« V1の真価 | トップページ | カワセミホバ »

2012年2月12日 (日)

カワセミは健在だった

 昨日、昼過ぎにカワセミが下流に飛びさり、その後に川の水面近くをチョウゲンボウが上流に飛んだ。二年半ほど前に、私は見ていないがチョウゲンボウに捕まったことがあるカワセミ、チョウゲンボウが飛んだ後、姿を見せずで喰われたのかと多少心配したが、今日は朝から健在ぶりを見せつけてくれた。しかし、良かったのは早朝のみで、その後は昨日よりはマシだったが、二日続けてののらりくらりで疲れ二時頃には帰宅した。先週が良すぎた。

今日は、D7000に328+1.4倍テレコン(424)と2倍テレコン(656、ロクゴロー)で撮影したが、656を中心とした。今日のカワセミ写真は656によるもの。

先ずは近距離のホバ、ノートリ

12021201

早朝の日影、ISO1600ではもう一つかな? 贅沢は言えないが、絶好のチャンスは綺麗に撮りたい。雲台の締め付けを緩めにしていたため、キッチリ抑えきれていない。  

12021202

水際、頭を突き出すが、まだ水を被っている。  

12021203

次のショットは飛び出した後、間がもう一枚欲しい。D7000では無理  

12021204

餌を咥えての飛び出し、魚が小さくあまり絵にならず。ここしばらく、このカワセミが大きな魚を咥えたところは撮影出来ていない。  

12021205

2倍テレコン(TC-20EⅢ)は、Ⅱよりかなり改善されているようで、ピントの遅さはあまり感じず、画像も無しに比べれば落ちるが、そこそこのように思う。主に70-200mmで使用しており、328で本格的に使用したのは始めてかも知れない。  

12021206

日が差した時に、ISO1600でSS1/5000のホバ撮影を試す。もっとシャープな画像になるかと思ったが、もう一つ。SS1/1600ぐらいで、ISOを低くした方がシャープに撮れる。  

12021207

今日も、空高くチョウゲンボウが飛んでいた。大トリミング  

12021208

テレコンは1.4倍、一度近くに止まってくれないかと思っている。  

12021209  

昨日は、最重量機材で挑んだが、歩かされ体に堪えたため、今日は比較的軽い機材で撮影したが、昨日の疲れが残っており、昨日以上にしんどかった。この時期は天気が不順で曇り空が多く、軽量の手持ちでは失敗が多い。もう少し定点に留まって欲しいと思うが、思い通りにはいかない。

移動:歩き  天気:曇り時々晴れ  D7000:567枚

|

« V1の真価 | トップページ | カワセミホバ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V1の真価 | トップページ | カワセミホバ »