« ヤマセミ再び | トップページ | 餌捕り »

2012年1月 8日 (日)

綺麗なホバもアッチャ向きでは絵にならず

 今日は早朝だけの撮影、D7000に80-400mmズームの手持ち撮影で一時間半ほどカワセミと遊ぶ。しばらく手持ちはV1を使用していたため、D7000の使い易さこの上無し。ボディをガッチリ持つことが出来、慣れた光学ファインダーは見やすく、シャッターのレスポンスも速く小気味良い。

餌捕りはすべて目を離した瞬間で一枚も撮れなかった。失敗で連続して飛び込んでくれれば良いが、一発勝負の手持ち撮影は、カメラとレンズを持ち続けなければならないので集中力がかなりいる。

今日の画像は、まず枯れ草周りでのホバもどき

12010801

止まろうとした枯れ草の腰が弱すぎて、止まるのに多少苦労したようである  

12010802

早朝の日陰での撮影、ISO感度を大きくし更にソフトで露出補正、アンシャープマスクで画像はざらざら  

12010803

ワンチャンスの少し長いホバ  

12010804

朝日を浴びて綺麗だったが、顔が入らずで残念  

12010805

何処を見ているのか、大きな魚が目に入ったのかな?  

12010806

回って背中を向けよった。 

12010807

明日は祝日、カワセミかヤマセミか、ヤマセミはピントが合っても色合いがもう一つで綺麗に見えない。いづれにしても三脚を持って行く。

移動:歩き  天気:曇り後晴れ  89枚

|

« ヤマセミ再び | トップページ | 餌捕り »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマセミ再び | トップページ | 餌捕り »