« D800Eによる高感度撮影 | トップページ | 気合を入れてカワセミ »

2012年5月 4日 (金)

曼殊院のツツジ他、昼からカワセミ

 今日は朝から曇り空で予定通り曼殊院のツツジを撮影に行き、詩仙堂、金福寺を周遊して、昼から多少天気が良くなったのでカワセミに参戦した。カメラはD800E、レンズは24-70mmと80-400mmを持って行ったが、帰ってから画像を見てびっくり、何とコンデジ並みの画像、曇り空だったこともあるが、またやったかとガックリ、ソフト修正で一眼レフ並(個人的な評価)に修正して気を取り直した。

曼殊院の参道の坂を上がった所、紅葉シーズンは人が溢れるが普段は静か

12050401

枯山水の庭に真っ赤なキリシマツツジが満開、このシーズンは三度目(四度目?)。  

12050402

同じ位置からズームアップ  

12050403

キリシマツツジ全体を入れる  

12050404

一番ボリュームのある木、ピークは少し過ぎているのかな?  

12050405

後ろの紫のツツジの名前は知らない  

12050406

この後、圓光寺に行き門を入った所で、出てきた若い女性の中の様子を聞いたところ、花はなく青モミジのみとのことでパスした。

詩仙堂入口のツツジ、どんよりした曇り空では色が冴えず  

12050408

花はほとんど咲いていなかったが、開花が少し遅いサツキかな?  

12050409

下の庭園、GWというのに人は少なかった。天気が悪かったからか?  

12050410

金福寺に寄ったが、ここの花はもう少し後、今は青葉のみ。  

12050411

昼を過ぎ、天気が多少良くなる傾向だったので、カワセミ撮影に参戦した。D800Eに80-400mmズームの手持ち撮影、止まりものも含めもう一つだった。  

12050412

水際でかろうじて見られる画像  

12050413

露出設定ミスの舞い上がり  

12050414

日影の水浴び後の仕草  

12050415

今日、カワセミ撮影ホームのがっかりする話を聞いた。真実は分からないが、最近巣に近づき過ぎた者がおり、カワセミが巣を放棄し移動したという噂話である。ガキか通行人かカワセミカメラマンか知らないが、天下の公共場所、人に迷惑がかかる度が過ぎる行為で無ければ何をしようが何も言わないが、もしカワセミカメラマンの仕業なら、とんだ”大うつけ”としか言いようが無い。カワセミが減っているフィールドで、待ち望むことは雛の誕生、一時の興味でそれを妨げる行為は、自分で自分の首を絞めるに等しい。カワセミに限らず野鳥撮影のカメラマンで、鳥が巣を放棄するほど近づきすぎる行動を取るカメラマンは少ない(???)と思うので、単なる噂話と思いたいが如何に? 数週間後に雛を連れて餌場に出てくることを期待し、近づかなかったが絶望的な状況なのかな。カワセミの世代交代が無ければ、我がカワセミ撮影地の将来は絶望的とは言いすぎか。

移動:地下鉄、京阪、叡電、タクシー  天気:曇り一時小雨後時々晴れ  D800E:360枚
撮影経費:3510円

|

« D800Eによる高感度撮影 | トップページ | 気合を入れてカワセミ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D800Eによる高感度撮影 | トップページ | 気合を入れてカワセミ »