« 台風接近 朝のカワセミ | トップページ | 夏の終わりを多少感じた勧修寺 »

2011年9月 3日 (土)

台風接近 昼からのカワセミ

 午前に引き上げた後、シャワーを浴びYouTubeで歌など聞きボケッとしていたが、2時半過ぎに雨が止んだので再び川に行った。午前の撮影が物足りなかったのだが、今度は出る前に十分に用を足してからの出陣。

カワセミは、蕎麦屋横の橋の下の土手に居た。何気無く橋から顔を突き出して見つけたのだが不覚だった。カワセミと目が合い、カメラを向ける時間も無く飛び去られたのだが、居ることが判っていれば、もう少し慎重に対応していた。橋の中に隠れたように見えたので少し待つが、出てこないのので仕方なく下流に行き、支流との出会い三角点で行き先を考える。

真っ直ぐダイソー横まで行くか?

110903101

引き返すか?  

110903102

支流に行くか?  

110903103

支流を選び歩くが、雨が降ってきたので木の下で雨宿り、雨が上がったところで引き返すことにした。

蕎麦屋横でしばらく待つが、カワセミは姿を見せずで上流に向かう。朝にカワセミが隠れた木の茂みで発見、しばらく待つが出てこず。  

110903104

仕方なく、時間つぶしで上流へ行き、アオサギが堰の上で遡上のためジャンプしてくる小魚を狙っていたので撮影する。  

110903105

よく見ていると小さなジャンプする魚影が見えた。数が少ないので撮影のタイミングを外す。  

110903106

少し横ではコサギが多少大きな魚を捕っていた。  

110903107

しばらくして、カワセミが餌場に出てきたのが目に入り移動するが、じっと水面を見ているだけ。再び雨が降ってきたので対岸に行き、逃げるのを覚悟で背後に近づき顔を突き出すと、やはり逃げた。 

110903108

雨は止ます、風も多少強くなったので引き上げた。

帰ってから、YouTubeで再び歌を聞く。石原裕次郎の”雪国の町”、背景画像が途中でレコードジャケットの上高地の大正池に変り、昔の大正池やと驚く。上高地にいで湯の宿は無い。続いて、テレビドラマの主題歌、大御所三橋美智矢の”怪傑ハリマオの歌”、小学生の頃このTVドラマに夢中になった。中島みゆきの”ほうせんか”、”歌姫”、”唇をかみしめて”・・・。よしだたくろの唇をかみしめてを中島みゆきが歌っているとは思わなかったが、これも良し。

明日はどうするかな?

移動:歩き  天気:曇り時々小雨、風強し  D7000:127枚 

|

« 台風接近 朝のカワセミ | トップページ | 夏の終わりを多少感じた勧修寺 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風接近 朝のカワセミ | トップページ | 夏の終わりを多少感じた勧修寺 »