« カワセミ 肝心な時にトラブル発生 | トップページ | 湖岸でオオワシ待ちぼうけ 湖北 »

2012年12月12日 (水)

カワセミ 休憩時間が長かったが・・・

 今日のカワセミ、少ない餌捕り回数で大きな魚を捕り、都度1時間少々休憩したので、出と動きは良くなかったが、撮影の完全な失敗が少なく上出来だった。今日も朝一番は下流、それも南限としている橋から更に下流に居た。数人のカメラマンが狙っていたので分かったが、誰も居なければ引き換えしただろう。カワセミを見るまでの歩きが30分少々では、行くのに疲れる。

このカワセミ、どの場所でも土手から弧を描いて飛び込むことが多く、手持ちでも水際を撮影しやすい。

12121201

 

撮影一発目の飛び込みは魚無し、ピントが合ったと思ったが少しボケた。

12121202

土手に戻る。

12121203

朝の順光のカワセミは、グリーン色が強くなる。これも綺麗だが、色はブルーが良い。

12121204

土手に止る瞬間、いつもピントが甘い。

12121205

 

次の飛び込みで大きな魚を捕ったが、土手の直ぐ下に飛び込まれて水際見えず。これで1時間の休憩。

12121206

 

別のカワセミを探しに上流へ行くと、橋を三つ越した所に居た。残念ながら、こちらも餌捕り一発で成功、で直ぐに休憩に入った。

12121207

 

待っていても時間の無駄、上流をブラブラ歩き40分少々時間を潰してから、再び下流に向かったが、勢いよく飛んできて上流に飛び去ったので追いかけたところ、以前の休憩場所の橋の下に止っていた。しばらく休憩してから、上流に飛んで行ったので再び追いかけた。

中流域の堰堤の角で発見。

12121208

餌捕りダイビング

12121209

捕った魚は大きかった。手持ち撮影では会心の1枚

12121210

水際、飛び出し、飛行までの一連が撮れ、ホッと一安心。

12121211

対岸に飛んで行きよった。

12121212

 

食べた後は水浴びを行い休憩に入る。一旦家に帰ろうと思ったが、下流にもう一羽のカワセミが出ているとの情報があり、帰るのは止め行ったが見つからず。この後、出てきたと思ったら別のカワセミも登場で追いかけ合いがあったが、収まってから下流で再び休憩に入り、ここからの待ち時間が長かった。

下流で待ったが、出てきたと思ったら転々と移動し上流に飛ぶ。こちらとしては好都合で追いかけた。
一番撮影しやすい土手に居たが、2度飛びこんで少し上流へ移動。

12121213

餌捕りダイビング、水際捉えられず、餌は咥えていなかった。

12121214

下流に飛ぶ

12121215

連写で奇妙な飛行を捉えていた。こんなシーンを捉えたのは初めて、ボケ画像が残念。

12121216

 

対岸に行き餌捕り一発、小さな魚を捕り食べた後水浴びを10回ぐらいした。魚が小さかったので、もう一度飛び込むと期待していると、上流に飛んで行ったので追いかけた。

定番の止まり木に止り

12121217

餌捕り一発

12121218

捕った魚は大きかった。

12121219

川中の石に向かう。
小さな魚なら元の場所に戻ることが多いが、大きければ横に飛んで川中の石に止ることが多い。

12121220_2

最近にしては大物。

12121221

何度も石に叩きつけ、骨を砕いて一気に飲み込む。

12121222

 

これで2時間は動かないだろうと思い、撮影を終了し帰路に着いた。
      
餌捕りの主戦場を、少し上流に戻し始めたのか・・・ならば歩く距離が減り嬉しいが。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影、342枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« カワセミ 肝心な時にトラブル発生 | トップページ | 湖岸でオオワシ待ちぼうけ 湖北 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ 肝心な時にトラブル発生 | トップページ | 湖岸でオオワシ待ちぼうけ 湖北 »