« 思惑通りにいかず | トップページ | 京都の雪景色 18日(土)の撮影 »

2012年2月20日 (月)

遊休でカワセミ撮影

 2月二度目の有給休暇、3月末まで40日で30日以上の有休が残っている。3月にも二度取るつもりだが、それですべてが終わる。毎年、30日近い有休を捨ててきたが、あまり病気で休んだことが無い(大きな病気にかかっていない)ので仕方なしか。半分は所用、半分は遊休であるが、今回の有休はD4の発売を見込んで先週の半ばに予定していた。発売延期となったので今週の天気の良い日に、今シーズンラストのオオワシ撮影に行こうと思い、天気予報を見て今日を選んだ。朝起きて湖北へ行くのを面倒に思い、カワセミ撮影に予定を変更した。

ここしばらくカワセミの調子は良かったが、今日はまったくの不調、朝の8時から4時まで姿を見続けたが、大き目の餌捕りの成功確率が高かったためか、休憩時間が長く動きもダラダラで悪戦苦闘した。綺麗なホバは撮れたが、餌捕りの水際はことごとく失敗で疲れた。今日は平日というのに、意外にカメラマンが多く、常連さんばかりだが、昨日(日曜日)より多かったのには驚いた。

少し大きな魚を咥えた近距離撮影画像を掲載します。

12022011

カワセミの真後ろに立った  

12022012

カワセミも飲み込むのに悪戦苦闘で、こちらを向きよった。  

12022013

川岸の土手止まりで、こちらを向いて必死に飲み込もうとしたのは始めてと思う。  

12022014

良い度胸のカワセミ、カメラの前で魚を飲み込み始める。  

12022015

どこを見ているのやら?  

12022016

飲み込めて良かった、良かった。この大将、後ろに立つと直ぐに逃げた時期もあったが、最近益々大胆になってきている。  

12022017

今日も上流での撮影、もう蕎麦屋の冠は相応しくなく、”畑前のカワセミ”になったかな? 活動範囲は以前に比べ、かなり広範囲になっている。上の若♀、下の若♂の縄張りを脅かし、たまに追い返されているが、バトルを行えば大将が強い。逃げるのは、カワセミ間のお互いの縄張りを荒らさない紳士協定かな?

移動:歩き  天気:晴れ  D7000:545枚

|

« 思惑通りにいかず | トップページ | 京都の雪景色 18日(土)の撮影 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思惑通りにいかず | トップページ | 京都の雪景色 18日(土)の撮影 »