« カワセミ 出てきたものの動きは悪かった | トップページ | 山科で紅葉撮影の合間にカワセミを撮影する »

2012年11月13日 (火)

2012年名所の紅葉Ⅰ 京都府立植物園

 昨日のカワセミ待ちの合間の撮影、色付きが急に進んできたように思う。

V1に20-30mmでの撮影、ピクチャーコントロールはビビット

121112101

 

イチョウかポプラか知らないが、黄葉が見事だったが、日差しが無い時間帯だったのが残念。

121112102_2

 

主題は黄葉の下のベンチ

121112103

 

東池の紅葉、このモミジにカワセミが止ってくれればと思うが、今のメスは止まる事が少ない。数ヶ月前に姿を消した♂はよく止った。

121112104

 

池の周りでは一番色付いている場所

121112105

 

青葉が残る、もう少しで見頃。

121112106

 

木の茂みの中、日当たりが悪く色付きはもう一つ

121112107

 

木の茂みを通して紅葉を撮影。

121112108

 

色付きの良いところを下から撮影

121112109

 

D4にゴーヨン、カワセミ撮影モードの超望遠撮影

121112110

 

fを8ぐらいにした方が良かったのかも知れないが、カワセミ撮影の最中に設定を変えるとそのままカワセミを撮影して失敗することが何度もあった。

121112111

 

こんなものか?

121112112

 

カワセミが止った木、水際狙いを捨てて正面より横から撮影した方が良かったかも知れない。

121112113

 

今日から本格的に紅葉撮影スタート、D4に24-70mm、70-200mmを考えているが、D800Eに28-300mmも良い。京都新聞電子版の紅葉情報によると、高雄の神護寺あたりが見頃の用であるが、まずは山科からスタートする。
カワセミも行く。

|

« カワセミ 出てきたものの動きは悪かった | トップページ | 山科で紅葉撮影の合間にカワセミを撮影する »

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ 出てきたものの動きは悪かった | トップページ | 山科で紅葉撮影の合間にカワセミを撮影する »