« 分からない? | トップページ | ホバ・ホバ・ホバ・・・・・ »

2011年11月27日 (日)

一瞬目を離した瞬間に・・・・

 今日は10時前に大阪へ行く予定で、カワセミ撮影休みかと思っていたが、朝いつも通り6時に目が覚める。10時まですることも無く、D7000に328で川に出かけた。大将の朝食狙いで蕎麦屋に行くつもりだったが、川について直ぐに大将発見、対岸からこちらの岸飛び込んでいたので、水際が見えず対岸に急いで行く。すると今度は、土手際に飛び込まれ姿が見えずで、”何てこったい”の苦笑い。

今にも川に飛び込みそうだったので、少し横からカメラを構えていると、こちらに飛んできた。

111127101

このカワセミも夏以降に再び姿を見せ始めた頃は、近づくと直ぐに逃げたが、今は以前の状態に戻っている。  

111127102

近くでのアップ画像、朝の薄雲の日陰でも綺麗なオッチャンカワセミ。  

111127103

前の川岸の枯れ草に移動、川はスペースが十分、絶好の水際撮影条件、しかしこの大将はいつものことであるが動き遅くじらしよる。多少イラつき、上にお嬢が出ていないかと目をそらした瞬間だった。ポチャンとの音で慌てて水面を見ると餌を加えているところが見えたので、慌ててシャッターを押す。丁度カメラを向けていたあたり、おまけに大きな魚で飛び出しが遅く、後姿は捉えることが出来た。  

111127104

流石に餌捕り名人、一発で大きな魚を捕りよった。  

111127105

いつものように飲み込むのに多少てこずる。  

111127106

石に魚を何度か叩きつけ、飲みやすくしてから咥え直す。  

111127107

口を大きく開け、飲み込み開始  

111127108

飲み込みだすと後は早い  

111127109_2

万事休すで終わり。後は水浴びと思ったが、飲み込んだ魚が大きく、動く気がしなかったのか10分ほど待ったが、石の上に止まったまま、諦めて蕎麦屋前に急ぐ。こうなれば、狙いは出合いの若しかない。数人のカメラマンが居たが、上流の状況を話した後出合いに行くと、カワセミが飛び込む瞬間が見えた。近づいて直ぐ後ろから川岸のカワセミを見ると、少し大きな魚を咥えていた。しばらく様子を見ていたが諦めて帰った。残念無念の思いで引き上げたが、動きが悪くても目の前のカワセミに集中する我慢の無さ、今更ながら・・・・・。

夕方、D7000に80-400mmの手持ちで、再び川に行った。朝の餌捕りが撮れていれば、満足して行かなかったであろう。上のお嬢が魚を咥えて石の上に居た。魚が小さかったので様子を見ていると、少し下流に移動して飛び込んだ。夏ならともかく、この時期の4時前の手持ち撮影は、暗くて多少無理がある。証拠写真で良しとして多少踏ん張る。  

111127111_2

下流へと移動を繰り返し、川幅の広い場所で動きが悪くなる。4時を過ぎ、カワセミの瞬時の動きを追いかけることが難しくなったので、諦めて帰宅した。  

111127113

日が差していればもっと綺麗だったであろう、最後の画像

111127114

移動:歩き  天気:薄曇  D7000:147枚(朝94、夕方53)

|

« 分からない? | トップページ | ホバ・ホバ・ホバ・・・・・ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分からない? | トップページ | ホバ・ホバ・ホバ・・・・・ »