« 思い通りにはなりません | トップページ | 雨のカワセミ撮影地 »

2011年10月30日 (日)

上高地・乗鞍高原周遊Ⅰ 上高地 大正池

大正池に到着したのは9時頃で、気温は2~3度だったであろうか寒かった。

展望広場から撮影スタート、カメラはD3、レンズは24-70mm、迷ったがCPLを使用した。快晴でWB晴れ、測光は中央重点(CPL使用時のみの設定)、F8、ISO400でもちろん手持ち撮影。最初に露出補正のチェックを行う。0、-0.3、-0.7、-1.0を試し、以後大半を-0.7、-0.3で撮影した。

穂高には日が差していたが、日陰は暗く霜も解ておらず幻想的だった。残念ながら私の腕では、上手く取れないが、1時間早ければもっと幻想的であっただろう。

11103001

少し歩き大正池ホテル横の広場に入る。

上高地にはいつも朝早く入るが(信州泊の場合は6時半頃)、焼岳も明暗が強くどう撮影したらよいのか毎回迷う。まだ霜が残っている手前の貸しボートを入れてみた。1週間早ければ中腹の黄葉も綺麗だったと思うが、終盤で大半の木が散っており色は冴えなかった。  

11103002

大正池を鏡代わりにしてローアングルで撮影、は毎回同じ場所を歩き同じポイントで撮影しているが、それで良しの撮影地。  

11103003_2

池の端の広場へ移動、日が少し高くなり、焼岳全体に日が差す。  

11103004

広角で流れ込む梓川を入れての撮影、これもしゃがんでのローアングル。  

11103005

D7000に80-400mmのテレ端で焼岳の頂を撮る。噴煙は少なかったように思う。 

11103006

日陰の池中、霜が残った枯れ木  

11103007

直ぐ横の苔むした小さな枯れ木、望遠で覗いていてユーモラスな姿が目にとまる。  

11103008

じっとしていると寒かったこともあり、長居せず田代池に向かう。

|

« 思い通りにはなりません | トップページ | 雨のカワセミ撮影地 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い通りにはなりません | トップページ | 雨のカワセミ撮影地 »