« 昨日撮影した湖北の水鳥 | トップページ | カワセミ AMはまったくダメ、PMはまあまあ »

2012年12月19日 (水)

オオワシ撮影ヒストリー

 昨日は釣り仲間の忘年会を、ホテルグランビアのレストランで行った。食べ放題のバイキングに飲み放題プラス、60歳以上の割引付きで5千円だったが、食べ過ぎと飲みすぎ(量は少ないが弱くなった)により、今日は体調不良で撮影休み。毎年、この時期に力を入れているオオワシ撮影のこれまでを掲載します。

湖北のオオワシを知ったのは07年頃、釣り仲間から羽を広げると畳より大きいと聞き興味を持ったが、冬鳥とは知らず初めて探しに行ったのは、杉の木から花粉が湯気のように舞い上がる時期だった。その後、野鳥センターのブログを知り、情報を得ての初撮影は08年1月6日だった。以後11月の後半から翌年の1月初めまでの5,6回と2月の後半に1回、必ず撮影に行っている。画像は、初撮影から今年2月までの撮影から抜粋。

 

●08年1月6日の初撮影
D300に300mmf2.8+2倍テレコンで撮影、止っていた場所が比較的低く、それなりに撮れて感激し大満足だった。木から木へ移動したが、餌捕りの飛び出しは無かった。

121218080106

 

●08年1月14日
止りものが撮れれば次は飛びもの、当時既にカワセミ、ヤマセミの飛びものを撮っていたので、自信を持って撮影に挑んだが、被写体が大きいとはいえ撮影距離が遠い。晴天だったが2倍テレコン(TC-20EⅡ)使用もあり鮮明な画像が得られず、数日後に500mmf4を予約した。600mmf4か悩んだが、ぎっくり腰と10年もすると持ち歩きが大変を考え決めたが、約1kgの差600mmにした方が良かったかも知れない。

121218080114

 

●08年1月19日
当時使っていたデジスコでも挑戦、T端側での拡大画像を期待したが、距離が遠くて鮮明な画像が得られず使ったのは一度だけ。最近のコンデジなら、綺麗に撮影出来るのかもしれない。

121218080119

 

●08年2月23日
このシーズン・ラストで行ったが、オオワシは枯れた木の天辺に止り、風に揺られながら北の空を見ていた。30分ほどで北に向かって飛び立ち、高く上って雲の中に消えたので帰ったと思った。その日の野鳥センターのHPを見ると、風が強く引き返してきたとのことで、北帰は数日後だった。
500mf4入手は、4月に入ってからで初撮影はカワセミ。

121218080223

 

    
●08年12月6日
500mmf4+1.4倍での初撮影、飛び出しは見逃し、シャッターを押したのは飛行姿勢に入ってから。山の中腹を見上げていると首の調子がおかしくなるので、長時間見続けられない。目を離している時に飛び出し、周囲のシャッター音で気づき慌ててカメラを向けることが多い。

1212180812061

飛び出して直ぐにカラス数羽に追われ、山の前を旋回したのみ。もともと、餌捕りで飛び出したのでは無かったかも知れない。

1212180812062

 

●08年12月7日
初めて飛び出し撮影に成功する。

1212180812071

見られる画像は5枚ほど続いたが、以降はボケボケ

1212180812072

魚を掴んで帰ってきたところも初撮影、山が背景になるとピントが合い難いのは、今も変わらず。

1212180812073

この日二度目の飛び出しは正面、山の前での旋回のみだった。画像がもう一つピリッとせず、これ以後正面への飛び出しを綺麗に撮ろうと狙っている。正面に飛び出し、横から帰ってくれば理想的。

1212180812074

 

●08年12月13日
この日も飛び出しを見逃し、飛行姿勢に入ってからの撮影となった。山の前の旋回のみだったが、比較的低い位置を飛び、青空背景でピントの合った画像が多かった。
D3と500mmf4+1.7倍テレコンでの撮影

121218081213

 

●08年12月29日
この日は2度餌捕りに飛んだ。一度目は魚を捕り、二度目は空振り、二度目の魚無しの画像。

12121808122901

一度目の餌捕りで帰って来た時は、低い場所に止ったので手持ち撮影も試した。レンズは80-400mmf5.6、低いところに止れば手持ち撮影でも十分。飛行も同様で近くの低い位置を飛んでくれれば、手持ちで十分撮れると思うが機会が少ない。    

12121808122902

          

●09年11月23日
飛び出し直後の万歳ポーズ、真正面への飛び出しでは無かったので、体が少し傾いているのが不満。

12121809112302

そのまま、漁港北に向かって飛ぶ。

12121809112303

 

●09年11月26日
オオバンを捕って帰って来た。鳥を掴んでの飛行は、首がぶら下がるのでもう一つ。ましてや羽をむしって食べる姿は・・・・、しかし、面白いポーズがあれば獲物の鳥をソフトで消せば済むので撮影はしている。獲物は、魚が良い。

12121809112601

オオワシが獲物を掴んで帰ってくると、カラス以外にもトビが横取りしようと追いかける。この日はしつこく追いかけられ長い間飛んでいたので、撮影枚数が多かった。ただ、高かったので、良い画像は無し。

12121809112602

 

●09年12月6日
この日は山の南の方の低い斜面の木に止った。近くまで行き、今シーズンも含め今までで一番近い距離からの撮影だったが、木の枝が邪魔した。

121218091206

 

●10年11月7日
飛行は青空の空抜けが、ピントは合いやすい。

12121810112701

 

●10年12月19日
カワセミも同様だが、飛行は背後からならピントがついていくが、前からの撮影は直ぐに外れる。

12121810121901

木に止まる体勢、獲物を片足で掴み、もう一方は木の枝を掴む準備。

12121810121902

 

●10年2月19日
オオワシがカモに追われ山に帰るシーン。カモは数羽しか写っていないが、数十羽の群れだった。陸の上を飛ぶと、カモは追いかけるのを止めた。漁港からの撮影で、センター前から海面近くを北に移動し、漁港を過ぎてから山に向かい上昇したようで気づくのが遅れた。

12121811021901

 

●11年12月29日
オオワシ撮影の中でベストの画像。比較的低い位置を飛び戻ってきたところだが、居た場所が良かった。オオワシ撮影は運次第、腕が良くても遠い距離では綺麗に撮れない。腕がまあまあでも条件が良ければ撮れるの例。

12121811122901

魚を持って帰って来た後低い場所に止ったので、V1でどれだけアップ画像が撮れるか近くまで行って試した。V1に500mmf4+1.4倍テレコンでのノートリ画像。

12121811122902

 

●12年2月25日
センター前沖のポールに止っているところ、たまに止るようだが見たのは一度のみ。センター前での餌捕りが、この近くなら遠すぎて歯が立たない。どの辺りで捕るのか、一度見極めたいが機会が無い。

121218120225_2

|

« 昨日撮影した湖北の水鳥 | トップページ | カワセミ AMはまったくダメ、PMはまあまあ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

初めまして
 今季もオオワシが湖北に飛来してきてくれて
 良かったですね。
 

投稿: 福郎 | 2012年12月20日 (木) 12時04分

楽しく拝見しました。
大鷲撮影は運次第という言葉に励まされました。
忍耐のいる撮影ですが頑張ります!

投稿: kingfisher | 2012年12月20日 (木) 13時41分

福朗さん 始めまして
ブログへの訪問、コメントありがとうございます。
ブログ拝見しましたが、野鳥、風景、紅葉他、私と
同様の撮影対象で、今後楽しませて頂きます。
宜しくお願いします。

投稿: 管理人 | 2012年12月20日 (木) 16時43分

kingfisherさん
距離が遠い被写体は、撮影が難しいですね。
毎年何度も行き、1万枚以上撮影していると思いますが
満足した画像は数枚しか無く、これからも行きます。
頑張って下さい。

投稿: 管理人 | 2012年12月20日 (木) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日撮影した湖北の水鳥 | トップページ | カワセミ AMはまったくダメ、PMはまあまあ »