« オオワシ撮影ヒストリー | トップページ | オオワシ2012-13 Ⅵ 野鳥センター前にて »

2012年12月20日 (木)

カワセミ AMはまったくダメ、PMはまあまあ

 湖北へ行く予定だったが、天気予報を見て中止しカワセミ撮影に出た。今日も朝は歩いて30分の下流におり、9時半頃に到着した時は餌捕りが終わっていた。かろうじて魚を咥えて止まり木に止まっているところを撮影出来たが、3匹目とかで直ぐに長い休憩に入りよった。2時間後にようやく動き出したが、直ぐ近くで2回ほど小さな魚を捕り、また1時間の休憩に入る。1時前に上流に飛び、今日の撮影はそこからがスタート、2時半頃に再び下流に飛んだので、撮影を終了させ引き上げた。

少し大きな魚を咥えて止るカワセミ、鳴き声で気付いた。

12122001

天気は快晴、撮影条件は申し分なかったが、直ぐに休憩に入りガックリ、出遅れた

12122002

 

1時間で動くかと思ったが、その前に2匹捕ったとのこてで2時間動かなかった。
最近、家を出るのが遅くなっているが、以前のように遅くとも8時前には家を出る必要がありそうだ。
               
ようやく動き出したが、石の上から近い場所に飛び込み、捕る魚も小さい。

12122003

 

その後上流に飛んだと思ったら、一気に支流との合流点まで飛ぶ。しかし、中学生が川原に下りていたため更に上流へ。
                 
蕎麦屋前で石に止り、小さな魚を捕る。この辺りで土手に止ってくれればと思っていると更に上流へ飛びよった。

12122004

 

止った場所は、先の冬に魚が捕れず20連発ぐらいのダイビングを行った、絶好の橋の上からの撮影ポイント。
ところがなかなか飛び込まず、飛び込んだのは20分程してから。

12122005

この場所は深く、潜るので水際にピントを合わせやすい。今日は水の中のカワセミが久しぶりに撮れた。

12122006   

しかし、連写能力が低いD800Eでは、次は水から飛び出していた。

12122007   

少し下流に飛び、橋を超えた。

12122008

 

ここも餌捕りの撮影ポイントとしては良い。

12122009    

水からの飛び出しは、残念ながら背後からの撮影。

12122010    

一旦上流に飛び石に止ったが、直ぐに下流に飛んだので追いかけた。
一気によく飛ぶカワセミで、追いかけるのが大変。今でも、ごくたまに定点でホバを連発することがあるようだが、お目にかかっていない。

12122011

 

支流との合流点まで、一気に飛びよった。カワセミの横に小ガエルを背に乗せた大きなウシガエルが・・・・。

12122012

 

カエルの上に止りよった。

12122013   

餌捕りダイブ

12122014

飛び込んだ瞬間は撮れたが、カメラを振りすぎ後は撮れず。

12122015

 

土手に移動してからの餌捕り、横への飛び出しが良かった。

12122016

ピントがそこそこ見れる程度に続いた。

12122017

この間にもう一枚ある。

12122018

川中の杭に止る。

12122019

 

餌捕りが終了したようで水浴び、2度普通の水浴びを行った後、面倒だったのか連続で水面を叩くような水浴びを披露、ごくたまに見る。

12122021

画像を見ると、水に潜っているようである。

12122022

飛び出しも鋭角、この後方向を下流に変え、2度程水を浴びてから下流に飛んで行った。

12122023

 

行ってから晴天の間は休憩し、天気が曇り空になってから動き出したのが残念だった。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影、292枚
移動:歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円

|

« オオワシ撮影ヒストリー | トップページ | オオワシ2012-13 Ⅵ 野鳥センター前にて »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

どの写真もジャスピンで素晴らしいですね。
FXで撮影されているのでしょうか、それともDXに切り替えて撮影されているのでしょうか?
NikonはDXのD300sしか使ったことがないのですが、フルサイズのD800EやD600にとても興味があります。

投稿: kingfisher | 2012年12月21日 (金) 15時28分

D800Eでは×1.2にしていますが、ファインダー内は
枠が表示されるだけで変わらず、FXで撮影してトリ
ミングしているようなものです。
ただ、連写が0.5枚ほど多くなるのと、画像の容量
が少なくなり撮影枚数が増やせます。

投稿: 管理人 | 2012年12月21日 (金) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ撮影ヒストリー | トップページ | オオワシ2012-13 Ⅵ 野鳥センター前にて »