« 大津祭 2011 | トップページ | キバナコスモスとヒョウモンチョウ »

2011年10月10日 (月)

体育の日もカワセミ

 三連休の三日目は体育の日、運動(?)せねばと重い機材(328+1.4倍テレコンにD7000)を担いで川を歩いてきた。家を出たのは7時頃、帰ったのが4時頃で、その間2時間ぐらいは歩いたであろう。後は、カワセミ待ちのほとんど立ちっぱなしで疲れた。

早朝は支流に行ったが、2時間待ってカワセミは三度下流から上流へ猛スピード飛んだのみで撮影チャンスは無かった。上流から飛んでくるところは見なかったので、周回ルートがどこかにあるように思う。諦めて本流へ行ったが、今日は最近にしては珍しくカメラマンが多く、昼からは10数人ぐらいは集まったであろうか。といっても半数以上は寺の常連さん、相変わらず寺ももう一つのようである。人は集まったがカワセミの出はさっぱり、5時間ぐらいで三度ほど10数分の顔見せがあったのみ、話し相手が居なければ家に帰っていた。

川は撮影がしやすい。ジャスピンは無かったが、数少ないチャンスをこの時期としては満足できる程度には撮れた。

11101001

止まり木からの飛び込み、止まり木が邪魔する。

11101002_2

止まり木は、あってもなくても無くても良いが、上流は土手からの飛込みが大半で不要、どなた様も立てないでおくれやす。土手からの飛び込みの方がタイムラグが長く、瞬時の動きに遅れをとるアッシには一呼吸置けるので撮り易い。

名神までの中流域(私が行く撮影領域でいう)での止まり木は、願わくばもう少し後ろから立てるか、角度をつけて上向きに立てるかで、川に突き出さないようにして欲しい。これまで、特に近距離に飛び込む水浴びで、何度も邪魔になったことがあるが、撮る人の好みで仕方なしかな~。

名神より下流の小野辺りまでは、撮影に行きますがどうでも良しで、好きなようにしておくんなはれ! 止まりは後ろが抜け綺麗に撮れるが、川での狙いは水際です。

11101003

横に飛ぶ  

11101004

少し上で土手から飛び込んで、川中の石に止まる。  

11101005

背後に飛んで川岸へ  

11101006

羽を広げて草に止まろうとする。適当にシャッターを切ったが撮れていた。周囲の草にあったのかも知れない。  

11101007

止まる瞬間  

11101008

餌捕り後、再び川中の石に飛ぶ。  

11101009

獲物は小さかった。  

11101010

再び飛び高い木の茂みに隠れて休憩  

11101011

1時間ほど立ってから再び登場  

11101012

餌捕り成功、少し大きな魚を捕る。ピントを外すが、アンシャープマスクで強引に補正。  

11101013

橋の下に入り魚を飲み込んだ後、直ぐに上流に飛び去った。今日は、まったく愛想が無かった。  

11101014

再び戻ってきたのは3時間ほど立ってからであったが、一度川に飛び込み見えない場所に隠れたので帰宅した。今日もかなりの枚数を撮影したが、大半はカワセミ以外、今週のブログネタは確保した、

移動:歩き  天気:晴れ  D7000:330枚

|

« 大津祭 2011 | トップページ | キバナコスモスとヒョウモンチョウ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大津祭 2011 | トップページ | キバナコスモスとヒョウモンチョウ »