« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

カワセミホバ25連写

 最近、餌の魚が見つけにくいのか、撮影地のカワセミはホバをよく行う。それもロングホバが多い。D3で連写したが、途中でシャッターを押すのを止めたホバを、抜き取りで貼り付ける。

1枚目 そのホバは、斜め後ろからの撮影で始まる。

12013101

7枚目 途中から回転し始め、顔が少し見える

12013107

9枚目 横向きになり目が入る

12013109

12枚目 魚が見つからないのか、顔はまたしてもアッチャ向き

12013112

16枚目 再び撮影には良い方向を向く  

12013116

17枚目 続いてのいいポーズ、風に対してバランスを取っているような?

12013117_3

20枚目 再び背を向け始める。この時点ではバッファを増量していないため、連写速度は極端におちている。D4では、まだまだ高速連写の域、期待出来る。  

12013120_3

22枚目 完全に後ろ向き

12013122

23枚目 ようやく飛び込むか?

12013123

25枚目 思わせぶりだけで再びホバを続けるが、シャッターを押すのを止めた。

12013125   

寒い冬場は、魚が川底で身を潜めているのか、カワセミも魚を探して必死に動き回る。例年の事でカワセミ撮影は冬が良い。寒さに耐える根性が要るが、暑さに弱い者にとってはどうって事は無い。

このカワセミはとことん歩かせてくれるが、重い機材を担いで歩くことに体が馴染んできたのか、最近腰の調子が良い。 その内、そのしわ寄せが出なければ良いのだが・・・・。

    

| | コメント (0)

2012年1月30日 (月)

カワセミ 水際撮影は苦手

水際の撮影は一瞬が勝負、集中力に欠けているので苦手だが一番撮りたい場面。じっと待っていても、不思議と目を離した隙きや三脚の位置を変えている時に飛び込まれることが多く、”ありゃ~”となることが多い。先週の土曜日は何故かタイミングが合い、何場面か見られる程度に撮れています。ただ、魚を咥えているところが少なかったのが残念。

12013002

  

12013003

  

12013004

 

12013005

  

12013006

  

12013007

  

12013008

  

12013009

  

12013010

  

12013011

  

12013012

  

12013013

| | コメント (0)

2012年1月29日 (日)

V1手持ち撮影でカワセミ水際に再挑戦、ホバも撮る

 今日もカワセミ撮影、朝7時過ぎの出発で粉雪が多少待っていた。天気予報がもう一つだったので、天気が崩れれば直ぐに帰れるようにと手持ち撮影に、ならばV1で水際再挑戦、今日は70-200mmf2.8を持って行った。三脚座取付用タップに取付けるネックストラップを付けたので、首からぶら下げることが出来たが、撮影時は当然手持ち、V1はガッチリ掴む事が出来ないのでレンズを掴む左手に大半の重量がかかり重くて苦労した。取り寄せを頼んでいるグリップが入れば多少変るかも知れない。バランス的には28-300mmの方が良いが、高倍率ズームでフォーカスが遅いのが難点。

今日のカワセミは動きが良くホバを連発してくれたが、餌捕りは撮影しにくい場所が多かったこともあるが、またしても良い画像が撮れなかった。

早朝の餌捕り、暗くてシャッター速度が上がらず。V1はISO400が限度と思うが、800に設定したのでもう一つ(二つか)。

12011901

マウントアダプターを使用するとAF-Sしか使えないのが残念、何とかソフト変更で改善出来ないのか?  

12011902

2枚目は(も)、全くダメ  

12011903

水に潜る時間が長かったにもかかわらず、ファインダーが見難く何処に飛び込んだのか探すのに時間がかかり、センターにカワセミを持って行けずで端の方に入っていた。  

12011904

多少はマシかな?  

12011905

対岸近くでの餌捕りは、手前の草にピントを取られ完全なピンボケ。三脚を使用していれば、合わせれたかも知れない。  

12011906

画面に納めることは出来た。  

12011907

今日は風が少し吹いていたためかホバ連発、ロングホバもあったが暗くて大半がピント合わず。 

12011908

合っても手持ちではもう一つ  

12011909

AF-S、ピントが合えば多少レンズが上下に揺れても外れない。  

12011910

飛び込み姿勢、この先を追えない。まだまだ、腕が悪い。  

12011911

エレクトロニックシャッタ-Hiでのスローシャッターでの撮影  

12011912

今日、一番上手く撮れたホバ。日差しがあり、今まで撮ったことが無い近距離だった。  

12011913

カワセミをセンターに持って行くためトリミングしている。  

12011914

顔をもう少し上げてくれていれば、目が入っていたと思う。  

12011915

しかし、このカワセミは、最近益々大胆になってきている。  

12011916

最近、活動場所も去年の冬同様、上流にシフトしてきているので家から近く大歓迎。  

12011917

この場所でホバを3回行ったが、ノートリの画像、後姿だったのが残念。  

12011918

移動:歩き  天気:曇り時々雪が舞い晴れ間も出る  V1:432枚

| | コメント (0)

2012年1月28日 (土)

カワセミ 不調

 今日は朝からカワセミ撮影に行った。カワセミの出・動きはまずまずだったが、体が不調だった。昨日の夜は鍋で、発泡酒500mlを2本にウイスキーロックを飲み、朝にアルコールが残っていた。喋っていて、ろれつが少し回っていないのが自分でわかり、しんどくてイラつき、口には出していないが年甲斐も無く、”なんじゃいワレ”の気持ちがわきあがり、反射的に些細なことで通行人に噛み付きかける。反省せねば・・・、カワセミカメラマンは常に紳士たれ? (私は巨人ファンでは無い)

朝の内、餌がなかなか捕れず捕っても小魚ばかりで、カワセミの動きは良かった。私は若の様子を見に下流に行ったため見ていないが、少し上流で大きな魚を捕り午前の部は終了、2時間待った昼からは夕方まで動きが悪く、じっとしていると寒さが身にこたえた。3時頃撮影終了。

早朝、川に着いた時にはカワセミは餌捕りを行っていた。

12012801

魚が見える場所にいなかったのか、風も少し吹いていたこともあり何度かホバを披露してくれた。  

12012802

朝のホバは短く、ピントが合うのも遅れたので、あまり撮影は出来なかった。  

12012803

天気予報は曇りだったが、日の差す時間は多かった。日が差してからのホバ、残念ながら遠くて向きが悪くもうひとつ。  

12012804

撮れないより撮れた方が良い。  

12012805

降下寸前に顔を見せてくれる。  

12012806

この後、超ロングホバもあったが後ろ向きが大半。

次は水際、餌捕り名人が今日はなかなか撮れず苦労していた。  

12012807

その分、多くの水際が撮れたが、大きな魚を咥えていないと面白くない。  

12012808

1度だけ並サイズ(ほども無いか)の魚咥え物が撮れていたが、水から体を突き出したシーンはピンボケ。  

12012809

夕方の連続餌捕りダイビング、数度飛び込んだがすべて餌捕りは失敗、故に飛び込みが多かった。 

12012810

夕日を浴びて金色に輝く・・・、単に露出設定を失敗しただけ。  

12012811

ソフトでかなり修正。  

12012812

かなりの枚数を撮影し、水際、飛行の見られる画像も撮れたが、整理して後日に掲載します。

朝と夕方に二度ハイタカが飛んだ。朝はかなりの上空だったので大トリミング  

12012813

ゆっくりと飛んでいたのでピントをそれなりに合わせることが出来た。バックが青空でなかったのが残念。  

12012814

夕方の撮影、かなり低空を飛んだ。  

12012815_2

明日もカワセミか、それともヤマセミリベンジか? やっぱりカワセミかな。

移動:歩き  天気:曇時々晴れ  D3:603枚

| | コメント (0)

2012年1月27日 (金)

イソシギ

先日の天ヶ瀬での撮影です。喧嘩だ喧嘩だと思いましたが、大したバトルは無く次の日は仲良く並んでいました。明日は、カワセミで頑張る。

12012701

  

12012702

  

12012703

  

12012704

D3とはいえ、日陰のISO1600の撮影、トリミングしてアンシャープマスクを多めにかけるとザラツキが目立つ。D4ではどうかな、楽しみ。

| | コメント (0)

2012年1月26日 (木)

ブログアクセス数30万突破 訪問ありがとうございます

 昨年20万回を突破したアクセス数が30万回を突破しました。下手な写真満載(たまには上手く撮れていることもあると思いますが?)のブログへの度々のご訪問ありがとうございます。現在、ブログの無料最大容量1Gbに対し、残り10Mbを切りました。乗り換えるか、このまま有料で容量アップするか思案中です。今後とも宜しくお願いします。

12012601

  

12012602

| | コメント (0)

2012年1月25日 (水)

V1用ネックストラップ

 V1に従来レンズをつけた時のネックストラップを探した。手持ち撮影時は首にぶら下げて歩くが、付属のカメラに付けるストラップでは、カメラのマウント部分がレンズの重量に耐えられず使用できない。28-300mmレンズなら手持ちでも歩けるが、70-200mmf2.8+テレコンでは重くて常時手で持っているわけにはいかない。レンズに取り付けられるストラップが無いか探しところ、三脚台座の1/4インチタップに取り付けられる物が見つかった。会社帰りにヨドバシに行ったところ、ネットで見たものと同じかどうか分からないがあったので購入した。

BLACKRAPID・RS7とかいう商品で、帰ってから早速取り付けてみた。テレコンは1.7倍

12012501

三脚台座固定用のタップに取り付けた。仕様表は無かったが、使用例の写真から3kgぐらいなら持ちそう。  

12012502

以前使用していたD300やD7000にテレコンを付け、カメラのストラップで首から下げていると、時々マウント部接点の接触不良を起こしエラー表示が出て、都度カメラかテレコンを外し付け直していた。手持ちで持ち歩く時は、このストラップの方が良いかも知れない。ネジの締め込み部分にゴムパッキンがバネ座の代わりに入っているが、緩んでこないかは心配である。

| | コメント (0)

2012年1月24日 (火)

カワアイサの後姿

飛んできて着水する直前の撮影です。過去によく行った水鳥狙いの撮影なら、それなりと思いますが、ヤマセミ狙いでの暇つぶしでは・・・・。懲りずに頑張ろう、きっと良い日が来る。

120124101

  

120124102

  

120124103

  

120124104

  

120124105

| | コメント (0)

2012年1月23日 (月)

カワアイサが飛ぶ

 ヤマセミ待ちの退屈な時間を潰してくれるのがカワアイサ、人が川原に下りると下流に飛び、人がいなくなってしばらくすると飛んでくるの繰り返し。狙って撮ったのでは無いので良い画像無し。

まずは♂が飛ぶ

12012301

カワアイサは2年前か、湖北で始めて撮影したが湖北に行かなくても撮れる。ミコアイサが来てくれれば少し気合が入るが姿無し。先日、大阪のMさんに近場で(比較的)ミコアイサが居る場所を聞いたが、まだ行っていない。故郷池田に帰る時に行ってみようかと思っているのだが今年も湖北になりそう。

12012302

♀が飛ぶ  

12012303

ペアーも飛んでいた。  

12012304

ヤマセミが支流から出てくるのを待っているため、左から右へ(上流から下流)飛ぶシーンばかり。 

12012405

| | コメント (0)

2012年1月22日 (日)

ヤマセミ 最悪のシナリオ

 今日も朝から曇り空でヤマセミ撮影に行った。7時半過ぎに到着、直ぐにヤマセミは現れ対岸の餌捕りお立ち台の枝に止まった。水面を見て落ち着かない様子、直ぐにでも飛び込みそうな雰囲気だった。

12012201

そこに上流から、カヤックというのか一人乗りのボートが近づく、当然ヤマセミは逃げるわな。

12012202

志津川河口の木に止まるが川を見ている。直ぐに戻るかと思ったら、今度はルアー釣りの若者が川原に下りよったため、ヤマセミは直ぐに志津川に消えた。この若者、30分もしない内に帰りヤマセミ撮影者にとっては良かったが、何しに来たのか・・・?  

12012203

”何てこったい!”でガックリ、後で聞いた話では飛んでくる前に下流で2匹魚を捕ったようであるが、ボートさえ来なければ飛び込んでいたかも知れない。それから2時間待ったが、ヤマセミは現れなかった。9時半過ぎに所用で一旦引き上げた。

その後、2時過ぎに現場復帰、ヤマセミは私が帰った後も現れなかったとのことで粘る。4時半頃にようやく再登場、水面をキョロキョロしていたので期待したが何もせずに下流に飛ぶ。

12012204

吊橋の少し下流で、鳴きながら止まっていた。  

12012205

しばらくしてに鳴き止み、さらに下流へ飛ぶ。  

12012206

木の繁みにかくれ、静かになったので諦めて帰った。  

12012207

しばらく調子が良かったヤマセミも、このところ出が悪くなったとのことで、今日は撮影出来ただけでも良かったのかも知れない。。この二日間ヤマセミに行ったが、出が悪いなら曇り空でも来週はカワセミに戻る。湖北にも再び行きたいが、オオワシ撮影は飛ばなければ退屈、行くなら今度はコハクチョウ狙いかな?

今日もカワセミは撮影した。大トリミング画像。今日もかなりシャッターを押したが、大半はカワアイサだった。  

12012208_2

移動:車  天気:朝は曇り、夕方は晴れ  D300枚

| | コメント (0)

2012年1月21日 (土)

ヤマセミ 惨敗

 天気予報では朝の降水量が0だったので、ヤマセミ狙いで天ヶ瀬に行った。8時頃到着、ヤマセミの姿は見えずで小雨がぱらついていたが、傘を差して吊橋方面を探索。姿見ずで帰ってきた時に、対岸で急に鳴き声が聞こえ志津川の出合いに飛ぶのが見えた。行ってみると河口の木に止まっていたが、直ぐに飛び、目の前の木に止まったのでビックリしたが、ヤマセミもこちらを見てビックリで直ぐに上流に飛び去った。対岸の繁みに隠れている時に、後ろから近づき過ぎて逃がす人が居ると聞くが、人の姿は見ていないが急に鳴き飛び出したところから推測すると、背後で人が近づきすぎたのであろう。しかし、目の前に止まった時、カメラを持っていれば大アップの写真が撮れていたと思うと残念、今日はD3にゴーヨンだったので手持ちは不可、車に置いていた。その後は姿を見せず、そろそろ出るかなと思った12時過ぎに雨が降り出したので引き上げた。この冬二度目のボーズでガックリ、今日は気合を入れてD3を持って行っただけに非常に残念だった。

時間潰しに撮影したカワアイサ、♂は目が入りにくい

12012101

♀、雄は4羽ほど見たが♀は一羽のみ  

12012102

比較的手前に泳いできたので目が入った  

12012103

水に顔付け上を向く。口を開けて”がおー”とは叫ばなかった  

12012104

こちらは急に、90度顔を持ち上げたところ。2~3秒続いたが何をしていたのか?  

12012105

水に潜る瞬間を狙ったが気合が入らず 

12012106

水の透明度が低く魚が見えなかったのか、かなりの時間潜っていた。  

12012107

顔を掻き終った瞬間  

12012108

今日は晴れ間は無し、ならば撮影場所に日陰が出来ず明暗が無い、ヤマセミの撮影はしやすく絶好と思い行ったが見事に惨敗、リベンジでまた行くかな?

移動:車  天気:小雨後曇り後雨  D3:139枚

| | コメント (0)

2012年1月20日 (金)

マガモ♂

マガモの♂、誰も注目しませんが綺麗な鳥と思う。

12012001

羽を広げると羽の綺麗な色も出る。  

12012002

料理の食材の名前はアオクビ、鴨鍋で食べるが肝に独特の臭みがあり、あまり好きでは無い。こんな写真を掲載すると愛鳥家から冷たい眼差しで見られそうだが、鶏も同じ鳥でっせ~! 私は愛鳥家では無い、鳥の生活を脅かすただの写真好きです。  

12012003

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

大きいことはいいことだ

 てなコマーシャルソングが若い頃にTVから流れていた。今日は、V1で撮影し通常のトリミング(1500~2400Pixel)をした画面一杯のカワセミを掲載します。画像は900Pixelに変換しています。

最近、水際狙いに的を絞っているのでメインでは使えないが、遊びのサブカメラとしてはカワセミ撮影でも十分価値がある。リュックのサイドバックにいれ、カワセミの動きがもう一つのときに、暇つぶしで大きな画像を撮る。勿論、止まりもの狙いなら十分メインで活躍する。いつかは水際も撮ろうと思うが、今はD3、D7000で綺麗に撮ることに集中する。

120119101

  

120119102

  

120119103

  

120119104

  

120119105

  

120119106

  

120119107

電池の寿命(撮れる枚数)が短すぎる。それにもう一つ、ファインダーと液晶モニターの自動切換えは不要、これが改善されればこの手のカメラとしてはパーフェクト、画質は価格対比で今の状態で十分、何年か先のV2に期待する。

| | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

継続は力なり

 今日は、いつも通り5時半に目覚めたが、何やら寒気がして鼻がグズグズ、風邪の初期症状。夜中に寒さで目が開いたが、掛け布団の1枚が体の上になく足の上にあったので引っ張り上げた。これが原因のようでエアコンをつけいつも通り出勤の準備をしていたが、6時を過ぎても体調が良くならず、メールを会社にいれ有休にした。寝ていても仕方なし、体調が多少良くなった8時半頃に再び起き、暖房の効いた部屋でいつもより着込みTVを見たり、PCで写真の整理をしたりで退屈な一日を過ごす。今、午後3時半、一日家から出ないのは数ヶ月ぶりかな?

継続は力なりという言葉がある。継続して続ければ力がつくという事だと思うが、何事も継続するには努力が必要で、絶えず結果を見て次の手考えながら続けないと力などつかない。カワセミ撮影も同様で、やみくもにシャッターを押してある程度の撮影は出来るが、ピントがドンピシャの画像は撮れない。カワセミ撮影7年半(熱中しだして5年ぐらいかな?)、今だピントぴったりの水際が撮れず道は険しい。それでも、いつかは撮れると信じてとことん頑張る。

土曜日に撮影したカワセミホバ31連写を掲載します。V1のエレクトロニックシャッターHiでの撮影、通常は10数枚撮れば、終わるのを待ち水に飛び込むところを狙うが、どこまで連写できるか試してみた。RAWでの撮影、この後49連写もあり、どこまで連写が可能なのか少し驚いた。D3もD7000もバッファ容量の関係でRAWなら10数枚で連写速度が極端に遅くなる。継続は継続でもホバ連写は、同じようなポーズの繰り替えしで、それをすべてブログに貼り付ける、アホですわ。

12011901

  

12011902

  

12011903

  

12011904_2

  

12011905

  

12011906

  

12011907

  

12011908

  

12011909

  

12011910

  

12011911

  

12011912

  

12011913

  

12011914

  

12011915

12011916

  

12011917

  

12011918

  

12011919

  

12011920

  

12011921

  

12011922

  

12011923_2

  

12011924

  

12011925

  

12011926

  

12011927

  

12011928

  

12011929

  

12011930

  

12011931

| | コメント (0)

2012年1月17日 (火)

モズ♂

 最近、カワセミ撮影ポイントに行けば必ず現れるモズの♂、集まるカメラマンはカワセミに夢中、”ちょっとはアッシにも注目して~な”とばかりに周囲をウロチョロしよるので撮影したが、同じようなポーズばかり。注目して欲しければ、もうすこし良い場所に止まり、餌捕りの芸などを見せい!

12011701

  

12011702

  

12011703

  

12011704

| | コメント (0)

2012年1月16日 (月)

冬の勧修寺

 昨日昼から勧修寺に行った。目的は、カワセミの状況チェックもあったが、V1とキッドレンズの10f2.8のチェック、このレンズ購入してからフィールドで一度も使用していなかった。

一番気にいった撮影ポイント、28-300mmも持って行ったが、最初はこのレンズでの撮影。V1の写りも風景撮影ではなかなか良く、コンデジとは明らかに違う描写。

12011601

島からの撮影、静かだった。もともと観光客が多くなるのは、桜からカキツバタ・菖蒲の頃まで、そのシーズン以外は人が少ない。  

12011602

枯れた蓮は少なくなっていた。朽ちて池に沈んだと思うが、水量が少なく池の水はかなり汚くなっているように思う。 

12011603

夏になると再び蓮が増えカワセミ撮影の障害になるが、今はカワセミ撮影にいい状態。1時間弱居たがカワセミの姿見かけず。

  

12011604

カワセミがよく止まった桜の木の下も今は何もない。カワセミが居てくれれば、いい水際が撮れると思うのだが来るのかな?  

12011605

カワセミのお立ち台は健在  

12011606

しかし、その下はサギの糞で汚れている。  

12011607

エナガの集団がやってきた。  

12011608

メジロが混じりシジュウガラも居た。  

12011609

ジョウビタキ♀が屋根の上で鳴く。  

12011610 

静かな冬の勧修寺、これでカワセミが現れ芸を見せてくれれば、夏のように通いたいところだが、日陰が多くて寒いのが夏とは違い難点だろう。 

| | コメント (0)

2012年1月15日 (日)

餌捕りダイビング十数連発

 昨日の夜、明日はカワセミかヤマセミかと迷ったが、朝起きると躊躇することなくカワセミ撮影となった。昨日の夜は、久しぶりに11過ぎまでTVを見ていたので目覚めるのが遅く6時半起床、出発が7時半頃となり撮影地に着いた時には、大将は大きな魚を捕った後の休憩中で出遅れた。若♂が現れ期待したが直ぐに下流に飛び去った。痺れを切らし始めた頃に大将が動き出した。

餌捕りポイントで十数回の餌捕りダイビングを披露してくれたが、水面が白くおまけにファインダーに鼻息がかかって曇り(カメラの上から水面を見るため鼻息が丁度ファインダーにかかる)、失敗の連続だった。今日は、水際狙いでD3にゴーヨン+1.4倍テレコンで撮影したが、レンズが大きくカメラの上から見た時の視界を妨げる。慣れもあるが、D7000に328+1.4倍の600mmぐらいでの撮影の方が、機材が小さく視界も良くなるので成功率が高いように思う、画像は価格差ほど無いにしてもD3にゴーヨンの方が綺麗で、気合を入れて撮影に出る時は使用する。D4が入れば、テレコン無しでの撮影を多くするつもり。

撮影成功と思う画像をいくつか掲載する。

この画像の前は、水面にピントを取られ主役はピンボケ

12011502

色は綺麗、今日のピクチャーコントロールはスタンダード  

12011503

横に飛ぶ、この後はまったくボケ  

12011504

横を向いて水面から出て欲しかった。  

12011505

少し左に飛び出す  

12011506

更に左に向かうかと思いきや  

12011507

背中を向けて飛んでいく  

12011508

少し離れた石に止まる  

12011509

またもや同じ方向の飛び出し  

12011510

橋近くの土手からの飛び込みで、土手に戻ると思い土手に近い橋の上から撮影したが、3mほど川中の方が良かったと画像を見てから後悔。  

12011511

これも反対側に飛ぶ  

12011512

石から土手に戻るところ、適当にシャッターを押したらこの1枚はそこそこピントが合っていた。  

12011513

この飛び出しも、同じ方向  

12011514

小魚を数匹食べた後、石の上で休んでいたが下流から別のカワセミ(多分若♂)がやってきたので追い払いに下流に飛ぶ。

その後、しばらくして上流へ飛び去った。  

12011515

今日のこの間は珍しく小さな魚ばかり、深い場所でかなり潜っていたが魚は底の方に居たようである。

腹具合がおかしくなり12時過ぎに帰宅したが、車のバッテリー上り防止を兼ねて1時半頃にV1を持って勧修寺に行った。1時間弱居たがカワセミの反応全く無しだった。

移動:歩き後車  天気:うす曇り  D3:215枚、V1:84枚

| | コメント (0)

2012年1月14日 (土)

若♂頑張る

 V1にゴーヨン、それに1.4倍と2倍のテレコンでカワセミを撮影した。川に到着して直ぐに2羽のカワセミが川面を飛ぶが、直ぐに一羽は帰ってきた。しばらく歩くと蕎麦屋の大将発見、下流に逃げたカワセミを上流に追っ払うが、立ち止まりもせずいつものポイントに急いだ。時間になれば大将も飛んでくるだろうと予測したが間違いだった。今日も朝からカワセミ撮影の機会が無く暇な時間を過ごす。今日もアカンかと思っていた時に出合いの若♂が登場してくれたが、アクティブなカワセミに戻っていた。しかし、出は悪かった。

まずは、2倍テレコンを付け止まりものを撮影、ピントが中々合わなかったが、何とかオートでフォーカスする。ノートリ、今日の撮影はピクチャーコントロールをビビットにした。焦点距離は2700mm、デジスコの世界である。

12011403

照準器を見て液晶モニターを見ながらの撮影を試したが、まだまだ使いこなせずファインダーを覗いた方が速かったので、以後はいつも通りの撮影を行った。遠くのものを狙う時は照準器が合ったほうが探しやすい。

若はホバを連発してくれた。テレコン無し、1.4倍テレコン付きともに、まともに撮影出来たが、2倍テレコンはf8となりスペック保障外でホバでは使用しなかった。画像は多少トリミングしている。  

12011404

1350mmでの撮影、フォーカスしないこともあったが、フォーカスさえすれば問題なく撮れる。  

12011405

  

12011406

対岸に止まったカワセミ、テレコン無しのノートリ  

12011407

遠くでのホバ、1.4倍テレコン使用の1890mm撮影、これも多少トリミング  

12011409

蕎麦屋の大将のホバ  

12011410

大空高く、チョウゲンボウもホバっていた。  

12011411

  

12011412

風もあったが魚の姿が見えなかったことがホバの多かった原因のようである。魚の姿が見えなかったのは色々な要因があると思うが、渓流釣りをたしなむ者としては、水温が下がり魚の動きが悪くなり、深い場所か岸近くの草の中に隠れているのかなと推測する。魚釣りを行う人は同じ考えを持つと思うが、水温が上がればまた姿が見られるだろう。釣りをやっていてアタリさえ無い時に、”魚は何処に消えた”と思うが、魚の事は魚に聞かないと分からないが、いつもの結論。しかし、カワセミが姿を見せればどうでも良し、それでホバが見られるなら尚更良い。

小雨がパラツキ帰ろうと上流に向かうと大将が居た。2倍テレコン、SS1/160、ISO100での撮影、ノートリ 

12011413

何度か餌捕りを行っていたが、この時点で水際は諦めていた。V1ではよほど修行しないと撮影は無理だろう。そんな修行をする暇があれば、D3かD7000を使用する。  

12011414

しかし、V1も優れもの、若♂が再び下流に現れホバをしていたので急いで行った。今日のホバ撮影の極めつけである。SS1/100、f8、ISO100での撮影  

12011415

羽が消える  

12011416

一度、三脚使用で撮りたかったスローシャッターでのホバ撮影  

12011417

ミラーレスだからこそ可能だったのかもしれない  

12011418

  

12011419

  

12011420

  

12011421

十分な成果、ヤマセミで試すのも良い

12011422

ホバの後、飛び込んで大きな魚を捕りよった  

12011423

V1での撮影にも慣れてきたが、機動力の面ではやはり一眼レフが良い。明日は一眼レフ、ヤマセミも行きたいが絵になる写真が撮れない。どちらにするか明日起きて考えよう。

尚、今日も電池2本がなくなり3本目も20%ほど減っていた。大きなレンズに装着すると電池の消耗が著しいのが難点。同じ電池使用のD7000では1本で1500枚ぐらいは撮れる。

移動:歩き  天気:曇り時々晴れ  V1:620枚

| | コメント (0)

2012年1月13日 (金)

カワセミ止まりもの

 明日は照準器をつけてV1に500f4でカワセミ動の撮影に再挑戦する。照準器は左側に付け液晶ファインダーで確認してシャッターを押すつもりで、センサーに貼り付けていたテープを取った。古いリモコン、電池を代えると使えるのがわかったのでリモコンも試してみる。まさにデジスコの感覚での撮影になる。2倍テレコンを付けてマニュアルフォーカスで2700mmの止まりもの撮影も面白い。2倍テレコンは一眼レフではAFで撮影したことがあり、AFが可能かもしれない。V1一本で返り討ちに合うのを覚悟で大将(大胆不敵な♂の若僧でも良い)と勝負!

カワセミの止まりものです。

12011301

  

12011302

いつもの場所で、大いに餌捕りしたってや! 下流へ逃げるなよ、追いかけるのがしんどい。  

12011304

待っておれ、明日が楽しみじゃ!  

12011305

| | コメント (0)

2012年1月12日 (木)

照準器

 カワセミ撮影フィールドは勿論のこと、どこの野鳥撮影地でも照準器を使っているカメラマンが多い。かってデジスコを使っていた時は必需品だったので私も所持しているが、一眼レフで試したが馴染めず使っていなかった。所持しているカメラシステムの都合で、総合的に一番綺麗に撮れる焦点距離は600mm~750mmで照準器は不要だった。V1購入により1000mm以上になり、照準器が必要となったので取り付けを考えた。

照準器取付金具は、私の撮影フィールドで流行っている特注品を特別仕様で短く追加加工してもらった(会社に持っていけば昔取った何とかで自分でも切断に穴あけ加工ぐらいは出来るが、私用で会社の機械を使うわけにはいかず)。一眼レフのフラッシュのにシュー取り付けられるが、カメラの上に付けると早朝などの撮影では鼻息でファインダーが曇るのであまりよくない。昔使用していたオリンパスのフラッシュ外付けの機材があったので使うことにした。金具が曲がっているのはコンデジ撮影による歪みで実際はストレート。

12011201

カメラの横に取り付けることになる。 

12011202

V1装着時、Winberyのオプションの低重心プレートに取り付ける。 

12011203

D7000装着時も同様。 

12011204

D3の場合は、カメラの三脚取り付けタップに取り付けることになる。 

12011205

左目で照準器を見て右目でカメラのファインダーを見る。その効果は如何に・・? V1では使うが、D7000、D3では使わないであろう。

| | コメント (0)

2012年1月11日 (水)

カワセミの水浴び

 カワセミは餌を捕った後、休憩に入る前に水浴びを行うことが多い。しないこともあり、水浴びの後もう一度餌を捕ることもあるので気を抜けない。ヤマセミも同様の行動を行うが、何のためにやるのか分からない?

水際の写真を撮るには絶好のチャンスだが、止まっている場所から直ぐ近くに飛び込むので余計な物が画面に入る。横に飛び込んで欲しかったが、後ろに飛び込んだ。

12011101_2

水面から体を突き出す  

12011102

いったん体を突き出し、体をひねって再び着水  

12011103

一気にジャンプ、6枚/秒のD7000では途中が抜ける。 

12011104 

その後も数度水浴び、大トリミング画像  

12011106

| | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

ホバ

一昨日の撮影です。

ホバは4度ほど、2回はロングホバの手前、他の2回はショート。日当たりが良く、いい条件と思ったが後ろのコンクリの護岸が明るかったのか、ピントが合いにくかった。D3なら一発で合っていたと思うが、D7000は条件によっては合わないことがある。何故かわからないが、以前使っていたD300も同様だったように思う。

12011001

綺麗なホバだったが、目が入らなかったのが残念  

12011002

前半はピントが合わず 

12011003

ピントが合ったと思ったら、直ぐにホバは終わった。  

12011004

こちらも同様だったが、多少ホバの時間が長かった。  

12011005

少しアッチャ向き加減  

12011006_2

運良く正面を向いてくれ目が入った  

12011007

枚数は少なかったが綺麗なホバが撮れて、良かった、良かったと一安心  

12011008

この時は、ピントが合った時にはホバが終わっていた。  

12011009

ヤマセミのホバは、ホバもどきと逆光で一度撮影しているが、まともな画像が無い。一度綺麗なホバを撮影したいと思っているが、天ヶ瀬では良い条件で撮れる場所が無いように思う。他のヤマセミ出没場所を探さねば撮れないか。

V1にフィールドスコープが使えないか家の中で試してみた。ED82に一眼用アタッチメントをつけての感触をみたが、AEは効くようである。f13、まともな画像は撮れないと思うが2700mmの撮影、近距離でのカワセミ超アップ写真、面白いと思う。フィールドで試してみる。500f4に2倍テレコンをつければ、2700mmでより綺麗に撮れると思うが機材の重さが違う。フィールドスコープ(デジスコセット)は、今は使っていないので下取りに出すつもりだったが結果を見てからにする。手軽に(重い機材を担いでいかなくても)画面いっぱいのカワセミが撮れれば価値はある。

| | コメント (0)

2012年1月 9日 (月)

餌捕り

 今日は7時頃出発で川に出かけた。朝起きた時はカワセミかヤマセミかで迷ったが、風邪気味で体調すぐれず、ヤマセミは待ち時間が長く寒いということでカワセミにした。機材はD7000に328+1.4倍テレコン、D3にゴーヨンを持って行きたかったが、最近物騒な輩が出没するのでリュックは背負ったまま撮影しなければならない。リュックの重さが1kgほど違い、体調不調のこともあり、D3にゴーヨンは諦めた。

今日のカワセミの出は、また悪くなっていた。動きの遅い(インターバルが長い)蕎麦屋の大将は変わらずだが、若♂が下流から上がって来なかった。仕方なく大将に的を絞ったが、それが功を奏したのかチャンスは少なかったが餌捕りにホバも撮れた。ホバの掲載は明日にまわし、餌捕りを何枚か掲載する。ピンズレ、アンシャープマスク、トリミングで画像は悪いがいつもよりはマシ。

土手止まりでは、カワセミの直ぐ後ろに立って飛び込むのを待った。戻ってくるため水面ではこちらを見ていると予測したのだが、当てが外れ土手からの飛び込みは背後しか撮れなかった。

12010901

水から出て前方方向に飛ぶことが多かった。  

12010902

カワセミが水面から頭を突き出す瞬間  

12010903

咥えていたのは、魚では無く枯れた木の葉だった  

12010904

これは魚を咥えているが小さい。そのため何度か繰り返し飛び込んでくれた。  

12010905

ホバの後の飛び込み、ピントマークは水面にあったが、そこそこ合っていた。魚は大きい  

12010906

続いてのシーンは、カワセミにピントマークがあったのだが外れだしている。

12010907

前えの移動、さらに外れているのアンシャープマスクで誤魔化したつもりが誤魔化し切れず。   

12010908

止まり木から斜め前方へのダイビングの後、止まり木に戻ってくるところ、水面上は捉え切れなかった。止まり木からの飛び込みは、距離が短くあまり間が無いため苦手。  

12010909

向こう岸の枯れ草の下、けったいなところに飛び込みよった。  

12010910

餌捕り成功と思ったが枯れ草だった。  

12010911  

今日、川でD4の発売日は2月16日と聞き、家に帰ってニコンのHPで確認したが16日だった。思っていたより10日早く入る。教えてもらったカメラマンも発表日の翌日に予約したが、予約殺到で発売日に入るかどうか分からないとの回答だったとか、私は発表日の夜に予約したが大丈夫かな?

移動:歩き  天気:曇り時々晴れ  D7000:262枚

| | コメント (0)

2012年1月 8日 (日)

綺麗なホバもアッチャ向きでは絵にならず

 今日は早朝だけの撮影、D7000に80-400mmズームの手持ち撮影で一時間半ほどカワセミと遊ぶ。しばらく手持ちはV1を使用していたため、D7000の使い易さこの上無し。ボディをガッチリ持つことが出来、慣れた光学ファインダーは見やすく、シャッターのレスポンスも速く小気味良い。

餌捕りはすべて目を離した瞬間で一枚も撮れなかった。失敗で連続して飛び込んでくれれば良いが、一発勝負の手持ち撮影は、カメラとレンズを持ち続けなければならないので集中力がかなりいる。

今日の画像は、まず枯れ草周りでのホバもどき

12010801

止まろうとした枯れ草の腰が弱すぎて、止まるのに多少苦労したようである  

12010802

早朝の日陰での撮影、ISO感度を大きくし更にソフトで露出補正、アンシャープマスクで画像はざらざら  

12010803

ワンチャンスの少し長いホバ  

12010804

朝日を浴びて綺麗だったが、顔が入らずで残念  

12010805

何処を見ているのか、大きな魚が目に入ったのかな?  

12010806

回って背中を向けよった。 

12010807

明日は祝日、カワセミかヤマセミか、ヤマセミはピントが合っても色合いがもう一つで綺麗に見えない。いづれにしても三脚を持って行く。

移動:歩き  天気:曇り後晴れ  89枚

| | コメント (0)

2012年1月 7日 (土)

ヤマセミ再び

 前回の待ちぼうけの雪辱を果たすためヤマセミ撮影に行った。D3にゴーヨンかと思ったが、体調がもう一つで重い機材は止めて、V1に70-200f2.8+1.4倍テレコン出かけることにした。朝はカワセミ、昼からヤマセミが良いとカワセミ師匠に聞いていたので、まずはカワセミ撮影に行ったが師匠は来ていない。ヤマセミの調子が良いのかなと思ったが、カワセミが居たので撮影に入った。止まりものは撮れたが、餌捕り撮影はすべてよそ見した瞬間ですべてカメラさえ向けられなかった。V1はボディの弱さからストラップを首にかけてぶら下げられないので、構えない時も手で持ち続けなければならない。手で持ち続けた後に構えて動くのを待つには、今日のレンズは重すぎた。

カワセミが姿を消した後移動、天ヶ瀬に11時前に着いたが師匠の姿無し、ヤマセミも9時頃から木の茂みに隠れたままとの事だった。1時間ほどしてカラスに追われ、葉が落ちた見える場所に出て来たがへたり込む。

12010701

それから2時間ほど待ってからようやく餌捕り開始、3時間も寒空の元待ったが体に良くないのは言うまでも無い。

12010702

一発目の餌捕りはカメラを向けることさえ出来なかったが、後の水浴びは何とか撮影は出来た。  

12010703

ISO1600、SS1/800の手持ち撮影では画像はもう一つ。  

12010704

日陰の悪条件もあり、ここでは三脚が必要で、また動きの遅いヤマセミとはいえV1での撮影は撮る事は撮れたが厳しい。

12010705

次回からは、三脚持参でD7000かD3を使用する。   

12010706

止まりものは問題ないように思うが、ISOを400ぐらいまで下げる必要がある。  

12010707

今回の画像は、すべてISO1600、F4、SS1/800 

12010708_2

再び木に上った  

12010709

餌捕り、水面で捉えたが飛び出す瞬間は画面から上にはみ出す。シャッターを押してからレンズが下がったようである(振りすぎた)。  

12010710

それほど大きくないが魚を咥えていた。  

12010712

川中の石に止まる。  

12010713

再び水浴び  

12010714

ヤマセミの水浴びは、体の割りに飛び込む場所が近く撮りやすい。  

12010715_2

後ろからでは絵にならず  

12010716_2

再び岩に移動して体を振る。水を飛ばしたのかな?  

12010717

水面を見る  

12010718

しかし、元の休憩場所に戻った。  

12010719

動きのあった時間は15分ぐらいか、その後2時半までまったが、厚い雲が出て寒くなってきたので引き上げた。4時間近く居て撮影時間はたった15分、前回は7時間待って姿見ずで、今日は撮影出来ただけでもマシだった。

今日は出勤日だったが、遊休(有給)休暇を取った。後僅かな期間だが、仕事の状況をみて暇な時にまた取るつもり。4月からしばらくは全日休暇、その先何をするかは考えていないが撮影を続ける事だけは間違い無し。

移動:地下鉄、京阪  天気:晴れ時々曇り  V1:272枚

| | コメント (0)

2012年1月 6日 (金)

D4が発表された

 D3Sの後継機、D4が発表された。スペックは一番気になる常用ISOが結局は12800、増感での上限が204800でD3Sの2倍になっている。おそらく12800での写りは良くなっているだろう。画素数が1620万画素は、トリミング必須の鳥撮影では500mmレンズの所有者としては多少物足りないが、まあこんなものかいなとも思う。DS3からの買い替えなら、シャッターを40万回も切っているならともかく、普通は躊躇するようなスペックと思うが、D3の所有者としては非常に魅力がある。AF追従性やらその他画像処理は、当然よくなっており悪くなっているはずが無いとニコンを信じている。キタムラネットショップで価格を見ると583、200円で”ホエ~・・・・”、期待より高かったが会社帰りにキタムラに行き予約してきた。金は天下の回りものというが、回らなくなる前に買うしかない。

もともとDXのD300後継機を待っていたが、V1の購入で不要になった。V1で止まりものに限定すれば、多少暗い場所や遠方の被写体でも1000mmを超える撮影が可能だったからである。後は飛び物、カワセミ、ヤマセミなら500mmに1.4倍テレコンで問題はなく、オオワシでも運が良ければ(近くを飛んでくれれば)良い写真が撮れる。風景ならFXの方が良く、超高感度撮影可能は夜景手持ちに非常に魅力である。後は2月15日の入荷(発売2月16日)を待つだけ、予定通り発売されれば2月18日にカワセミ撮影デビューとなる。今度こそ、最後のD一桁カメラになる。V1の後継機は、数年後に出れば買うだろう。D7000後継機は???

腕の無さをカメラがカバーしてくれると信じているアホなカワセミ好きの人生最後の賭け、それにしても高すぎる。カワセミ動で、少しでもD3よりピントの合った画像が撮れる確率が高くなれば良いが、変わらなければホンマのアホとしか言いようがない。しかし、後何年重い機材を担いでカワセミを急ぎ足で追いかけられるか、それが決断の決め手。10年ほど立って重い機材を担いで撮影出来なくなった時に、カワセミの古い画像を見てあの頃は良かったとニンマリするのも良いではないか。その頃は、軽い機材で原点に戻り風景撮影に没頭しているであろう。

今日は、4日にD3で撮影したカワセミ止まりものを掲載します。

まずは上のお嬢

12010601

シャイで近づくと直ぐに逃げる  

12010602

次代のホープ、出合いの若♂  

12010603_3

荒法師も最近動きが悪くなった。少し大人になり、落ち着きが出来たのかな。このカワセミは、間違いなく蕎麦屋の大将のDNAを引き継いでいる。次代は君のもの、最近の動きを見ているともう少し頑張って欲しいと思うのは私だけでは無い。  

12010604

最後は、貫禄の蕎麦屋の大将  

12010605

美男カワセミ、今年も頑張ってくれている  

12010606

最近、以前のように、この場所当りでの動きが活発。  

12010607

明日は出勤日だったが遊休を取った。何処へ?

ということで新春早々、三羽揃って姿を見せてくれた。上流の撮影地では、成鳥の♂と♀がおそらく支流から住宅街を越えて飛んでくると思うが時々姿を現す。この日は見なかった。

| | コメント (0)

2012年1月 5日 (木)

カワセミ 水際Ⅱ

写真の整理が間に合わず昨日に掲示した水際画像を、カワセミがセンターになるよう更にトリミングしたものを掲示します。

元画像のサイズ横4256pixelを、1095pixelまでトリミングし容量を小さくしています。画像クリックで大きき画像を見てください。

12010501

| | コメント (0)

2012年1月 4日 (水)

カワセミ 水際狙い

 ヤマセミリターンマッチかと思ったが返り討ちに合いそう、オオワシは天気予報がもう一つ、カワセミの水際狙いでD3に500f4+1,4倍で川に行った。今日もカワセミの動きは悪く、何度かあった少ないチャンスもピンボケ(正確にはピンズレ)連発、1時過ぎに消化不良で引き上げた。今日の機材なら、ホバでも見せてくれれば確実に撮影出来たと思うが一度も見られず。ヤマセミに執心と云うわけでは無いが出の状況が気になる。

まずは、若の水浴び、当然この前に餌捕りがあったが画像は全滅

12010401

この前にもう一枚あったが、ブレブレで掲載を止める  

12010403

石に飛ぶ 朝の内は曇り空が多くSSが速くならずISOを大きくした。  

12010404

ピントの合い具合はマシ

12010405_2

もうちょっと瞬時の動作についていく必要があるが、反射神経は衰える方向にあり。  

12010406

羽で顔が隠れた画像を1枚飛ばして、石に止まるところ  

12010408

水浴びは、魚を咥えていないのが残念  

12010409

蕎麦屋の大将の水浴び、これはと思ったがカワセミは端にかろうじて入っていた。ピントがかなり横の水面に合っていたのか? 

12010410

一度体を突き出したピンズレ画像を1枚抜いたが、これもピントがズレている。体を前に移動させて再び水面に置き、羽で水面をたたいて(ホンマかいなと思う人もいるが・・・)飛び出す瞬間。 

12010411

この画像はドンピシャと思ったのだが、トリミングでズレているのが判った。鳥撮影は目にピントが合わないと締まった画像にならない。  

12010412

これも同様  

12010413

以前に比べれば多少腕を上げたかなと思う時もあるが、まだまだ未熟、動体視力、反射神経の衰えでここいらが限界かな、後は機材に頼るしかない(今も頼っているが)。  

12010414

車のバッテリー上り防止を兼ねて、3時頃にコハクチョウを撮影しようと草津の琵琶湖・湖畔に向かったが(来ているどうかは確認していない)、途中で雪が降ってきたので戻り、正月の長期連休が終わった。

移動:歩き  天気:曇り時々晴れ  D3:328枚

| | コメント (0)

2012年1月 3日 (火)

ヤマセミ 完敗、お手上げ

 朝からヤマセミ撮影に行くが、8時過ぎから3寺まで姿見せず。これまでもヤマセミの姿を見れなかったことはあるが、いずれも2時間から長くて半日まで、一日居て姿を見なかったのは始めてかも知れない。最近出が良いように聞いて、動きが遅いヤマセミならV1に328で水際が撮れるだろうと期待していったが、とんだ誤算だった。

朝の内に撮影したカワアイサ、日陰ではもうひとつ

12010301

カワアイサ♂  

12010302

カワアイサ♀  

12010303

今日のカワセミ、背景の水面が光る。 

12010304

明日は正月休みの最終日、何処へ? いつも通り朝起きてから考えよう。 

移動:地下鉄、京阪、歩き  天気:曇り時々晴れ間  V1:121枚

| | コメント (0)

2012年1月 2日 (月)

2012年カワセミ撮影、本格始動

 朝からカワセミ撮影に行く。今日の機材はホバのスローシャッター狙いでV1にゴーヨン、良い画像が撮れればターゲットを水際狙いに代えるつもりでD7000も持って行ったが、朝の8時前から2時半頃までリュックを担いでの撮影で疲れた。年末に2件の置き引き事件が発生し、リュックをそこいらに置いて撮影に没頭できなくなった。とんでも無い野郎が川に現れたが、今度はただの盗人であろう。何処の撮影地でも油断大敵、おかげで撮影には不要なリュックを担ぐ苦労が一つ増えた。

朝出かける時に小雨が降出したが、そのまま強行した。雨は一時本降り近くになったが、止んで晴れ間が出たりの不安定な天気、そんな中朝にホバを何回か行ってくれたが、雨の中でレインカバーも邪魔し撮影に失敗した。2012年は止まりものからのスタート、ISO100に200、SSは主に1/100~160で撮影した。

蕎麦屋の大将はなかなか現れずで(今日は上流にいたのかな?)、出合いの若を撮影した。

12010201

朝の内ホバをしてくれたが、天気が回復してからの動きはもう一つ、ただし、止まった場所ではちょこまか動いていた。  

12010202

下流に飛んで居なくなる時間も多かった。  

12010203

  

12010204

雄たけびを上げているのか、何をしているのか、ペリットを吐き出そうとしのでは無い。  

12010205

羽を広げていたが、エンジェルポーズは見られず。  

12010206

蕎麦屋の大将が登場したが、雨の降りが強くなった時で木の下に避難、その間にホバをして餌捕りを行ったようである。  

12010207

今にも飛び上がりそうで飛ばない。  

12010208

暇な時間に他の鳥を撮影  ハクセキレイ  

12010209

セグロセキレイ、ノートリ、1350mmはデジスコの世界かな  

12010210

モズ♂は今日も現れた。♀も登場   

12010211_2

ヨシガモ、これもノートリ  

12010212

カルガモ、多少トリミング  

12010213

コサギ、ノートリ  

12010214

今日は欲求不満が残ったが、姿を見れたので良しとする。明日はどうするか?

移動:歩き  天気:雨時々曇り時々晴れ  V1:304枚  

| | コメント (0)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

00index2012gantann

<2012年初撮影>

今日は撮影に出ないつもりだったが、酒を飲んで(ビールと久しぶり日本酒熱燗を飲んだ)TVを見ていてもくだらない番組ばかり、3時前に散歩カメラV1と28-300mmを持って川にでた。川について直ぐに上流からカワセミが飛んできた。最近このパターン続いているが、今日は上のお嬢だった。

12010101

数枚撮ったが、今日は直ぐに上流に消えた。下流に向かうと、直ぐ上空にチョウゲンボウが現れる。連写したが空が雲で白く、おまけに横を向いており顔が入っていない。ろくな画像がなかったので掲載を控える。

少し下流の対岸に地元のカメラマンが一人、やはり元旦でも撮影に出る人はいる。元旦とはいえ、昔と違い楽しみが無く、TVも出演者が楽しんでいるくだらない同じようなバラエティー番組が多い。蕎麦屋の大将、新年の挨拶代わりに一枚、今年も宜しく。  

12010102

出合いの若を見に行ったが、姿見ずで最近頻繁に見かけるモズ♂を撮影して引き上げる。  

12010103

帰り道、歩いていると右足にぐしゃっという感触を感じる。見ると犬のウンチを踏んでいた。靴の底にウンチが付く、チを取ればウン(運)が付くで今年は良い年になるだろう。今年も前向きに生きようと、靴の底を何度も道に擦りつけながら帰る初撮影だった。

大して飲んでいないが、酒の影響か画像のブレはいつもより大きかった。

移動:歩き  天気:曇り時々晴れ間  V1:20枚

昨日撮影した月の写真です。V1と28-300mmによる手持ち撮影。ISO400、f5.6、SS1/200 

1112311001

年末よりV1にはまっている。明日、本格的な初撮影は、V1に500f4+1.4倍テレコンでカワセミホバ狙いか、一眼でオオワシまたはヤマセミか・・・、明日起きてから考えよう。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »