« 画像修正 | トップページ | カワセミ 肝心な時にトラブル発生 »

2012年12月10日 (月)

この時期の植物園の野鳥

 今日は雪で雪景色の撮影かなと思っていたが、大した降りでは無かったので植物園へルリビタキ狙いで行った。朝に所用があり、出発は10時半を過ぎてからとなったが、3時頃まで寒さに耐えながら鳥撮影を行った。

最初に撮影したのはジョウビタキ♂

12121001

ジョウビタキ♀も一緒に徘徊していた。

12121002

途中で別行動になっていたが、今年の鳥は例年より警戒心が強いようであまり近づけない。

12121003

 

ウグイス
珍しくよく見える近い所に現れた。

12121004

残念ながら逆光で綺麗に撮れず。

12121005

 

キクイタタダキ
エナガの群れに混じり飛び回っていたが、今シーズンはよく見る。

12121006

動きが速いのと枝かぶりで撮影に苦労した。今シーズンは何度も撮っているのでそれほど興味は湧かなかったが、頭の黄色が開いたところを一度撮ってみたい。

12121007

 

本命のルリビタキ
出没場所に何度か行って、ようやく撮れた。運悪く、場所を離れた時に出たのが二度ほどあったようである。

12121008

飛びものも撮れたが、もう一つかな。

12121009

毎年、苦労せずに近距離で撮れていたと思うが、今年はなかなか手ごわい。これから人に慣れ撮りやすくなるのか・・・・・、まだ撮影不十分でそうなって欲しい。

12121010

 

シロハラ
一人だったのでかなり近づいたが逃げなかった。いつもは直ぐに茂みに隠れるが、時々近づいても動かないことがある。近づきすぎると、当然直ぐに逃げる。

12121011

 

モズ
前から撮ろうと移動すると直ぐに飛んだ。山科川で何度も近距離で撮っているので追わなかった。

12121012

 

シジュウガラ
久しぶりの撮影

12121013

 

セグロセキレイ
大きいのが居ると聞いていたが、よく見るサイズより一回り大きいように思った。

12121014

 

メジロ
今日はあまり見かけなかった。

12121015

 

エナガ
何度か見かけたが、暗い場所が多く手こずる。

12121016

 

多少、雪もぱらついたので雪の中のカワセミホバを撮りたかったが、カワセミの姿は見ず。今日は、カメラマン、一般客共に少なかった。紅葉もかろうじて一部残っていたが、シーズンが終わり人も少なくなるのだろう。色々な種類の鳥が登場してくれたら良いのだが。

家に帰ってからショッキングな事に気づく。何とD800Eの底のコーナー近くの黒い塗装が数mm幅で筋になって剥がれていた。原因を調べると328用のリュックの内部上部にチャックがあり擦れていたのが判明、直ぐにチャックを取り除いた。性能には関係ないが、購入し8ヶ月でこの状態とは情けない。性能には関係無いので問題無いが・・・ア~ア。
シャッター数が3万回近くになり、D4の回数に近づいているが保障回数が違う。風景撮影用にと思い購入したが、野鳥撮影のメイン機種になっている。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影、237枚
移動:地下鉄、天気:曇り時々雪(後みぞれ)
撮影経費:600円

|

« 画像修正 | トップページ | カワセミ 肝心な時にトラブル発生 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 画像修正 | トップページ | カワセミ 肝心な時にトラブル発生 »