« D4が発表された | トップページ | 綺麗なホバもアッチャ向きでは絵にならず »

2012年1月 7日 (土)

ヤマセミ再び

 前回の待ちぼうけの雪辱を果たすためヤマセミ撮影に行った。D3にゴーヨンかと思ったが、体調がもう一つで重い機材は止めて、V1に70-200f2.8+1.4倍テレコン出かけることにした。朝はカワセミ、昼からヤマセミが良いとカワセミ師匠に聞いていたので、まずはカワセミ撮影に行ったが師匠は来ていない。ヤマセミの調子が良いのかなと思ったが、カワセミが居たので撮影に入った。止まりものは撮れたが、餌捕り撮影はすべてよそ見した瞬間ですべてカメラさえ向けられなかった。V1はボディの弱さからストラップを首にかけてぶら下げられないので、構えない時も手で持ち続けなければならない。手で持ち続けた後に構えて動くのを待つには、今日のレンズは重すぎた。

カワセミが姿を消した後移動、天ヶ瀬に11時前に着いたが師匠の姿無し、ヤマセミも9時頃から木の茂みに隠れたままとの事だった。1時間ほどしてカラスに追われ、葉が落ちた見える場所に出て来たがへたり込む。

12010701

それから2時間ほど待ってからようやく餌捕り開始、3時間も寒空の元待ったが体に良くないのは言うまでも無い。

12010702

一発目の餌捕りはカメラを向けることさえ出来なかったが、後の水浴びは何とか撮影は出来た。  

12010703

ISO1600、SS1/800の手持ち撮影では画像はもう一つ。  

12010704

日陰の悪条件もあり、ここでは三脚が必要で、また動きの遅いヤマセミとはいえV1での撮影は撮る事は撮れたが厳しい。

12010705

次回からは、三脚持参でD7000かD3を使用する。   

12010706

止まりものは問題ないように思うが、ISOを400ぐらいまで下げる必要がある。  

12010707

今回の画像は、すべてISO1600、F4、SS1/800 

12010708_2

再び木に上った  

12010709

餌捕り、水面で捉えたが飛び出す瞬間は画面から上にはみ出す。シャッターを押してからレンズが下がったようである(振りすぎた)。  

12010710

それほど大きくないが魚を咥えていた。  

12010712

川中の石に止まる。  

12010713

再び水浴び  

12010714

ヤマセミの水浴びは、体の割りに飛び込む場所が近く撮りやすい。  

12010715_2

後ろからでは絵にならず  

12010716_2

再び岩に移動して体を振る。水を飛ばしたのかな?  

12010717

水面を見る  

12010718

しかし、元の休憩場所に戻った。  

12010719

動きのあった時間は15分ぐらいか、その後2時半までまったが、厚い雲が出て寒くなってきたので引き上げた。4時間近く居て撮影時間はたった15分、前回は7時間待って姿見ずで、今日は撮影出来ただけでもマシだった。

今日は出勤日だったが、遊休(有給)休暇を取った。後僅かな期間だが、仕事の状況をみて暇な時にまた取るつもり。4月からしばらくは全日休暇、その先何をするかは考えていないが撮影を続ける事だけは間違い無し。

移動:地下鉄、京阪  天気:晴れ時々曇り  V1:272枚

|

« D4が発表された | トップページ | 綺麗なホバもアッチャ向きでは絵にならず »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D4が発表された | トップページ | 綺麗なホバもアッチャ向きでは絵にならず »