« 年金事務所に行ってきた | トップページ | 教訓 川に着いたら直ぐにカメラを出せ! »

2012年4月 6日 (金)

桜2012 Ⅰ 桜本格撮影開始、まずは早咲きの桜より

 朝から京都で比較的早く咲く桜の名所を巡ってきた。生憎、天気が不安定(曇り時々晴れ一時雨)で、桜撮影のスタートダッシュといきたかったが気分がもう一つ乗らず、疲れが貯まるだけでしんどい一日だった。D4に24-70mmf2.8と70-200f2.8を持って行ったが、撮影ももう一つ、スカッとした青空の下で撮りたかった。

まずは早朝7時半頃の祇園白川
ソメイヨシノは咲き初めでもう一つだったが、枝垂れは見頃だった。

12040601

小雨の中での撮影  

12040602

撮り終わった頃に晴れ間が出たので取り直し  

12040603

毎年、桜撮影はこの木でスタートしている  

12040604

景観保存地区、桜の木の直ぐ後ろは京都情緒があり良いが、屋根の上から見える建物が景観を台無しにしている。  

12040605

桜の枝が前後に分かれていたので、マニュアルフォーカスで適当に合わせる。  

12040606

続いて御苑に行った
運よく青空が広がった。桜も満開で良かった。 

12040607

イトザクラとかいう種であろうか?、室生の大野寺の桜と同種かな?  

12040608

逆光気味での撮影  

12040609

池横の桜も満開。池でカワセミが鳴いていたので探したが、見えない場所に居た様である。  

12040610

逆光で露出を+1以上補正したので空が白くなる  

12040611

これも+補正での撮影  

12040612

御所の一般公開が行われていたが、入らずに山科に戻る。

山科疎水
菜の花と桜が撮れる場所、菜の花は綺麗に咲いていたが桜は蕾、見頃は来週前半ぐらいかな? ソメイヨシノは咲き始めると一気に咲く。  

12040613

毘沙門堂にも寄ったが、完全な蕾状態、境内も冬の様相だった。  

12040614

醍醐寺へ行く
途中、雨が再び降り出したが直ぐに止み晴れ間が出た。
醍醐三宝院の枝垂れ、満開前のようにも思ったが見頃。平日というのに観光客が多く、多少ウンザリ、土日は凄い人になるだろう。  

12040615

人が入るので木の下から写せず、上の方だけを撮影  

12040616

枝の下に入り(もちろんロープの外)撮影するが、中からでは花のボリューム感が無い。  

12040617

角度を変える。  

12040618

修証殿前の桜は満開  

12040619

霊宝舘に入る
入って直ぐ左の枝垂れは満開、丁度青空バックに撮れたが直ぐに曇り空に変る。  

12040620_2

200mmで撮ったが、日が差さなかったので色が冴えず、多少NX2で修正。  

12040621

外の参道からの撮影  

12040622

目当ての大きな枝垂れ、今年も満開の時に撮影が出来良かった。  

12040623

この木の花はまだまだ元気、見事としか言いようが無い。  

12040624

来年は快晴のもとで是非撮影したい。  

12040625

帰り際に1枚、木の前は人が多く順番を待った。 

12040626

五重塔があるいわゆる醍醐寺というのかどうか知らないが、そちらにも行ったが桜はまだまだ貧相であった。

この後歩いて勧修寺から大石神社に向かうが、リュックが肩に食い込みおまけに多少寒くて、この間の50分は辛かった。勧修寺は参道の桜が咲き始め、中も同様であることが分かっているので拝観料節約で入らず。

大石神社の前に岩屋寺に行った。
太陽が雲から除くが、逆光気味になり撮影しづらかった。ここは朝の内が撮り易い。  

12040627

寺の前の大きな枝垂桜、周囲の木の枝が入るので近くからしか撮れず。24mmでは入り切らない。  

12040628

最後の大石神社
大石桜も見頃、人が少なかったので日が差すのを待ち撮影した。
  

12040629

綺麗に咲いていたのは、この枝垂れのみでソメイヨシノは蕾。  

12040630

1時半過ぎに撮影を終え、2時には自宅に戻った。大石神社でライトアップが行われているとのことで、行こうかと思ったが、寒かったので今日は止めることにした。

移動:地下鉄、歩き  天気:曇り時々晴れ一時雨  D4:531枚
撮影経費:2200円(地下鉄一日乗車券600円、拝観料1600円)

|

« 年金事務所に行ってきた | トップページ | 教訓 川に着いたら直ぐにカメラを出せ! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金事務所に行ってきた | トップページ | 教訓 川に着いたら直ぐにカメラを出せ! »