« 温室のスイレン 草津水生植物公園 | トップページ | 曼殊院のツツジ他、昼からカワセミ »

2012年5月 4日 (金)

D800Eによる高感度撮影

朝から曇り空で、撮影に出るかどうか様子見中。

昨日、草津水生植物公園みずの森の薄暗い室内で撮影した、D800Eの高感度画像です。
レンズは105mmf2.8マクロ、モデルはハスの母神像、ロスレス圧縮RAW・14bit、ノイズ低減はNORM。
非圧縮RAWにするとファイルは72Mbぐらいになり、PCの動きが遅くなるので、FXではロスレス圧縮RAW、鳥撮影でDXにする時は非圧縮RAWで使用することにした。

ISO1600  f4、SS1/250

1205041600

ISO12800(6400に対し1段増感)  f4、SS1/1600 

12050412800

ホワイトバランスを少し修正、ブログ掲載のためサイズと容量を小さくしているが、他は補正無し。

趣味での使用範疇(PCで画像を見て、撮れた撮れた・・で喜び、何枚かをブログ及びHPに使用、たまにプリントして部屋に掲示する)、ISO12800でも満足出来る。Nikon一眼デジカメはD100から使用しているが、技術の進歩には驚く。この先10年、20年と使えず買い替えが必要となるが、将来的には、これ以上の性能アップよりコストの大幅低減を望むが・・・
ただ、液晶モニターの改善出来ないものかとは思う。日中の明るい場所で見ると明暗と色具合の判断が出来ない。
以前にD700でモニターを信じて露出補正を行いことごとく失敗したことがあり、以後モニターは見ることは見るが、野鳥撮影時に拡大してピントが合っているかどうか以外は信用していない。

|

« 温室のスイレン 草津水生植物公園 | トップページ | 曼殊院のツツジ他、昼からカワセミ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 温室のスイレン 草津水生植物公園 | トップページ | 曼殊院のツツジ他、昼からカワセミ »