« 湖岸でオオワシ待ちぼうけ 湖北 | トップページ | ノスリ »

2012年12月14日 (金)

山科義士まつり 義士行列の一幕

 朝にちょっとだけ、山科義士まつりの義士行列を、出発地点の毘沙門堂周辺で見物した。山科には、松の廊下の一件で赤穂藩お取り潰しの後、大石内蔵助が移り住んだ岩屋寺や大石内蔵助を祀る大石神社など、義士に関わる史跡がいくつかあるそうだ。岩屋寺に大石神社は、ここ数年桜撮影に訪れているが、詳しくは知らない。山科義士まつりは今年で38回、山科に住んで30年になり、義士まつりがあるのは以前から知っていたが、見物したことが無く今回が始めてだった。

10時に毘沙門堂から行列がスタートとのことで、9時半過ぎに毘沙門堂に行ったが、内蔵助さんが出てきたので、あれ~?

12121401

 

10時に行列スタート、山門から行事役員が姿を見せる。

12121402

 

義士行列が登場、最前列は婦人列、よくは知らないが遥泉院、おかる、おりく・・・・かな

12121403

 

義士隊の登場
忠臣蔵の討ち入りといえば時代劇では雪の日、実際は前日が雪で当日は快晴だったそうだが、雪の中で見たかった。

12121404

 

門の前で記念撮影
前の脚立にのったカメラマン(まつりの報道関係者)の頭が邪魔、間際に行ってもいい場所が確保できない。

12121405

 

勅使門前の坂を下りる。別の道を急いで下り先回りした。

12121406

 

大石内蔵助の姿無し(先に出て行った)で・・・・?

12121407

 

毘沙門堂から住宅街の細い道に出る。

12121408

 

途中で大石内蔵助が合流し、四十七士が揃う。実際の討ち入りも途中で合流したのだろうか。

12121409

 

住宅街の狭い道を歩き、岩屋寺、最終地点の大石神社に向かう。

12121410

 

一旦自宅に戻り、自宅近くでも撮影したが、場所的によい写真が撮れずで撮影終了。

配られていたパンフレットによれば、まつりは途中で舞台が設けられ、パフォーマンス(寸劇)や踊りが披露されたようだが、所用があり見に行かなかった。
来年は、地元の行事を最後まで見てみよう。

撮影機材:V1、10-30mmf5.6、54枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円(地下鉄一日乗車券は日常経費)

|

« 湖岸でオオワシ待ちぼうけ 湖北 | トップページ | ノスリ »

祭・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湖岸でオオワシ待ちぼうけ 湖北 | トップページ | ノスリ »