« 祇園白川 | トップページ | 2羽か3羽か? »

2012年11月 5日 (月)

縄張り争いのシーズンかな?

 今日は、V1片手に名所をブラブラと思っていたが、天気予報では昼から下り坂だったので、朝の内の撮影だけと思いカワセミに行った。10時半頃で撮影を終え帰宅したが、昼からも天気が持ちそうだったので、1時過ぎに再び撮影に出た。

朝の撮影

下流に歩いていくと、♀が休憩していた。

12110501

 

上流からか下流からか知らないが、♂がやってきた。

12110502

 

♂は一旦土手に上ったが、♀の存在に気づいていたようで落ち着きが無く、♀が少し上流の石に止ると、直ぐに近寄り周囲を回る。

12110503

 

直ぐ近くの石に止る。

12110504

 

バトル勃発かと思ったが、牽制のみで♀は飛び去った。

12110505

 

♂の餌捕り開始かと思ったが、今日の♂は落ち着きが無く、転々と移動しよった。

12110506

 

上流に飛んだり、下流に飛んだりの繰り返しで、追うのに疲れた。

12110507

 

途中で長い糞をする。身軽になって行くかと思えばいかず。いいところで♀が再び現れたり、キセキレイに追われたりで、餌捕り撮影のチャンスが訪れない。

12110508

 

移動の最中にゴミの上に止る。川には、様々なゴミが落ちているが、平気で捨てる輩の気が知れん。

12110509

 

土手の上に止ると餌捕りを期待するが、期待通りには行かず。

12110510

 

川中の石に止ると、直ぐ近くに飛び込んで小さな魚を捕る。こちらは水面狙いで、飛ぶのを見てからカメラを向けるので間に合わず。

12110511

 

今日も出合い辺りでウロチョロ

12110512

 

飛びものを撮るには撮れたが、バックがもう一つ

12110513

 

小魚を咥えて止る。

12110514

 

どんどん下流に飛ぶ

12110515

 

下流から上流に戻り土手からのダイブ、今日一度きりの絶好の撮影チャンスだった。大きな魚を咥えていたがピンボケ。

12110516

 

直ぐに落としよった。

12110517

 

この後2度、土手から飛び込んだが、一度は岸に近すぎコンクリが邪魔になって見えず、次は遠すぎた。

水浴び

12110518

 

遠くてブレていたが、アンシャープマスクで強引に補正。

12110519

 

コンクリに止った後、飛び去ったので帰宅した。

12110520

 

昼からの撮影:撮影条件が悪く、パッとした色が出ていなかったのでビビットに変換し、アンシャープマスクをこれでもかというぐらいかけています。

上流では見かけず下流に行ったところ、下流から♀が飛んできた。

12110521

 

反対方向からも♀登場で、牽制のし合いが始まる。

12110522

 

この牽制合戦は長かった。おかげで、水際を撮るチャンスが減ったのが残念。バトルをしてくれば、それはそれで撮影チャンスだったが、単に追いかけ合いだけでは、面白味が無い。

12110523

 

口を開けて飛ぶ。

12110524

 

下流から来たカワセミだろうか? どちらがどちらか、実際のところはよく分からない。

12110525

 

羽を広げて応戦体制。

12110526

 

挑みかかるが、噛み合いは無し。

12110527

 

若♀

12110528

 

親♀、朝に上流で♂に追いかけられていた♀か、それとも別個体かな?

12110529

 

若♂かな?

12110530

 

木の茂みの中でも威嚇し合っていた。

12110531

 

若♀ どっちかな?

12110532

 

親♀のような気がする。

12110533


この地は、どちらの縄張りかよく知らないので、状況を把握出来ずに撮影した。

帰る途中、再び綺麗な♂が♀を上流に向かって追いかけるのを見たが、今日撮影したのは3羽だったのか、それとも4羽だったのか分からなかったが、退屈はしなかった。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  522枚
移動:歩き  天気:曇り時々日差しあり
撮影経費:0円

|

« 祇園白川 | トップページ | 2羽か3羽か? »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祇園白川 | トップページ | 2羽か3羽か? »