« 秋の上高地Ⅱ  V1での撮影編 | トップページ | カワセミ不調でオシドリ »

2012年10月24日 (水)

地元でカワセミを探す

 朝8時過ぎ出発で川に行ったが出遅れた。下流でカワセミカメラマンに出会ったが、♂カワセミが餌を捕り水浴び後、飛んで行ったとのことだった。かなり下流で見つけたが、水浴び後更に下流に飛び去り見失った。

12102401

追いかけて下流へ行きウロウロしていると、寺近くで♀のカワセミ発見、おそらく寺のカワセミと思う。

12102402

何度か飛び込んだが陣取った場所が悪く移動、少し離れた橋の上から何とか撮れた。しかし、ピントがそれなりだったのはこの1枚のみ、あとはボケボケ。

12102403

近い場所での飛び込み

12102404

この後橋の下を通過したが、水面にピントを捕られ、またしてもボケボケ。

12102405

アンシャープマスクを、かけまくり

12102406

土手の木に入ったとのことで、しばらく様子を見ていたが、♂を探すため上流に戻った。途中にイソヒヨ♀が居た。

12102407

日当たりがよく、ISOを大きくしていたのでSSがかなり速くなる。

12102408

この後、しばらく川を探索したが見つからず、一旦家に戻った。

昼食後、1時に再び家を出た。

カワセミは、なかなか見つからず、モズ♀が木の天辺上で鳴いていたので撮る。

12102409

しばらくしてカワセミ♂登場

12102410

順光の中、対岸の土手から弧を描いて飛び込む最高の条件、水際からこちら側の石に止るまで全てを捉えたが、呼吸が合わず水際は完全なピンボケ、その後もピンボケの連続。唯一アンシャープマスクかけまくりで、見られるところまで修正できた画像。

12102411

かなり大きな魚、頭を咥えていた。

12102412

目を離した瞬間に、少し上流の石に飛び近くでホバ後再び着水。餌を落として捕りに行ったと思ったが、画像を見るとバランスを崩し餌を咥えてままホバをし着水していた。残念ながら餌を咥えてのホバは、ボケボケだった。

12102413

石に上る

12102414

魚は咥えたまま

12102415

今度は着地成功

12102416

どの時点で咥え直したのか知らないが、尻尾を咥えていた。

12102417

食べた後、水浴び一回で上流に飛び休憩

12102418

1時間は動かないと思い支流の様子を見に行ったが、橋の下で久しぶりに見つけた。

12102419

♀で色がまだ黒く幼鳥、どこのカワセミの子なのか? 一発水に飛び込み下流に飛んだので、追いかけたが見つからなかった。

12102420

♂カワセミが休憩に入った場所に戻ったが、散歩していた人に”少し前にカワセミが石の上に居たが、どこかに飛んで行った”と聞き帰ることに。

カワセミの止まり木に、モズ♂が居た。

12102421

上流に飛んだことを期待し、帰り道で探したが見つからなかった。
我が撮影地、カワセミが居ることは居るが、短時間勝負の単発でまだまだ不調、やはり良いのは冬場かな?

V2が発表された。FT1+1眼レンズ使用でAF-Cが使え、シャッターを押してから撮影までのタイムラグが短くなっていれば欲しい。バッテリーEN-EL15は使えないのじゃな?

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影 215枚(他の鳥をかなり撮影した)
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円・・・これが地元の良いところ

|

« 秋の上高地Ⅱ  V1での撮影編 | トップページ | カワセミ不調でオシドリ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の上高地Ⅱ  V1での撮影編 | トップページ | カワセミ不調でオシドリ »