるが、運が良ければ茎の間に全身が入ることがある。  

11092710

蓮の葉と水に浮かぶ睡蓮の葉で、カワセミの餌捕りは遠くか暗い場所でしか撮れません。

それでも行くのは、7年前の6月に初めてカワセミを撮影した場所であり、自宅から近いから。夏は、川での日差しが暑くて我慢できないことと、蓮の花どまりを狙い行き続けました。蓮の花どまりは今年もダメでしたが来年に期待、♀の雛が現れないと無理でしょう。時刻は2時過ぎ、”2時からのお嬢さん”が懐かしい。  

11092711

両膝と肘を突いてのローアングル撮影、蓮の葉が日差しを浴び多少透けるのが狙いです。  

11092712

| | コメント (0)

2011年9月26日 (月)

夏の名残り

 急に涼しくなり秋めいてきましたが、夏の名残も残っています。23と24日のカワセミの合間の撮影です。いずれもカメラ設定はカワセミモードです。

蓮の蕾、もう数えるほどしか残っていませんでした。

11092600_2

スカシバガのホバリング、夕暮れ時の撮影  

11092601

花の蜜を吸う  

11092602

シオカラトンボの♂と♀  

11092603

赤トンボ、正式名は知りません  

11092604

昨日、モズの高鳴きを聞き、オオヒシクイが湖北に飛来したとか、暑かった夏も終わった。

| | コメント (0)

2011年9月25日 (日)

羽に胸の毛が綺麗になってきたカワセミ

 今日は所用で出陣が3時前となったが、川へカワセミを探しに行った。夏場のカワセミは、羽が生え変わるのかボロボロになる。このカワセミも数週間前に橋の下で久しぶりに見た時は、かなりボロボロになっていたが、今日はこの冬同様綺麗な姿に戻っていた。

上流域で発見

11092501_2

餌捕りの様子だったが、カワセミの動き確認で思い切って後ろに近づくと逃げた。まだ、人の動きに過敏な様子、この冬は真後ろに立っても逃げないこともあった。

下流の対岸に飛んだので追いかける。  

11092502

餌捕りか  

11092503

途中でブレーキをかけよった  

11092504

水に飛び込まず、少し水面に近い場所に移動したのみ。  

11092505

さらに下流に移動し土手から飛び出す。今日も手持ち撮影で、飛び物はピンズレ連発です。 

11092506

水に飛び込むかと思いきや、これまた移動のみ、数度繰り返す。  

11092507

土手の中腹にも止まったが、結局下流へ飛び去った。

11092508_2

追いかけて下流へ行くが姿見ず、支流を探ることにして上流へ歩く。

直ぐにチーと一声聞こえたが姿見えず、前の川の石にセキレイが居たので聞き違えたかと思った瞬間、少し離れた場所でカワセミが川に飛び込むのが見えた。もう少し注意深く見ていればと思ったが遅かった。少し大きめの魚を捕らえていた。  

11092509_2

たたきつける場所が無かったのか、しばらく咥えたままだったので近づいた。  

11092510_3

しばらくして一気に飲み込み小休止の後、橋下に入り込んだ。  

11092511

一時間は動かないだろうと思い、支流を歩いたがカワセミは見つからず。橋まで戻ったがカワセミは動かず、諦めて帰宅した。

このカワセミ、相変わらず移動範囲が広く、また一度に飛ぶ距離が長い。今度の冬も走らされそう、一昨日見たカワセミのボン、上流に来てくれないかな。

この三連休はカワセミオンリーだったが、この時期としては満足した。

移動:歩き  天気:曇り時々晴れ  D7000:111枚

| | コメント (0)

悩む V1 

 ニコンが発表した新システムのカメラV1、買うかどうか悩んでいる。コンデジ並みの価格なら直ぐに予約となったが、何やかんやで10万円を越すと考えるところがある。今、待っているのはD300系の次期カメラ、高画素、高感度化を期待している。トリミングの効果期待であるが、V1は焦点距離が2.7倍になるという。気になるのはアダプター装着で暗くならないかということであったが、寺でカワセミ撮影仲間の職業カメラマンのS氏より構造上暗くはならないであろうと聞き欲しくなってきた。328に装着すれば、F2.8で810mmの撮影が出来る。専用のズームレンズも購入すれば、川でのイワナ撮影(300mmで十分すぎる)にも使える。軽くなるのでこれも良しだが、今の機材でも十分撮影でき熟考の必要あり。用途がオオワシなどごく一部となるので・・・・・、テレコンは使えるのか、下取りはD300にP6000か?

金曜日にD3で撮影した寺のカワセミです。ソフト修正完了、RAWで撮影していて良かった。

11092301

  

11092302

  

11092303

  

11092304

  

11092305

  

11092306

  

11092307

  

11092308

  

11092309

  

11092310

  

11092311

  

11092312

  

11092313

  

11092314

| | コメント (0)

2011年9月24日 (土)

夕方  ついに来たかカワちゃん待ちかねたぞ~、ホイホイホイ

 2時半頃にD7000、328にテレコンは1.4倍に付け替え再び川に行った。暗い橋の下にカワセミは居たが、カメラを三脚にセットしようとしている間に消えた。下流に飛んだと思ったので追いかける。橋横の用水路出口あたりの餌場では親子連れが釣りをしていた。当然、さらに下流に飛んだものと運動公園横へ行く。居られたカメラマンに聞いたところ飛んできていないとのことで急いで引き返す。しかし、姿見ずでもう一度運動公園へ、居らずで引き返すが、今度は慎重に川辺を見ながら歩いた。結局見つからずで橋の下にでも隠れたのかと諦めて帰ることにして上流へ歩く。

カワセミは上流域に居た。私の撮影フィールドの中で、かってはホームグランドにしていた場所の端あたり。後ろに近づいたが逃げず。

11092411

ペリットを吐くのかと思ったら大あくびに終わる。 

11092412

10分ほどして対岸に飛ぶがゴミの前。ここからが我慢で40分ぐらい動かず。 ISO2000での撮影 

11092413

5時前にこちら側の土手に飛んできたが、高く伸びた雑草で姿が見えなかった。餌捕り間違い無しで、慌てて探したが大失態、カワセミの真後から近づき、草の上から顔を突き出したのである。カワセミは振り返って、当然逃げた。下流へ飛んだので慌てて途中まで追いかけたが姿見ずで帰ることにした。”なんてこったい!”、しかし絶好のチャンスを逃したことより、久しぶりに上流域で姿を見せてくれた事の方が嬉しかった。この場所ならゴーヨン担いで運動会が出来る。もう少し下流なら帰りがしんどい。

しばらく様子を見る必要があるが、どうかな?

自転車で通りかかった人に、今日支流の撮影ポイントでカワセミを見たと教えてもらったが、私のカワセミ撮影フィールド、秋とともに復活なら嬉しいが・・・・、毎年の繰り返し。ひたすら歩いて探さねば、今は自転車に乗れないであろう、30年乗っていない。自転車に乗れれば自転車を購入するのだが。

移動:歩き  天気:晴れ  D7000:81枚

| | コメント (0)

AM  寺のカワセミ

 今日は川でカワセミを探すつもりで7時半に自宅を出発した。D7000に328+1.7倍テレコン、運動公園まで西側の遊歩道を歩くがカワセミの姿を見つけることは出来なかった。川の東側の日陰が濃く見逃したのかも知れない。そのまま勧修寺近くのひがしで橋まで歩くが、辺りの川原の雑草刈りが行われており、これならカワセミはよりつかず寺に留まるかもと思い寺に行ったが、出る時は出るで変らず。

昨日のD3の撮影、途中で気がついたが露出補正-2.3になっていた。前回、何を撮影したのか覚えていない。また、ピクチャーズコントロールを好みで風景撮影向きのD2XMODEⅢにしているが明暗のメリハリが強く、日差しの強いときの日陰の多い野鳥撮影には向いていないかも知れない。

今日のD7000の設定はスタンダード、最初は写しては日陰でモニターを見て確認した。最初は、前の蓮に止まり餌捕りもしていた(見た時は餌捕りの後)が、直ぐに昨日と同じ行動をとるようになった。

11092401

日陰での餌捕り  

11092402

水面に向かう、シャッター速度は1/400、ピントも外している。  

11092403

少し逆光気味の日当たりの良い場所での餌捕り、カメラを振るのが遅かった。  

11092404

シャッターを切り直す。動きのあるところ狙いは、テレコン1.4倍の方が良かったかな  

11092405

止まりものは十分  

11092406

木の先端の枝とまりもの、久しぶりの撮影  

11092407

今日も集中力に欠け水際に飛び物は失敗の連続、それほど機会もなかったが少ない機会を逃さない集中力が必要でsる。

昼には帰宅、途中川でカワセミを探すが姿無し。

移動:歩き  天気:晴れ  D7000:158枚

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

おめ~さん 蕎麦屋のカワセミやろ?

 今日は久しぶりにD3にゴーヨンで朝から勧修寺へ行き開門と同時に入るが、カメラの設定ミスやなら何やらで散々な結果だった。カワセミの出は前回のようなボーズではなく、まあ復活途中というところか、居た人のみぞ知る。2時過ぎに帰ろうとした時に再び見つけ、3時前まで粘ったが良いところを撮影することなく帰った。欲求不満だったので、帰って直ぐにD7000と400mmズームを持って川に行った。

蕎麦屋まで姿見ず今日も不調かと思ったが、橋の下流横でようやく姿を発見、珍しく飛びながら5~6回連続して着水し上流に飛び去った。居られた長老カメラマンの話では雛とのことだったが・・・?

少し上流の土手にカワセミ発見、到着と同時に川に飛び込んだ。

11092301

久しぶりの川での水際、しかし遠く手持ち撮影ではもう一つ。 

11092302

しかし、撮れて良かった。  

11092303

ピントはハズレ  

11092304

仕方なし、遠すぎた。  

11092305

コンクリに止まるが雛ではない 聞いた話と違う。アレ~??  

11092306

すると直ぐに下流からもう一羽現れ、追いかけていった。  

11092307

こうなると撮影にならない。  

11092308

川中の石に一旦止まり、追い払う。  

11092309

追い払った後、こちらに飛んできた。

11092310

再びコンクリに戻る。  

11092311

しかし、直ぐに飛び、橋の下を通って上流へ。  

11092312

近くの土手に止まったので近距離撮影。”おめ~さん、蕎麦屋のカワセミやろ~”と思うが、カワセミは川を見たまま。数週間前に橋の下で見たが、その後数度見たカワセミは若く見間違いかと思っていたが、2羽が出没していたようである。  

11092313

直ぐに上流に飛んで行った。  

11092314

そこには先ほどのカワセミが居た。  

11092315

睨み合い  

11092316

上のカワセミは直ぐに下流に飛んだが雛だった。長老カメマンが言っていた奴か?、この辺り三羽が出没するのかな? どうでも良いが、雛も親(この雛の親かどうかは知らない)と”縄張り争いをするより上流に来い。今の上流にはカワセミは居らず自由に活動が出来る。間違っても下流には行くな!”と思うが、どうなる事やら。 

11092317

親(成鳥)は堰のしたで羽繕いをする。 

11092318

雛が下で見ているのに落ち着いたものである。  

11092319

しかし、見れば見るほど蕎麦屋のカワセミ、二代目かも知れないが居てくれれば良い。  

11092320

下流に飛んだ後、土手に止まり餌捕りを行う。  

11092321

見事キャッチ  

11092322

最近見る中では多少大きな魚だった、まだまだこんなものではない。  

11092323

魚を咥えて飛び立つ  

11092324_2

ピントは後ろに合うが、この程度は良しとする。久しぶりに撮れたことに価値がある。  

11092325

土手に一旦止まり、一気に飲み込み下流に飛んだ。  

11092326

蕎麦屋近くで上流を監視する。  

11092327

お前にはこの場所が一番似合う、雛を上流に追いやれと思うが・・・・。雛が上流に来てくれたならゴーヨン担いで行く、川なら寺のような失敗はしない。だろう?  

11092328

再び上流に飛び、土手に止まったので近距離撮影、どう見ても今年の冬のカワセミ。  

11092329

川のカワセミも昼間はどうなのか、分からない状況、明日どうするか悩む。この休みは遠出しない、大阪城かカワセミか、ヤマセミもある、彼岸花にノビタキもある・・・・、明日起きて決めよう。  

移動:車、歩き  天気:晴れ  D3:415枚、D7000:306枚

| | コメント (0)

2011年9月22日 (木)

ようやく涼しくなってきたが

 またもや大きな被害の残し台風が去っていったが、よっやく涼しくなってきた。明日から三連休、どこへ行くか迷う。もとはタカの渡り撮影で乗鞍の白樺峠を計画していたが、山の紅葉にはまだ早く、それだけで行く価値があるとも思えない。大阪城の野鳥、カワセミ、蕎麦の花に彼岸花と撮影したいものは色々あるが、明日起きてから決める。なぜか今日は肩が凝って一日しんどかった。一日座りっぱなしの仕事のせいかな、早く寝よう。

日曜日に白峰西山の白木峠から撮影した白山です。天気は良かったのですが山の頂は雲に隠れていた。

11092201

奥の林道を走り回った後の撮影、多少雲は酸くなったが最後まで無くならなかった。山の紅葉はもう少し先の模様、10月に入ってからかな。  

11092202

| | コメント (0)

2011年9月21日 (水)

ぶらり撮影Ⅱ 福井県立恐竜博物館

 今日、ニコンから新しいカメラが出た。Nikon1のJ1とV1、期待のD300系の後継機ではなく、ミラーレスとやらの新しいシステム、アダプターをつければ一眼用の従来レンズが使用可能で焦点距離が2.7倍になる(ならんのかな?)とか、即予約と思ったがチェックすることにした。もし2.7倍になるなら300mmF2.8が810mm、500mmF4が1350mmで使用できるが、アダプター装着で暗くなるかもと思ったからである。アダプターの発売は12月、まだまだ時間がある。専用レンズ使用なら不要、D700より綺麗に取れることはないであろう。オオワシなどの遠くの止まりものの野鳥撮影に欲しいだけのことで、価格からして通常の野鳥撮影なら、所詮D3やD7000より綺麗に撮れることは無いと思う。もし綺麗に撮れたら”怒りまっせ~”、と思いながら狙いはV1かな。従来レンズで焦点距離が2.7倍にならなければ全くの不要。

今日は、日曜日に撮影した勝山の福井県立恐竜博物館の写真を掲載します。県立だけあって、スケールは白峰の恐竜パークと違ったが、どちらが良いかというと人それぞれであろう。

11092101_2

数年前に一度来ているが、今回の人の多さは全く違った。  

11092102

まさに大きな博物館  

11092103

映画ジェラシックパークの世界を垣間見た。  

11092104

等物大と思うが、本物のように動くのには驚いた。  

11092105

大きな恐竜の化石の再現  

11092106

草食の首長竜、迫力があります。コナン・ドイルの”失われた世界”かな?  

11092107

等物大の模型、顔の表情にも迫力がある。  

11092108

何か知らないが寝そべった恐竜の骨のレプリカを撮影する。  

11092109

模型そのものに見えたが・・・  

11092110

不気味じゃあ~!  

11092111

恐竜にも小さいのが居たようである。  

11092112

こんなのが今も生きていたら怖い、ヒグマやライオンなど問題外である。  

11092113

恐竜の影絵もどき  

11092114

ガメラのモデルかな、子供の頃、怪獣映画好きだった。特にゴジラ映画が好きだった。  

11092115

鳥の祖先  

11092116

始祖鳥の復元、骨からの再現と思うが、本当にこんな姿であったのだろうか?  

11092117_2

ナウマンゾウ、いわゆるマンモス?、像よりでかい。  

11092118

28mmD300の1.5倍での42mm、撮りきれなかった、24mmぐらいが欲しかった。  

11092119

学術的な化石に興味の無い私にとって、この博物館の見所は”ジェラシックパークの世界”だった。  

11092120_2

| | コメント (0)

2011年9月20日 (火)

ぶらり撮影  白山恐竜パーク白峰の一幕

 白峰の何度も近くの国道を走っているが行ったことがない恐竜パーク、土曜の夕方の釣りの後にぶらっと立ち寄った。中高年の行く場所では無いと思っていたが、童心に返りそれなりに楽しめた。

白山市桑島、化石発掘では有名な場所、パークは手取ダム沿いの少し小高い丘にある。

11092001

入場料800円を払って入ると、迎えてくれるのは小型の恐竜の模型、子供向け。  

11092002

マスコットの”りゅうくん”、女の子のマスコットは”りゅうちゃん”と言うらしいが気がつかなかった。  

11092003

チランノサウルスのでかい横顔、言うまでもなくもちろん模型、剥製なら腰を抜かす。  

11092004

夏休みには色々な体験学習があるようです。化石発掘体験、化石のレプリカ作製、恐竜折り紙教室、恐竜クイズ大会・・・・・。小学生ぐらいの子供連れなら楽しめる場所。

怪獣ラドンかな?  

11092005

恐竜の骨、ガラスウインドウの中、まさか本物では・・・ないやろな?  

11092006

バックライトで照らされた古代の絵の道、面白い趣向と思う。  

11092007

そこには、神秘的な空間があった。  

11092008

ここまでくると、漫画チック過ぎる。  

11092009

表の広場の大きな模型、恐竜というよりはゴジラに見えたが、後ろはアンギラスか? 初めて見たゴジラ映画は怖かった、懐かしい!  

11092010

色々見て、また撮影も楽しみましたが、掲載はほんの一部です。白峰に行った時は是非寄ってください。

| | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

おらが街の川を少し歩く

 今日は、土日の疲労が残っており、朝から動くと体中の筋肉が痛かった。おまけに暴飲暴食(特に暴食、乾き物のつまみ)で腹具合もおかしく、多少胃もたれにむかつきを感じた。しかし、トイレでの出具合は不調、一気に出れば、しばらくすればすっと良くなるのであろうが便秘気味ときたもんだ。胃腸薬を飲んで多少マシになり、写真の整理などをしていた。一時半頃に暇を持て余し、いつものコース、寺まで行ってみるかと思い家を出た。

彼岸花が咲いていたので撮影する。

11091901

続いてコスモスに止まる蝶  

11091902

川の水は澄んでおり、小さな魚影が見えた。カワセミの餌には十分なほど、魚は復活している。  

11091903_2

今日は、カワセミの姿を見かけなかった。いつも散歩している人に、昨日は見かけたと聞いたが、私が歩いている時に居ないと話にならない。運動公園近くまで歩いた時に、汗を搔き不快だったこともあるが、再び少しむかつき、腹具合も少しおかしくなったので、寺には行かず引き上げた。

帰りに上流で見かけた彼岸花、すぐ川沿いに咲くのをみると、カワセミが止まらんかと思う気持ちがわいてくる。赤い彼岸花に、青のカワセミ、絵になると思う。

11091904

移動:歩き  天気:曇り  D7000:33枚

  

| | コメント (0)

飛び跳ねるヤマメ撮影  大失敗

 渓流魚が水面で飛び跳ねる写真を撮りたいということで、最近の釣りでカメラを水に落とす危険を顧みず一眼カメラを持って川に入り、左手竿に右手カメラの片手撮りで挑んでいるが、この休みも大失敗だった。レンズは28-300mmズーム、このレンズは重く片手撮影に無理があった。おまけにカメラのFが7.1、曇り空でシャッター速度が上がらず1/60、1/400ぐらいならもう少しマシな写真が撮れていたかも知れない。これまで晴れた日より、曇り空の方が釣果は良い。

水面からジャンプ

110917111

SS1/1000ぐらいは必要かな 

110917112

F開放なら、シャッター速度が上がっていたが、途中で変える余裕など無し、最初によくカメラの設定を見ておくべきだった。いつもの事で、色々な被写体を撮っていると設定を変える。目的を決めたら、その場で設定を確認する必要がある。  

110917113

動きが止まれば、何とか撮れる。  

110917114

狙いはヤマメではなくイワナ、9/30で遊魚期間が終了する。来年尺超えサイズのイワナで再挑戦。年数度のチャンス、タムロンの軽い18-270mmを買い足してD7000で行くかな? 釣り専用レンズ、もったいない・・・・、価値があるかな?

| | コメント (0)

2011年9月18日 (日)

ヤマメにイワナ  渓流釣り2011ラスト

 今期三度目、最後の渓流釣に行ってきた。狙いは、尺越えイワナだが、もう一つの楽しみが水面から出てくる魚の撮影。D300に28~300mmの片手手持ち撮影(左手に竿、右手にカメラ)では重すぎ、また天気も悪くてSSが1/60~1/125ぐらいにしかならず、ピンボケ連発で見事に失敗した。

詳細は、HPの渓流釣り・釣り日記に、後日掲載します。

まずはヤマメ、飛び跳ねる瞬間、片手では魚をうまく捉えられず苦労する。

11091701

天気はどんよりした曇り空、シャッター速度が上がらず、また魚体が光るのでピントがなかなか合わない。  

11091702

下手な鉄砲も何とやらで、連写のしまくり。魚を取り込むより、撮影優先の釣りだった。  

11091703

動きがなくなると何とか撮れる。  

11091704

こちらは、別の場所のイワナ、激流の泡の中から顔を出す。  

11091705

残念ながら15cmにも満たないチビイワナ、直ぐにお引取り願う。  

11091706

釣果、26cmを筆頭にヤマメ2にイワナ2、これ以外に20~22cmのイワナを引っ掛けたが、写真撮影の間にハリが外れ逃がすが、後悔はしていない。チビは数尾  

11091707

骨酒は、イワナに限る。大きい岩魚は、他のメンバーが別の場所で釣ったもの。この日の骨酒は、エキスが十分出ていて格別に美味かった。  

11091708

民宿の玄関に、まだ架けられていた6年前に釣った44cmのイワナの魚拓。この後、尺サイズは何度か上げているが、35cmを超えたことは無い。来年にもう一度大物を?  名前は消しています。 

11091709

愛車のアウトランダー、初日の写真。二日目は釣りをしなかったが、林道ドライブでぬかるみを走り泥まみれ。帰りにガソリンスタンドで洗車をしてもらったが、一度で泥が落ちきらず、サービスで二度洗車機にかけてくれた。  

110917010_2

渓流釣りは、しんどいですわ。今朝は体中の筋肉に身が入り、立つ時に部屋の柱を持たないと立てなかった。 年かな?

110917101

移動:車  天気:初日曇り一時晴れ間後雨、二日目晴れ D300:405枚

| | コメント (0)

2011年9月15日 (木)

某川のカワセミ  今日はD700

 今日の朝、5時半頃に西の空を見るとお月さんがくっきりと見えた。お月さん”おはようさん”とパチリ、今日はD700に400mmズームをつけての撮影。

11091501

今日もカワセミ撮影で、カメラを鞄にいれての出勤、早朝、夕暮れのいずれも日陰、D700にしたが、400mmでの撮影は多少無理があった。  

11091502

大トリミングでもD7000の画像より綺麗な気がするが、同じ日時の撮影ではないので何とも言えない。  

11091503

近づくと逃げるので少し離れて撮影したが、被写体が小さくなると飛び物の撮影には無理があった。ここでは、姿を見てシャッターが切れればよし、私のメインフィールドではない。通勤途中のちょっとした楽しみです。  

11091504

今日の撮影時間は5分もなかった。帰りは姿見ず。明日は、歯医者に土日の釣りの準備があるので撮影は出来ない、また来週、明日はバスで通勤。  

11091505

移動:通勤途中の歩き  天気:晴れ  D700:20枚

| | コメント (0)

2011年9月14日 (水)

久しぶりのカワセミ撮りまくり(短時間)  某川

 撮りまくりと言っても通勤途中の短時間ですが、朝10分に帰り30分、カワセミが出ずっぱりでした。しかし、いい写真は撮れず。おらが街の川ならと思いますが、思うようにはいきませんわ。

今日は、D7000に400mmズームを持って出勤、通勤途中の某川でカワセミ発見、最近見る確率が高いが、朝の6時過ぎの日陰撮影は難しい。橋の上からの撮影

11091402

直ぐに餌捕り、水際が撮れず残念、姿を見せると直ぐに逃げるので、隠れながらの近距離撮影。  

11091403

姿を見られれ少し離れた場所に移動しよった。  

11091404

しつこく見ているとさらに上流へ移動、朝は10分程度で会社へ向かう。この間だけで汗がにじむが、まだまだ暑い。  

11091405

今日は定時デー、早く退社して時間を有効に過ごすという事で、帰りもカワセミ撮影。飲みになど行ってられません。カワセミは居なかったが5分ほど持っていると、下流から2羽が飛んできた。  

11091406

川の両側にとまり威嚇しあう。  

11091407

一羽が上流に飛んでいったので追いかける。  

11091408

目を離した一瞬に餌捕り  

11091409

仕方なく下流のカワセミを追う。  

11091410

こちらも餌捕り、数度水に飛び込んだが、夕暮れ時の日陰でまともに撮影出来ず。  

11091411

6時前になり暗くなったので帰路に着く。この時間になるとD7000の手持ちでは無理がある。D3S並みの高感度のDXカメラの登場を待つしかない。短時間とはいえ、久しぶりのカワセミ出ずっぱりで満足だった。  

11091412

カワセミ撮影だけは、悪戦苦闘しながら自らの足で探し、日々努力しています。

移動:通勤途中の歩き  天気:晴れ  D7000:139枚

| | コメント (0)

2011年9月13日 (火)

カラスが白目を剥いたなら

不気味~!

カラスが瞬膜を閉じた瞬間ですが、目視ではわかりません、カワセミ撮影では、連写の連続でたまに撮れる事がありますが、他の鳥では初めてと思います。しかし、黒いカラスの瞬膜が白とは意外でした。

110913101

今日はP100を持って通勤、狙いは某川のカワセミです。朝は見かけず、帰りは見ましたが山科のカワセミより手ごわく近づくと直ぐに逃げる。1枚だけ撮影しましたが、夕暮れ時の6時前の日陰、コンデジの600mmを越す超望遠でのSS1/44の撮影、証拠写真にもなりません。明日は一眼でリベンジかと思うが暑い、休日なら何とも無いが通勤途中の汗はかなわぬ。この時期はネクタイを締めていませんが、カッターシャツで汗を掻くと不快。載せるかどうか迷った1枚、ISO400での撮影、思い切って1600まで上げるかな?

Dscn9827

おまけで某所のチョウゲンボウ、夕陽を浴びて後ろを向く。

Dscn9813

| | コメント (0)

2011年9月12日 (月)

コサメビタキ

 コサメビタキ、サメビタキにエゾビタキ、胸に縦縞があるのがサメビタキ、しかし図鑑を見ていると、はっきりしないのもいるようだ。土曜日に撮影した・・・ビタキ、コサメビタキとしておこう。

11091201

日陰での撮影が多く、撮影しずらかった。  

11091202

こちらは後ろが明るい。  

11091203

三脚を持って行ったので何とか撮影は出来たが、鳥を探しながら撮影するには手持ち撮影が機動性がありよいが、暗い中では条件が悪い。  

11091204

今日の会社帰り、夕暮れ時の中、某川でカワセミを久しぶりに見た。早朝に撮影したいが、まだ暑く別ルートでバスでの通勤シーズン、帰りは多少涼しくなるので歩いているが暗い。明日はどうするかな?

| | コメント (0)

2011年9月11日 (日)

カワセミ探索

 今日は所用で3時過ぎからの出陣、おらが街の川でカワセミを探索した。3時過ぎで日が傾き、多少マシにはなっていたが昨日同様に暑かった。名神上の支流との出合いまで姿を見ず、支流を上流に向かう。探索と言っても川辺を凝視しながらゆっくり歩くのでは無く、普通のペースでの川を見ながらの歩き、カワセミを見逃している可能性は高い。支流も途中まで川原の雑草は刈られていた。

道沿いにコスモスがチラホラ咲いていた。

11091101

初秋の花、今年はしばらく行っていない奈良の般若寺に行くか  

11091102_2

この色の花は撮影しづらい  

11091103

雑草の刈られた川原にネコが寝そべっていた  

11091104

支流は諦め再び本流に戻る。少し上流に歩いた所でカワセミ発見  

11091105

このカワセミ、こちらの姿を見ると直ぐに逃げよる。寺にしばらくおった臆病なカワセミかもと思うが、嘴の形が違うような・・・。今年の秋から冬もこの状態なら思いやられる。今年の冬の蕎麦屋のカワセミであってほしいのだが。  

11091106

橋の橋脚に止まったので、川へのダイビングを期待したが直ぐに下流へ活きよいよく飛び去った。下流は川面が完全に日陰となっていたので諦めて帰る。  

11091107

最近、必ず姿を見ているとはいえ、カワセミの出が悪く(数が少ない)、心配な状況なのは一向に変らない。これまで、この時期になるともう少し姿を見ていた。

移動:歩き  天気:晴れ  D7000:47枚

暑さがぶり返してきた、熱中症に用心ということで今日もペットボトルのお茶をがぶ飲み。

昨日の大阪城、水場では鳥も水を飲んでいた。ムクドリが水に顔を突っ込む。

110911101

水を口に含んで喉に通す  

110911102

さらに上向き、一気に飲み込む  

110911103

暑い時の水は格別美味いとホッと一息。 ・・・想像です  

110911104

| | コメント (0)

2011年9月10日 (土)

歩く、ただひたすら歩く、鳥を探して  大阪城・山科川

 渡りの夏鳥を期待して大阪城に行くが不調、昨日は良かったらしいが、今日は全くダメで歩き回った。運が悪かったのか、こんなものか・・・? 満足できず、帰りに山科川を歩いたが、カワセミを見つけたもののカメラをバックから取り出している間に逃げられ、苦笑いするしか無かった。7時前に自宅を出て4時過ぎに帰宅、夏の暑さの中夢遊病者のように歩いたが、しんどかったのは言うまでもない。野鳥撮影は、待つも歩くも根性あるのみ、根性無しではやれません。

8時半頃の大阪城、出迎えてくれたのはコゲラ、今日は328+1.7倍テレコン、もちろん三脚使用。

11091001

ハシブトカラスか、精悍な顔が良い。 

11091002

コサメビタキと思って撮影したが、エゾビタキてな声もあった、・・・ビタキ。よく判りません。  

11091003_2

これは別の場所での撮影、・・・ビタキ  

11091004

飛騨の森で朝にサンコウチョウ見たの話を聞き行ったが姿見ず。小鳥の水場があったので小休止、とういうよりシャツの汗を乾かした。ムクドリ登場  

11091005_2

スズメ、若鳥かな? スズメの数はやたらに多かった。  

11091006

スズメの行水  

11091007

ヒヨドリが登場する。  

11091008

シジュウガラ  

11091009

最後にコゲラで、大阪城の撮影は終了、時間は昼を過ぎて1時。  

11091010

鳥以外も撮影しています。

アオスジアゲハ  

11091011

オニヤンマ  

11091012

西の丸庭園のキノコ  

11091013

蝉の抜け殻。風は多少涼しかったが、日当は炎天下でまだまだ暑い。行くのが少し早かったかと思う夏鳥の数で、人も少なかった。スズメ、ムクドリ、シジュウガラ、カラス、ヒヨドリは多かった。   

11091014

帰りに地下鉄小野駅で下車し、川沿いを家までカワセミを探索したが、姿を見たのみで撮影出来ず。待っていれば再び登場して撮れていたであろうが、疲れていたので帰った。上流の川原は雑草が刈られ見やすくなっていたが、徐々に下流も刈られるのであろう。しばらくカワセミは消えると思うが、終われば再び川に戻ってくる。そうなれば見つけやすくなるであろう。

移動:地下鉄、京阪、JR  天気:晴れ  D7000:206枚

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

お月さん

 今週初めの会社からの帰り道、月が輝いていた。10時前に思い出し、D7000に400mmズームを装着して手持ち撮影。

11090901_6

| | コメント (2)

2011年9月 8日 (木)

夏の終わりに鱧のコース料理

 昨日の宴会のコース料理です。近鉄十条より歩いて5分少々の場所にある10月からはふぐ料理の店、お世辞にも小奇麗とは言えない小さな店だったが、料理の味は良くボリュームもあり良かった。若い女性が行くような店では無いが、質優先のおっさんにはぴったりの穴場の店だった。

まずは突き出し、サザエかな

11090801

鱧おとしに、造り盛り合わせ  

11090802

鱧は梅肉で食べる。酢味噌の方が好みなのだが・・・・  

11090803

魚の種類は分からないが厚い  

11090804

タコ、大好物  

11090805

鯨が出た、何十年ぶりかな  

11090806

鱧のてんぷら、スーパーの物を時々食べるが、揚げたては格段と美味い。  

11090807

鱧の炙り  

11090808

炭火で網焼き、皮を下にして焼く。身も少し炙った方が美味しい。  

11090809

すり身の揚げ物、ボリュームがあった  

11090810

メインの鱧シャブ  

11090811

薄味のダシでしゃぶしゃぶ、このダシで食べるのかと思ったらポン酢があった。  

11090812

鱧を少し味わった後は、一気に野菜を入れる。 

11090813

寿司が出た、この時点でもう満腹!  

11090814

仕上げは、鍋の残りの汁にラーメン。”鍋の後はうどんやろう”と思ったが、ラーメンもなかなか良い。もちろん胡椒をかける。  

11090815

最後のデザートはバニラ  

11090816

4800円のコースだが量が多いので、幹事の計らいで少し量を減らし4000円にしてもらったとか。しかし、これでも満腹になった。飲み代を入れての5800円は大満足。

| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水)

平日出勤日の朝と夜

 昨日の夜は少し寒かった。今日の朝も少し肌寒かったが、快晴で心地よかった。通勤途中のいつもの場所でコンデジでパチリ数枚。

三条大からの鴨川、雲ひとつ無い快晴、こんな日は会社に行くのがもったいない。若い頃から思っていましたが、出勤するが悲しいサラリーマンの定め、早く自由人になりたい? なったらなったで暇を持て余す、所詮人生は、どういう境遇であろうが満足出来ないのであろう。

11090701

早朝の先斗町、久しく(夜は15年以上か)歩いていません。  

11090702

ポールトランスを1枚。何で撮ったか? そこにあったから。  

11090703

夜は定時デーで、2ヶ月に一度のI会(飲み会)。今日は、わざわざ近鉄十条に行き、鱧のコース料理で二次会は無く10時前に帰ってきた。  

11090704

飲んだ後のブログ更新、ようやりまっしゃやろ  言葉がおかしい・・・、思考がついていきません。本日はこれまで!

移動:市バス、近鉄、JR  天気:晴れ  P6000:62枚

| | コメント (0)

2011年9月 6日 (火)

サギが飛ぶ  おらが街の川

 おらが街の川は、すぐ横に住宅が並ぶ。サギが少し高く飛べば当然家が入ります。それでもカワセミが居るんよね、京都市内の交通量の多い道路横の某川にも居るし、鴨川の三条大橋の下を飛ぶものを見たこともあります。観光地の嵐山の渡月橋近くでは数度見ており、祇園白川に居ないか、行けば注意深く見ますが、見たことはありません。少し離れて撮ると、絵になると思いますが・・・。

土曜日に撮影したサギです。

11090601

ダイサギがチュウサギか、私には見分けが出来ない。 

11090602

コサギも含め白鷺か  

11090603

| | コメント (0)

2011年9月 5日 (月)

ムクドリ 若

 土曜日の川での撮影です。橋の欄干に止まった鳥、何かなと思いとっさに撮影しましたがムクドリでした。

色が薄く若鳥と思います。

11090501

精悍な顔つき  

11090502

数が少なく珍しい鳥ならば、野鳥カメラマンのターゲットになっていたでしょう。カメラマンが追う鳥、数が多いか少ないかの違い、数が多ければ見向きもしない。  

11090503

| | コメント (0)

2011年9月 4日 (日)

夏の終わりを多少感じた勧修寺

 今日は朝の内、少しだけカワセミを探索してから、大阪池田へ行く予定だった。朝起きると雨でカワセミ探索は中止、おまけに腹具合がおかしく、下痢と便秘の共存状態で何度もトイレに行くが調子良くならずで、大阪行きも中止した。8時半頃に大正漢方胃腸薬を飲み、多少良くなりTVで世界陸上のマラソンを見ていたが、日本選手が遅れ始めたので興味が薄れる。外を見ると雨が上がっていたので、腹具合が多少気になったが、10時半頃に勧修寺に行くことにして家を出た。川に行きたかったが、急に腹具合がおかしくなった時のことを考えて、トイレのある寺に車で行った。カワセミは居たが、鳴きながら外に飛び出す姿を見たのみで、撮影は出来なかった。カワセミが帰ってくるのを少し待っていたが、12時半頃に腹の具合が再びおかしくなり、大事に至る前に引き上げた。家に着いてから雨が激しく降り出し、帰ったのは正解だった。

今日のカワセミ、鳴きながら飛んでいったが、8月前半に撮影していた鳴かないカワセミとは違ったのかも知れない? もうしばらくすれば寺での出が良くなるかも知れないが、その頃には川で探しやすくなっているだろう。

今日の勧修寺、蓮の花が一段と少なくなっていた。

11090401

蕾も数多く残ってはいたが、小さい蕾も多く花開かないのも多くあるのだろう。  

11090402

咲いたばかりと思われる花。他の花の大半は、花びらが下に垂れ終盤だった。  

11090403_2

白い睡蓮の羊草は、まだ数が多かったが花の大きさは小さく、一頃のように活きよい良く咲いている花は少なかった。天気が曇り空だったからかもの知れない。 

11090404

赤い睡蓮は、蓮の葉の下で見た一輪のみ、探せば他にもあったかも知れないが。  

11090405   

花弁が落ちた蓮の蜂の巣、中から顔を覗かせているは種かな  

11090406

銀杏が落ちていたので、岩の上に並べてみた。  

11090407

まだまだ、暑い日が続くようだが、9月になり秋はもう直ぐそこに来ている。

移動:車  天気:曇り  D7000:31枚

昨日川で撮影したカワセミ、行動パターンが似ているのでこの冬のカワセミと思っているが、嘴が少し短いような気もする。且つ視線が合うと直ぐに逃げることから、♂であることには間違いないが若鳥かも知れない。川でも寺でも同様だが、その場所に現れるカワセミの行動パターンは似ている場合が多いが遺伝かな?  

11090408

今年の冬のカワセミ、上の嘴が欠けている時の画像です。後ろに近づいても逃げることは少なかったが、画像を見ても落ち着きがあるように思う。体が少し丸いのは、冬だったからだと思う。冬になると寒いからか、丸くなる小鳥が多い。  

11090409

| | コメント (2)

2011年9月 3日 (土)

台風接近 昼からのカワセミ

 午前に引き上げた後、シャワーを浴びYouTubeで歌など聞きボケッとしていたが、2時半過ぎに雨が止んだので再び川に行った。午前の撮影が物足りなかったのだが、今度は出る前に十分に用を足してからの出陣。

カワセミは、蕎麦屋横の橋の下の土手に居た。何気無く橋から顔を突き出して見つけたのだが不覚だった。カワセミと目が合い、カメラを向ける時間も無く飛び去られたのだが、居ることが判っていれば、もう少し慎重に対応していた。橋の中に隠れたように見えたので少し待つが、出てこないのので仕方なく下流に行き、支流との出会い三角点で行き先を考える。

真っ直ぐダイソー横まで行くか?

110903101

引き返すか?  

110903102

支流に行くか?  

110903103

支流を選び歩くが、雨が降ってきたので木の下で雨宿り、雨が上がったところで引き返すことにした。

蕎麦屋横でしばらく待つが、カワセミは姿を見せずで上流に向かう。朝にカワセミが隠れた木の茂みで発見、しばらく待つが出てこず。  

110903104

仕方なく、時間つぶしで上流へ行き、アオサギが堰の上で遡上のためジャンプしてくる小魚を狙っていたので撮影する。  

110903105

よく見ていると小さなジャンプする魚影が見えた。数が少ないので撮影のタイミングを外す。  

110903106

少し横ではコサギが多少大きな魚を捕っていた。  

110903107

しばらくして、カワセミが餌場に出てきたのが目に入り移動するが、じっと水面を見ているだけ。再び雨が降ってきたので対岸に行き、逃げるのを覚悟で背後に近づき顔を突き出すと、やはり逃げた。 

110903108

雨は止ます、風も多少強くなったので引き上げた。

帰ってから、YouTubeで再び歌を聞く。石原裕次郎の”雪国の町”、背景画像が途中でレコードジャケットの上高地の大正池に変り、昔の大正池やと驚く。上高地にいで湯の宿は無い。続いて、テレビドラマの主題歌、大御所三橋美智矢の”怪傑ハリマオの歌”、小学生の頃このTVドラマに夢中になった。中島みゆきの”ほうせんか”、”歌姫”、”唇をかみしめて”・・・。よしだたくろの唇をかみしめてを中島みゆきが歌っているとは思わなかったが、これも良し。

明日はどうするかな?

移動:歩き  天気:曇り時々小雨、風強し  D7000:127枚 

| | コメント (0)

台風接近 朝のカワセミ

 今日は朝から大阪城に行く予定だったが、台風の移動スピードが上がらずもたもたしているので諦めた。いつも参考に見させてもらっている”大阪城公園の野鳥 ・・・”でコルリが飛来していると書かれていたので、是非撮影に行きたかったが残念である。今年の春も、かなりの数が飛来した日があったようだが、私が行った日には見かけなかった。コルリ♂を撮影したのは、昨年の春一度のみ。暗い中での手持ち撮影で大半がピンボケ、3枚残しているが、まともに見られる画像は1枚だけ、もう一度撮影したいと思っている。

11090301

今日は撮影休みと思い、朝からニコンのアルバムにヤマセミ写真を20枚貼り付けたが、8時前に外を見ると曇り空で多少風は吹いていたが、雨は降っていなかった。これならしばらく大丈夫と、D7000に400mmズームを装着して8時過ぎに家を出た。”風よ吹け~、雨よ降れ~、風や雨にカワセミカメラマンは負けぬわ~!”の心境だったが、川に到着する前に小雨がパラつき、川では突風で傘の骨が折れそうになり、即帰ろうかと意気込みが風に吹き飛ばされる。直ぐに収まったのでカワセミ探索続行。

カワセミは、橋の下に居た。橋に到着する前に、少し下流で散歩の人が川をじっと見ていたので、餌捕りをしていたのかも知れない。 

11090302

近づいて撮影すると、少し上流の木に隠れた。風で上下に動き、カワセミにピントが合わず。  

11090303

後ろからの撮影、ノートリ。動きそうに無いので下流へ行く。  

11090304

ダイソー(今日始めて店の名前を見た)横の橋まで歩くが、姿見ずで引き返す。

カワセミは、少し上流に移動していた。土手の雑草で見えにくかったので、とことん近づいて体を乗り出しての撮影、当然直ぐ逃げる。この冬に楽しませてくれた上流のカワセミと思うが、毛がボロボロで良く分からない。  

11090305

少し下流の水辺に止まる。この位置からなら飛び上がった時にホバが見られるかもと思い期待して待つ。風にあおられ、風の吹くほうを向き、少し羽を広げてバランスをとる。  

11090307

少々の風は、どうってこと無いのであろう  

11090308

少し待ったが、結局上流に飛び去った。  

11090309

後を追いかけるが姿見つからず、下流に戻ろうかと思った時に腹具合がおかしくなってきた。朝の踏ん張りが不十分だったようである。最近、筋肉、腹回り、・・・・、根性も含めて弛んでいる。我慢しきれなくなった時のことを考え引き上げた。

サギが高く舞い上がったが、風に右へ左へと流されながら飛んでいた。  

11090310

朝の山科川の流れは穏やかだった。

11090311

移動:歩き  天気:台風接近の曇り空時々小雨  D7000:133枚

<追伸>

まだまだ暑い日が続いていますが、9月になりましたので背景を秋版に変更しました。

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »