« カワセミ撮影どん底 | トップページ | カワセミ撮影 気合を入れてどん底から飛び出す »

2012年5月14日 (月)

D800Eでのカワセミ撮影

 風景と鳥止まりもの専用と思い購入したD800E、カワセミでも使用しているが水際でのフォーカスがD4に比べ少し不安がある。AF-Cで撮影しているが、優先をフォーカスにするとシャッターが切れないことがあり、レリーズ/フォーカスにしている。、そのためかピンボケ画像が多い。D4はフォーカス優先にしているが、ほとんどシャッターが切れる。ただし、下手ゆえにピンズレが多い。失敗ということでは同じかも知れないが、カメラとしてのトータルのシステムが違うのかな?
画像の綺麗さはどちらも同じようなものと思うが、3600万画素のトリミングの許容範囲には驚く。

鳥撮影では少しでも画像の容量を減らすため撮影範囲を1.2×(非圧縮RAW)にしているので秒間5枚の連写、フルでの秒間4枚に比べたった1枚の違いだが、連写の遅さに対するイライラ感はマシになった。画像の容量をさらに減らすため、1.5×にしたいがカワセミが外れることが多いので使用していない。

80-400mmズームでの手持ち撮影でも最近はD800Eを使用している。D7000に比べ高感度で撮影出来るため、シャッター速度が速く出来る。ただ、少しの違いだが多少重く、長時間首にぶら下げていると肩の凝りが違う。
ViewNX2で見ると多少ぼやけたような画像に見えるが、CaptureNX2で修正するとPCのモニターで見る限りでは問題無い。プリント画像は、最近プリントアウトしないので分からない。推奨レンズが掲載されていたが、記載されていたレンズでなくても、これまでのカメラより綺麗に撮れているので買って正解だった。
モアレが多少出る場合があるということに関しては、撮影対象が問題ないのか、気付いていないだけなのか、今のところ”何のこと”といった状況。

D800Eは非常に優れたカメラと思うが、カワセミ撮影ではD4に軍配が上がる。手持ちでなければ、使いやすさを考えるとかなりの差がある。ということで、今日はD4で”いざ出陣”、カワセミの出はどうやろか?

|

« カワセミ撮影どん底 | トップページ | カワセミ撮影 気合を入れてどん底から飛び出す »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ撮影どん底 | トップページ | カワセミ撮影 気合を入れてどん底から飛び出す »