« V1に専用望遠ズームレンズ30-110mm試し撮り ・・・・? | トップページ | ツバメ »

2012年7月 5日 (木)

野鳥撮影機材

 元々風景撮影がメインだったが、いつのまにか野鳥撮影がメインになり、今では日々の撮影は完全にカワセミがメインになっている。平凡な観光写真しか撮らないために、風景撮影に飽きて野鳥撮影に変り、近場にカワセミが居ることを知ったためにカワセミ中心の撮影になってしまった。カワセミも止まりものの撮影だけだったら直ぐに飽きていただろうか、動きのあるところを撮影しているため飽きることは無く、カメラ、レンズへの投資もかなりの金額になってしまった。
経験上言えることは、野鳥撮影ほど機材が物言う撮影は無いであろう。AFの早さ、高感度、画素数(トリミングへの対応)・・・・、技量がある程度あれば、後は機材まかせであるレベルの写真が撮れる。特に動きのあるところは、構図がどうこうのセンスはどうでも良く、ピントが合うかどうかがだけで、後はソフト修正で対応する。
投資に対し元が取れているかということになれば、画像を見る限りは明らかに元が取れていない。しかし、多種の機材で撮影を色々楽しんでいる、ということで十分満足している。

鳥撮影に使用している機材です。

●500mmf4にD4(D800E、V1)
あまり動かず待ちで、気合を入れてカワセミを撮影する時に使用する。
カワセミ以外では連写性能があまり入らないので、今後、高画素でトリミングに有利なD800Eを使用するつもり。画像はD800Eの方が良いように思うが、カワセミで使用すると連写性能が半分になり、決定的瞬間が抜けていることがあり、また連写の遅さににイライラする。
テレコンは1.4倍までとしているが、ヤマセミ、オオワシでは1.7倍に2倍を使うつもり。
V1を使用したことがあるが、重量バランスが悪く扱いにくい

12070501

●328mmf2.8にD800E(D7000、V1)
三脚使用で歩く時には、少しでも機材を軽くするため、328mm+テレコンとD800で撮影する。これまではD7000を使用していたが、これからはD800Eの使用機会が増える。テレコンは1.4倍と1.7倍が中心、鳥が遠い場合は2倍も使用する。
かっては完全手持ち撮影を試みたが、持ちっぱなしが重くて諦め、今はたまに一脚を使用しての撮影に留めている。

12070502

V1にテレコン無しで、810mmf2.8の撮影も良い。  

12070503

●80-400mmf5.6とD7000(D800E)
歩いて野鳥を探し手持ち撮影する時の機材で、使用頻度はかなり高い。天気の悪い日や森の中の暗い条件では、これからはD800Eを使用する。三脚の取付座は外しているので、三脚や一脚を使用することは無い。
このレンズ、動きのあるカワセミやヤマセミでも手持ち撮影出来るが、フォーカスの早さにバラツキがあり失敗することが多い。リニューアルされれば買い換えるつもりだが、重量が2kg近くになれば見送る。  

12070504

●70-200mmf2.8とV1(D7000、D800E)
V1との組み合わせで540mmf2.8、1.4倍テレコン装着で756mmf4.0の撮影を、ごくたまに行っている。首にぶら下げるとV1のマウント部分が強度不足で、ブラックラピッドのストラップRS-7をネットで探し、レンズに取り付けて使用している。V1はミラーショックが無いので、1/80ぐらいでも手持ち望遠撮影が可能で、特に暗い場所での撮影には良い。知らぬ間にズームリングを回すことがあるので注意している(ヤマセミ撮影で大失敗)。
もともと、風景、花用に購入したレンズ、フォーカスが安定しているので2倍テレコンとD7000でカワセミ手持ち撮影に使用したこともあるが、重いのと長くなり過ぎるので止めた。風景撮影時に、テレコン装着でD800Eを付けて鳥撮影することは今後も考えている。  

12070505

●28-300mmとV1
ぶらっと歩く時、たまにこの組合せで鳥撮影を行うことがある。カワセミ動狙いで810mm撮影を行ったが、フォーカスが遅く今は止めている。

|

« V1に専用望遠ズームレンズ30-110mm試し撮り ・・・・? | トップページ | ツバメ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V1に専用望遠ズームレンズ30-110mm試し撮り ・・・・? | トップページ | ツバメ »